スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球の危機がやってきた?

Posted by モロズミ・ダン on 28.2012 宇宙・SF 0 comments 0 trackback
前回の落下傘特集を見返してみると
画像も単調で内容的にも地味な仕上がりだったなあ
と 少し自分にガッカリ感が漂ってしまいました。

アップの最中にすでに
テーマが落下傘1本ではインパクトが弱いかな
と うすうす不安を抱いて
最後にジオラマ写真なんかを差し込んでみたものの
いまいち面白味に欠ける仕上がりに。

気を取り直して今回はその分
濃い味系で強烈なもの用意してみました。

2012_1027_144230-DSC00309_convert_20121027162843.jpg
空飛ぶ円盤 地球を襲撃す     マルハク

例によって何の記念日かというと
10月30日は
ニュースパニックデー(宇宙戦争の日)
だそうです。
1938年(昭和13年)、オーソン・ウェルズ演出の
SF『火星人来襲』がアメリカCBCラジオで放送されましたが
演出で「火星人が攻めてきた」という臨時ニュースを流したら
アメリカ中で120万人以上の人が本当のニュースと勘違いして
大パニックになってしまった・・・記念日です。

ですので駄玩具でもよく見かけた
終末論的な雰囲気のものを集めてみました。

2012_1027_144334-DSC00310_convert_20121027162858.jpg
箱の中は怪獣ウラン   100束入り

箱の横書きには

全人類殺戮を企てる宇宙の怪物
凄惨! 怪獣対原子化学の闘争 怪奇 戦慄

の文字が踊ります。

それにしても男の人の痛がり様は
クモ膜下出血並みの激しさが。

でもこのポーズ
どこかで見たような
と思ったらありました。昔の薬袋に。

       頭痛
          
怪獣ウランはちょっと山椒魚みたいで
殺伐とした中にもひょうきんな表情を見せつけ
意表を突かれます。
でもこいつが円盤を運転して来た宇宙人の正体でしょうか
箱絵のタイトルの頭に「世紀の謎」とありますが
まさにその通りっ。

2012_1027_144825-DSC00311_convert_20121027162910.jpg
束の中身を出してみると

怪獣ウランの紙帯にくるまれていた束の中身は
面子のような札が7枚前後入ってます。

これはまだ紹介していませんが
「軍人合わせ」と同じもので
紙帯の裏に優劣が書いてあって
たとえば

●怪獣ウランは原子兵器類には勝ちます。
●空飛ぶ円盤は宇宙船に負けます。
●超人ジェットマンは爆弾類に負け、他には勝ちます。

などとあり
時に細かいルールはなくて
じゃんけんのように同時に一枚ずつ出し合って
勝ったらもらえるみたいな遊びです。
裏の説明にも
「自由にルールを決めて勝手に遊べ」
的な主旨の注釈がついてます。

ともあれ超人ジェットマンの頑張りに期待したいところです。
(3束開封してみましたが、ジェットマンはいませんでした)

軍人合わせ的なものをもう一箱

2012_1027_145615-DSC00312_convert_20121027162942.jpg
未来戦 新兵器合     みつわ玩具

箱に印刷はなく上蓋に紙帯が貼り付けられています。
細かい青文字は札の優劣の表記。

2012_1027_150407-DSC00314_convert_20121027162955.jpg
束の中身を出してみると

こちらも7枚ぐらいの束が100束入り
札の内容はというと
月世界征服や太陽の静止と言った危機的場面設定から
火星人やヒマラヤの雪男、はたまたエリザベス女王まで登場する
わけのわからない大スペクタクルになっています。

2箱アップしましたがともに昭和30年台前半で一束3円か5円
だったのではと思われます。

続いては双六です

2012_1027_151337-DSC00315_convert_20121027163029.jpg
原子科学双六 他     みつわ玩具

2012_1027_152726-DSC00323_convert_20121027163044.jpg
中から1枚出して広げて見た           画:岡たかし

ここまで来ると説明要りませんね。
部分拡大して見てみましょう。

2012_1027_152825-DSC00324_convert_20121027163112.jpg
やはり火星人は蛸系でしたか

2012_1027_153037-DSC00327_convert_20121027163137.jpg
道半ばにして地球最後の日が

2012_1027_152937-DSC00326_convert_20121027163125.jpg
さらに進んでも水爆が控え、絶望的状況が続く

2012_1027_153158-DSC00329_convert_20121027163148.jpg
「上がり」になっても宇宙人が襲ってくる

終末論的醍醐味を味わえる作品でした。

この手のものはブームというほど
流行ったとは思えませんが
漫画雑誌などでも手堅く特集が組まれた印象があります。

2012_1027_153440-DSC00330_convert_20121027163202.jpg
週刊少年キング 1965年3月7日号    少年画報社  

一冊取り上げてみました。小学1年生の頃のものです。
特集「人類さいごの日」(抜粋)
構成:北川幸比古 絵:南村喬之 前村教綱

       2012_1027_153730-DSC00333_convert_20121027163324.jpg
       第三次世界大戦による核兵器で人類が滅亡する説

2012_1027_153535-DSC00331_convert_20121027163258.jpg
氷河期の到来による人類滅亡説

2012_1027_153606-DSC00332_convert_20121027163310.jpg
太陽の赤色巨星化による灼熱で地球の最期を迎える説

これは50年近く前の記事ですが
現在でも太陽のフレアの異常や核の脅威など
同じような懸念される事象や緊迫した問題がたくさんあって
それらとイメージが重なります。

「人類さいごの日」は駄玩具や雑誌の中の世界のみに留めておきたい
と願うばかリです。










スポンサーサイト

落下傘だよ、おっかさん!

Posted by モロズミ・ダン on 21.2012 その他・定番 0 comments 0 trackback
え~
のっけから意味不明のタイトルですみません。

でもピーンと来た人いたりして。
1970年代前半でしたかね
カプシプラスト?(湿布薬)のTVコマーシャルで
ほっかほっかだよおっかさん!
前川清のとぼけたフレーズ 当時流行語になりました。

まっ落下傘とは全く関係ありませんが、
突然、この流行語を思い出し
自分のダジャレ世界ではまってしまいました。

前置き長くなりましたが
落下傘を選んだ理由は10月22日が
「パラシュートの日」
だからです。

得意そうに言ってますが
おとといまで全く知りませんでした。
次のブログ、何を題材にアップしようか思案してたところ
そうだネットによくある
「今日は何の日?記念日カレンダー」を見ればいいんだ。
で、見つけたわけです。

これからも迷った時は
これをもとにアップしようと心に決めました。

2012_1021_183301-DSC00303_convert_20121021190053.jpg
パラシュート    メーカー不明(丸印に井のマーク)

       2012_1021_183633-DSC00306_convert_20121021190105.jpg
       パラシュート20付

ビー玉の錘がついたビニール製のスタンダード仕様。
ちょっと見づらくてごめんなさい。
一番普及していたタイプだと思います。

2012_1021_170137-DSC00284_convert_20121021185914.jpg
吹出し コンバットパラシュート  メーカー不明(山笠にモのマーク)

2012_1021_170430-DSC00286_convert_20121021185942.jpg
筒の図柄の拡大

かわいい少年兵が示しているように
吹き出すとパラシュートが飛び出すタイプ。2ダース付

       2012_1021_184219-DSC00307_convert_20121021190120.jpg
       パラシュート(吹き出し型)   メーカー不明

吹き出しタイプの特徴はこの写真でよくわかります。
赤い円錐形のキャップが吹き矢の機能をして推進し
落下のときは錘の役目となるようです。

ここまでメーカー不明ですっきりしませんが
価格も5円?10円?のレベルですが正確にはわかりませんでした。

       2012_1021_171959-DSC00287_convert_20121021185954.jpg
       カブト印お好み玩具   シマデン

大きな台紙にいろいろな玩具が付いたタイプで
此の手のものにはパラシュートが含まれることが多かったようです。

2012_1021_183022-DSC00302_convert_20121021190035.jpg
パラシュートの拡大 

●プラ製で兵隊さんフィギュアがついたもの
●印刷された型抜きの紙もの
の2種が見られますが
いずれもパラシュートはビニール製で
木綿糸でつなげられています。

2012_1021_172648-DSC00288_convert_20121021190005.jpg
開封してみた 

印刷型抜きタイプを
開けて広げてみました。

先端の赤い紙に包まれている中には
ビー玉が入っています。

パラシュートを折りたたんでからビー玉を挟み込み
上空へ投げれば開いてフワフワと落下するしくみ。
でも一回やるとすぐに糸がからんでしまって
ちゃんとほぐすのに苦労した じれったい記憶が強く残ってます。

       2012_1021_170306-DSC00285_convert_20121021185930.jpg
       デラックスパラシュート   シマデン


2012_1021_165723-DSC00283_convert_20121021185854.jpg
引きくじの拡大

パラシュート系のみを集めた引きくじタイプは珍品ではないかと。
これ以外に見たことがありません。
くじもボロボロですがなんとか残ってました。
でもなぜか野球の柄

最後におまけの1枚・・・

2012_1021_181847-DSC00298_convert_20121021190021.jpg
零式輸送機とゼロ戦    1/144スケール

少し前に文房具店のプラモデルを紹介した流れで
ウォータラインのジオラマ写真も期間限定でアップしてみました。

が、約1名様から
「なぜ続けないのかっ!」
との声をいただき
心に引っかかっておりました。

てことで今回限りになりますが
パラシュートに関係するジオラマを・・・零式輸送機です。

約1名様は もうおわかりですね。
そうです
太平洋戦争時 海軍空挺部隊(落下傘部隊)は
零式輸送機より降下したのです。

ちなみに陸軍挺進連隊(落下傘部隊)は
一〇〇式輸送機でしたが
残念ながらプラモデルキット化されていません。たぶん。

また何かのきっかけがあれば(あればです)
ジオラマやってみましょう。






車掌はボクだっ!

Posted by モロズミ・ダン on 14.2012 鉄道・交通 0 comments 0 trackback
引き続き
10月14日「鉄道の日」にちなんで鉄道物駄玩具を。

前回、電車ごっこの話をしましたが
この遊びは運転手より圧倒的に車掌が人気でした。

童謡でも
運転手は君!車掌は僕!そのほか残りはお客!
と、ガキ大将的主人公
言ったもん勝ちで、なかば強制的に配役を仕切り
人気の車掌役を得てしまってます。
個人の感想であって歌本来の主旨主観を表すものではありません

車掌人気の理由として
切符にパンチを入れたり、腕章をつけたり、ホイッスルを吹いたりと
圧倒的に小道具が使える面白さがあったからでしょう。

そんな小道具がすべて入った「電車かばん」
駄菓子屋でも古くから定番アイテムとしてありました。
2種をアップします。

2012_1014_131334-DSC00262_convert_20121014144905.jpg
電車かばん     ライオン玩具

初期のころの電車かばん
かばんのつくりやニビ色がかった図柄から見て
昭和30年代のでしょう。幅は約20cm。
中央の留金具はブリキ製で象のデザインで型押し
いい~味だしてます

2012_1014_131910-DSC00264_convert_20121014144930.jpg
かばん枠の拡大

かばんの外側は紙製でニス引きしたものですが
内側の枠に木板が使われています。
(よく見ると外側から釘で固定)

2012_1014_131622-DSC00263_convert_20121014144917.jpg
かばんの裏面とセット内容

乗務員帽、車掌の腕章、ホイッスル、改札鋏(パンチ)
そして綴り式のモノレール電車パスが入ってました。

調べたら
懸垂式のモノレールは
上野動物園モノレール(昭和32年開通)が日本初で
その頃のものでしょうか。
(車体の形ちょっと違う気が・・・
外国の車体をモチーフにしているかもしれません)

もうひとつ・・・

2012_1017_153307-DSC00273_convert_20121017155836.jpg
新幹線のりものかばん     トミタヤ

大きめの電車かばん
横幅30cm以上あります。
パンダがいるのでカンカンが来た昭和47年(1972年)頃?
となると最初の電車かばんの10年以上あとのものになります。

2012_1017_153852-DSC00275_convert_20121017155853.jpg
かばんの中

バスパス、電車パス、地下鉄パスの3冊と
厚口の切符が4連と寝台券や硬貨綴りなど4綴り
さらに
腕時計、改札鋏(パンチ)、ホイッスル
と充実のフルセットになってます。
ホイッスルがプラ製になっていることで少し時代の流れを感じます。

続いては
かばんのタイプではありませんが・・・

2012_1014_132342-DSC00266_convert_20121014145034.jpg
新幹線ひかり号セット

箱の端に路線図がありますが博多までつながってます。
てことは、昭和50年(1975年)の博多まで開通したころのものでしょう。

改札鋏(パンチ)がついにプラ製になってしまいました。
これでは駅員さんが
カッカッカチカチ カチカチカッカッ
とリズムを取って空打ちしていたあの技は
完全にマネできなくなってしまいました。
もっともそれまでのアンチモニーやブリキなどの金属製でも
本物のような軽快で響きわたるような音は出ませんでしたが。

メーカーは不明です。
T.Tのマークがついてますが有名なタカトクとは違います。


最後に駄菓子屋ではなくおもちゃ屋扱いですが
2点アップ

2012_1014_134929-DSC00271_convert_20121014145211.jpg
地下鉄丸ノ内線     長くて端っこ入らないっ

長さ約40cmのブリキ製です。
STマーク(玩具安全基準)が付いているので
昭和46年(1971年)以降のもの。

2012_1014_135209-DSC00272_convert_20121014145236.jpg
前方斜めからの拡大

運転席や車窓に人が描かれているのって
う~んっ昔の玩具らしくて、懐かしいですね。

メーカーマークが菱形のなかにHOPEの文字が。
「玩具トレードマーク一覧」で調べたけど見当たらずメーカー名は不明です。


2012_1017_154229-DSC00276_convert_20121017155909.jpg
こども切符販売機     米澤玩具(当時)=現:㈱セガトイズ

2012_1017_155000-DSC00279_convert_20121017155922.jpg
箱の中は販売機と切符入り

これもSTマークがついてますが
それ以前より古くから販売されていた人気シリーズです。
写真のものは再版を重ねた最終型ではないかと。

箱の横にあるように
10円玉を入れてレバーを下げるとベルが鳴って
取り出し口から切符が出てきます。(同時に10円玉も下の受け口から戻る)

ただそれだけのことなんだけど
おもしろくて何回も繰り返したのです。

同シリーズは切符販売機以外にも
「キャラメル」「コーラ」「カップめん」などがありました。
どれもギミックは一緒ですが、またの機会に紹介しましょう。











運転手は君ぃだ

Posted by モロズミ・ダン on 08.2012 鉄道・交通 0 comments 0 trackback
先日、通勤電車内でふと中刷り広告に目をやったら
なにやらイベントの告知が
「10月14日は鉄道の日・・・」
鉄道の日

たくさんある鉄道もの駄玩具を
いつアップしようかとタイミングをうかがっていたのですが
格好の理由づけを発っ見!

ですので
新橋~横浜の鉄道開業の記念日になっている10月14日鉄道の日を間近にひかえ
2週連続で鉄道もの
集めてみました。

今日のタイトルを見て、そのまま思わずメロディで口ずさんじゃったひと
私と同じかなり古い人間です!

2012_1008_142215-DSC00236_convert_20121008153201.jpg
特急汽車キップ        ホシ玩具

0系新幹線を箱絵に採用するのは必然と言っていいでしょう。
なんせ当時の人気、憧れの象徴でしたから。
手前のぼうやに元気がないのが少々気になりますが
よくできた箱絵です。

1964年10月1日に東海道新幹線が開通しているので
(自分の知識として述べている感じですが、直前にヤフーで調べてます
昭和39年から40年代前半のものではないでしょうか。
50年近く前のものです。

2012_1008_142410-DSC00237_convert_20121008153218.jpg
中は5円売・60入

蒸気機関車から特急、新幹線、旅客機に至るまで
けっこうリアルな描写で車名なども入っていて、さながら乗り物図鑑の様です。
(この上手さは、写真をトレースして着色してるかもしれません)
透明セロハンで束ねられ約18枚が一束になってます。
てことは、18×60入なので一箱に1000枚以上入。どうりでズッシリ感があった。

2012_1008_152620-DSC00259_convert_20121008153616.jpg
裏刷マネービル印刷(箱絵に明記)

裏刷りは紙幣の図柄で金券遊びとして
表刷りには5枚に1枚ぐらいの割合で本物そっくりな切符も含まれてます。
紙質的には面子とほぼ同じで面子にも使えそう。
それにしても18枚束で5円とはまさに子供の味方ですね!

2012_1008_142520-DSC00238_convert_20121008153231.jpg
新版特大電車パス    ナゴヤ玩具

2012_1008_142806-DSC00239_convert_20121008153242.jpg
1円売(当初)    100冊入

箱上の印刷は1円になってますが
上からマジックで 三 になぞられてます。
一気に3倍の値上げとは
製造メーカーが値上げ改定したのか
駄菓子屋のおばちゃんがこっそり利益を取ろうとしたのか
印刷の誤植訂正なのか定かではありません。
売り値からして昭和30年前後でしょうか。

中にはなつかしい綴り式の切符が入ってます。
特大とありますが、いたって普通サイズで長さ20cmぐらい。

綴り式切符は玩具でなくて本物も憶えがあります。
昔は都心の循環バスでも車内に車掌さんがいて
綴り式の切符を販売してたんです。
若い女性の車掌さん切符に鋏(パンチ)を入れて(小さな丸い穴が開く)
ペリリッと手際良くミシン目から切り離し、やさしく渡してくれた
(ボクいい子にしててね・・・と目で話しかけられたような)
小学校低学年の時の不鮮明になってしまった
ちょっと淡い記憶です。

2012_1008_143621-DSC00246_convert_20121008153505.jpg
きっぷあそび      メーカー不明

2012_1008_143723-DSC00247_convert_20121008153518.jpg
中はきっぷあそび 一式

特大電車パスと同じ時代のものだと思います。
こちらは改札鋏(パンチ)とホイッスル付
鋏は精度の低い粗雑なアンチモニー製のようです。
それに車掌の腕章と各種のキップ、回数券がセットでオールインワン。

当時の電車ごっこは
長いロープ(縄飛びを流用したことも)を輪にして一列に中に入り
先頭が運転手、最後が車掌、なかの3~4人がお客。
で、駅(思い込みの世界)に向かって移動する(ただ小走りするだけ)
途中の駅でお客が入れ替わる・・・
そんな他愛のない遊びだったけど
このような切符遊びグッズがあることで大いに盛り上がったのです。
でも切符に鋏を入れるのはもったいなくていつも少々躊躇してました。

続いては・・・

2012_1008_145409-DSC00253_convert_20121008153533.jpg
超特急ひかり号     トレードマーク「D.T.C」の印字あり

2012_1008_150104-DSC00256_convert_20121008153552.jpg
中はひかり号遊び一式

再び新幹線が登場し昭和40年前後のもの。
箱幅が40cmぐらいありボリューム満点、
¥300の値札シールもついたままです。
当時としては上等な値段なので
駄菓子屋ではなくおもちゃ屋さんで売られていたものでしょう。

プラ製の4両編成の新幹線をはじめに
車掌さん駅員さんの腕章、改札鋏(パンチ)、ホイッスル、切符各種
さらに紙製だけど
「きっぷ自動販売機」と「おかし・たばこ自動販売機」が入ってます。
(でも・・・お菓子と煙草が一緒に入っている自販機なんてあったかなぁ

2012_1008_150322-DSC00257_convert_20121008153604.jpg
「おかし・たばこ自動販売機」の拡大

煙草の「富士」や「明治キャラメル」など実際にあった銘柄が・・・
この頃はまだ商標管理もゆるやかだった時代でしょうか。

最後はおまけのような1箱

2012_1008_142946-DSC00241_convert_20121008153308.jpg
(品名などの情報なし)

「日の出」図柄のトレードマークらしきものがあるだけで残念ながら詳細不明です。
でも古いことは確かで昭和30年代ではないかと。

2012_1008_143031-DSC00242_convert_20121008153422.jpg
5輌編成の汽車のプラ製ミニ玩具

こちらは駄菓子屋で売られていたもの。
一輌あたりがグリコのおまけぐらいのかわいいいサイズ。
ちょっと乱暴に扱うとすぐに連結部分のバーが簡単に折れてしまいます、確か。
このタイプはよく買って、毎回気をつけて遊んだけど最後は折れてしまった・・・
駄玩具は安価な材料で粗雑な作りだった
でもそんなチープなところに、なぜか愛着がわいたんです。 

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。