スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛べ!大空へ:その3

Posted by モロズミ・ダン on 29.2013 グライダー 0 comments 0 trackback
朝晩も少し涼しくなり
季節の移り変わりを感じます。

秋の澄みきった高い空には
ヒラリと舞い上がる
グライダーがよく似合うんですよね。

昨年の今頃も連続で2回やりましたが
1年ぶりにグライダー特集:その3です。

2013_0929_174022-DSC01714.jpg
ミグ戦闘機   10円売  12付   まるひで

昭和40年代に売られていたものです。
素材が経木に紙を貼り付けたものから
スチロール製に切り替わりつつあった時期。

ひとつ組み立ててみました。

2013_0929_180638-DSC01730.jpg
ミグ戦闘機  (組済)

思いのほか
かっこいいフォルム。
スチロールに印刷した機体で
先端の赤い錘の部分はアルミ製。

吊り下げ台紙の隠れている部分の
イラスト上に置いてみました。

でもミグ戦闘機をモデルにするなんて
当時の冷戦時代の影響が駄玩具にも及んでいたのでしょうか。


続いては

2013_0929_174400-DSC01718.jpg
丸胴10エン グライダー   3ダース入  (メーカー不明)

グライダーのリアリティが欠けている部分
と言えば胴体。
真横から見る以外は
立体感がないので
図柄がどんなによくても
全体的にチープ感が漂っちゃうんです。

コスト、生産効率上
すべてのパーツを素材シートから刃型一発で抜くことが最良
であるため
胴体も含めすべて板状になることは避けられないところでした。

そんなちょっとむず痒いところを
コストをかけて解消したのがこの商品。

       2013_0929_174442-DSC01719.jpg
       丸胴10エン グライダー (箱の中)

「おおっこれ立体じゃん!」
と目を輝かしたガキどもの声が聞こえてきそうです。

胴体の部分は中空のソフビ製。
先端は錘の役目もしなければいけないので
プラでは軽すぎと考え木製の削り出しになっています。

中を確認しつつも
箱絵が何かに似ていて
気になっていましたが
わかりました。

2013_0929_175414-DSC01724.jpg
「週刊少年サンデー」 1964年9号 表紙 ㈱小学館 より
「大空のちかい」九里一平

当時人気連載中だった「大空のちかい」の
主人公、早房分隊長の雄姿が
少年サンデーの表紙にだったのですが
これをもとに
どうやらトレースして反転させたのでしょう許諾なしに。

ですから
丸胴グライダーも昭和40年前後に発売されたもの
と思われます。

これも組んでみました。

2013_0929_175156-DSC01723.jpg
丸胴10エン グライダー (組済)

胴体が立体になっただけで
プラモデルっぽく
本格的ないい感じになります。

2013_0929_174824-DSC01721.jpg
丸胴10エン グライダー (主翼)

主翼のデザインは5種。
素材は前時代的で
経木に印刷した紙を張り合わせたものを使用してます。

経木とは木を極薄にスライスして紙のようにしたもの
=昔、おにぎりやコロッケなどを包んだ包装材としても
よく使われていました。


続いては昭和20年代~30年前半位のもの

2013_0929_175537-DSC01725.jpg
グライダー当て 2円引  120付  ツバメクライダー

2円引きですのでだいぶ古いもので
台紙は劣化と言うより風化が始まってます。
撮影の位置合わせで触れるたびに
台紙の端がボロボロときます

2013_0929_180245-DSC01729.jpg
グライダー当て (一部拡大)

水出しと書かれた束から
一枚引き抜き
水にぬらすと1等やはずれの文字が浮き出てきます。

引き束の下の
ピンクとベージュの無地のグライダーが
はずれで全長7~8cmのミニタイプ。
これはこれでかわいいのですが残念でした賞です。

2013_0929_175629-DSC01726.jpg
グライダー当て (一部拡大)

1等~4等までは
なんと丸胴グライダーです。
こんな昔から丸胴タイプがあったなんて。
ボティは極薄のアルミ製で中空に。
先端は木製の削り出し
主翼は経木の張り合わせは先に同じ。

両翼の先にタンクまであしらって
よくできています。

2013_0929_175842-DSC01727.jpg
グライダー当て (一部拡大)

主翼のデザインも
きれいに画きこまれていて
かなりレベルが高いといえます。
(個人的には国宝級の評価)

駄菓子屋で売られる
簡易組み立てグライダーは
現在ではほとんどが中国製なのですが
唯一
国産でがんばっているのが
この老舗メーカーとも言えるツバメグライダー。

昨年
ツバメグライダーの社長と直接お話を伺う機会があったのですが
取引先の材料・部品メーカーがほとんど廃業してしまうので
年々製造が苦しい状況にあるとのこと。
それとは逆に注文は増えているので頭が痛い旨をお話されていました。


別のストックから
同じものを組んでみました。

2013_0929_235548-DSC01735.jpg
2013_0929_235639-DSC01736.jpg
グライダー当て 1等グライダー(組済-上面と裏面)

1等を組み立てるとこうなります。

60年以上経っているので
部材はヨレヨレに劣化しています。
でも印刷の発色がこのレベルで残っているのは奇跡的かも。

主翼を差し込む時は主翼の左右どちらかのタンクを
一旦外してから
胴体切り込みへ差し込みます。

機体先端のアンテナは竹ヒゴ製。

2013_0929_235419-DSC01733.jpg
グライダー当て 1等グライダー(組済-斜視)

どうですかこのフォルム!

このスラリとしたカッコイイやつを
秋のキリッと澄んだ青空に
思いっきり飛ばしてみたい!
と思うのは子供の時だけでなく
50を過ぎた今でも同じ感情が。

国産のグライダー
少ロット生産でもいいので
どうか絶やさないでもらいたいと。
そしてこのような過去の傑作も復刻してくれたらと
願うばかりです。
スポンサーサイト

飛べ!大空へ:その2

Posted by モロズミ・ダン on 30.2012 グライダー 0 comments 0 trackback
前回に引き続きグライダーですが
さらにさかのぼって昭和30年前後のものです。

2012_0930_221450-DSC00232_convert_20120930221734.jpg
ベビーグラヰダー      まるひで

14cm×12cmの小箱です。箱はボロボロで経年劣化が着実に進行中
クライダーのイの字が ヰ なので思った以上にもっと古いかな。

2012_1006_233138-DSC00233_convert_20121006234012.jpg
中にはミニサイズのグライダーがいっぱい

主翼幅5cmの小さな飛行機型です。
印刷した厚紙を飛行機の抜き型で抜いただけのものでペラペラ
飛ばし面子と言ってもいいかもしれません。
3枚で一組に輪ゴムで留められています。

ここで問題です。
このちっちゃなグライダーはどうやって飛ばしたのでしょうか?
(答えは一番最後に出てきます)

よく見ると箱の上にスタンプで
「はずれ」とあります。

では、当たりはというと・・・
ジャ~ンと存在感!
2012_0930_202549-DSC00213_convert_20120930211202.jpg
大当たりヒコーキ      まるひで

縦70cm弱の大きな台紙に
1等から3等が貼り付けられています。
1等は「初歩のグライダーキットF-3型」工作教材小学3-4年生用と表示。

2012_0930_202949-DSC00217_convert_20120930211306.jpg
水出し(くじ)

台紙の脇に奇跡的に残ってました。
この束から一枚引いて水につけると
「はずれ」や「1等」の文字が浮きでてくるはずです。
5円引き?
でも思ったより古ければ2円引きの時代もあったので
2円引きだったかも

2012_0930_202714-DSC00214_convert_20120930211245.jpg
3等の拡大

最初のはずれ箱の箱絵に
輪ゴムを引っかけるJ型の針金が描かれてましたが、
はずれのグライダーにはそんな仕掛けはありませんでした。
が、3等を見ると真ん中にJ型針金が輪ゴムで留められています。
箱絵は3等の説明だったんですね。


J型針金付のグライダーは単品でも売られていました。

2012_0930_205316-DSC00228_convert_20120930211700.jpg
ゴム飛ばしグライダー   メーカー不明

残念ながら箱の上蓋がなくて品名やメーカーがわかりません。
大当たりヒコーキと同じ時代のものかな?
最初、地味なデザインだなと思ったら二つ折りになっていて
広げると鮮やかな印刷面(グライダーの上面)が現れます。

付属の木軸付輪ゴムに針金の先端を引っかけて飛ばします。
長い年月で輪ゴムはもう硬くコチコチに

ゴム飛ばしのタイプをもう一つ・・・
これは飛ばし方まで詳しくわかります。

2012_0930_203610-DSC00221_convert_20120930211449.jpg
とてもよくとぶジェットとばし    メーカー不明

2012_0930_203845-DSC00222_convert_20120930211532.jpg
ジェットとばしの拡大

ピストル型の発射ベースとセットになっています。

2012_0930_203955-DSC00224_convert_20120930211550.jpg
ヒコーキのとばしかた

台紙に親切に飛ばし方が印刷されています。

最初に紹介した
はずれのベビーグラヰダーも
このジェットとばしとほぼ同じで厚紙の型抜き仕様
問題の答えは
主翼の後ろ側に輪ゴムを引っかけて飛ばすでした。




飛べ!大空へ

Posted by モロズミ・ダン on 24.2012 グライダー 0 comments 0 trackback
やっと朝晩がちょっぴり涼しくなってきて
待ち遠しかった次の季節の気配が・・・
澄みきった秋空、天高く見上げるその先の記憶には
ヒラリと飛んでるグライダーがありました。

2週前の文房具店特集の最後にもちょっとだけ紹介しましたが
グライダーは駄菓子屋でも定番商品として位置付けられていました。

駄菓子屋のグライダー2箱同時に・・・

2012_0930_205812-DSC00229_convert_20120930211726.jpg

ツバメジェット厚胴上製グライダー   ツバメ玩具
世界名機集グライダー7         山勝


2012_0923_190109-DSC00197_convert_20120923215401.jpg
グライダー7の箱の中身    6ダース入り

文房具店のグライダー(ライトプレーン)が
工作要素が高かったのに対し
こちらは主翼・胴体・尾翼のわずか3つのパーツを
差し込んで組み合わせるだけの簡単仕様。
買ってすぐに遊べました。

2012_0928_203621-DSC00210_convert_20120930211028.jpg
イラストの拡大

それにしても主翼のイラストが
クうぅ~ ←(カビラ調で言ってます)
泣けるぐらいとても良いっ!

機種の特徴が迫力あるタッチで画かれていて
有名メーカーのプラモデルの箱絵と同等レベル
といってもいいでしょう。たった5円売りなのに。

このシリーズは小学校低学年時(昭和40年~43年頃)に
よく買って遊んだ記憶がはっきりと・・・
その時もたしかイラストに魅せられて買ったのです。
(個人的には駄玩具ベスト3に入れたい!)

2012_0923_191832-DSC00198_convert_20120923215600.jpg
ツバメジェットの中身    6ダース入り

こちらもメーカーが違いますが仕様は同じ。
胴体が迷彩柄になってます。

組み立ててみた

2012_0923_193404-DSC00200_convert_20120923215654.jpg
各グライダーの組み立て

胴体に主翼と尾翼を差し込むだけなので
約10秒で完成!

基本的には手投げ式ですが
ゴムを引っかけても飛ばせるように胴体下に段差がついてます。

2012_0923_194121-DSC00202_convert_20120923215725.jpg
部分拡大

素材は厚紙だと思っていましたが
写真左下に写っているように極薄の木と貼り合わせ。
(経年劣化で糊が剥がれてきた)
紙+薄木+紙の3層構造になってます。

薄木は経木(きょうぎ)といったでしょうか。
昔、紙がまだ高かった時代
おにぎりやお団子、コロッケなど
食品などを包むのによく使われていたあれです。
昔の人なら説明不要でみんなご存じでしたねっ。
こんな見えないところでも活躍してました。

それぞれ胴体先に丸形の鉛?製の錘がついてます。
写真下にプラ製のキャップが付いたものが写ってますが
これはこの箱に入っていたのではなく別の場所からのもの。
おそらく後の時代は鉛からプラ製になったのでしょう。
参考として一緒に写しました。

続いては
この少し後の時代に主流になったタイプ

2012_0923_194642-DSC00203_convert_20120923215904.jpg
よく飛ぶグライダー    メーカー不明

箱の中は0戦型のグライダーと思いきや

2012_0923_194717-DSC00204_convert_20120923215924.jpg
黄金バット?型のグライダー

入手した時からこの状態でした。
昔の駄玩具は薄利多売で
コストを極力かけないように頑張ってました。
外箱の余剰在庫がある場合などは
別のものに流用なんてことはよくあったようで
これ以外にも箱違いのものよく見かけました。

2012_0923_194933-DSC00206_convert_20120923215942.jpg
よくとぶ0戦 プロペラ付     まるひで

別の時期に入手したものですが
本来こんな感じのグライダーが入っていたのでしょう。

黄金バットと0戦ともに素材はスチロール製。
スチロールは
紙+経木のような貼り合わせの手間などがなく
軽量で耐水、耐油性も高く
印刷発色もよく加工もしやすく
また業界的に大量生産が始まりコスト安の傾向で
など、いいことずくめ。
この時期以降主流となったようです。

現在でも「ソフトグライダー」などの名称で
量販店など商業施設の駄菓子コーナーなどで売られ
根強い人気は静かに続いているようです。


男の子諸君!今日のおまけの一枚

2012_0922_172209-DSC00194_convert_20120923215143.jpg
ウォーターライン    航空母艦 準鷹    ㈱タミヤ

戦艦、巡洋艦ときたので、今回は空母。
マリアナ沖海戦への出撃イメージで撮ってみました。
準鷹は、もともと豪華客船だったのを改造し
空母になった変わり種の艦船です。

ウォーターラインを3週に渡ってアップしましたが
このブログの主旨から少々ソレてしまうの気がするので
同シリーズは今回でひとまず終了します。
また納戸の奥にお蔵入っ。

時間があれば
今度は専門的(ちゃんと史実に基づいて)に紹介できる
別の機会(ブログ)を作りたいなとも思ってます。
(でも定年後になっちゃうかなぁ






 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。