首のうしろをトントンしながら

Posted by モロズミ・ダン on 30.2013 ごっこ遊び 0 comments 0 trackback
7月1日は
「童謡・童話の日」でして
これに関する絵本やかるたはたくさんあるので
今日のテーマは決まり
と思っていたんです

ここのところ
かるた類を結構アップしていたので
皆さんも食傷気味ではないかと
急に不安に

なので直前に急きょテーマ替えして
これです!(なにせムシっと暑いので

2013_0630_154239-DSC01156.jpg
こどものアイスクリームやさん   ㈱増田屋コーポレーション

何か他に記念日などないか調べていたら
7月3日が「ソフトクリームの日」
昭和26年に明治神宮外苑で行われた米軍主催のアメリカ独立記念日で
初めて一般の日本人にソフトクリームが販売されたとのこと。
ソフトクリームなんて戦前からあったような印象ですが
意外と新しいんですねぇ。

この玩具は
社会科玩具シリーズ 通称「ごっこ遊び」と呼ばれ
他にはレストラン、スーパーマーケット、果物屋さん
パーマ屋さんなど1956年より30種以上販売された
超人気シリーズです。
以前
「クスリやさん」と「海外旅行ごっこ」は
すでに紹介しました。

2013_0630_154831-DSC01157.jpg
こどものアイスクリームやさん  (箱の中)

当時は
本物に限りなく近いデザインで商品化されてましたが
今では企業間でタイアップしない限り
無理でしょう。

2013_0630_163716-DSC01184.jpg
こどものアイスクリームやさん  (一部拡大)

当時はまだ貧しくて
ソフトクリームは御馳走の類だったような
ガッついて食べて
首のうしろが痛くなり
トントンしながらも
めげずにほおばっていた気がします。

      2013_0630_163748-DSC01185.jpg
       こどものアイスクリームやさん  (一部拡大)

冷凍ショーケースにもたくさんのアイスが。

駄菓子屋さんの冷凍ケースを開けて
アイスを選ぶフリして顔を突っ込ように涼み
店のおばちゃんに見破られ
よく怒られました。

え~つづいて
1週間後の7月7日なんですが
これが1970年にファミレス(すかいらーく)1号店がオープンしていたんです。
大学時代は、深夜のたまり場としてお世話になりました。

ですので
ごっこシリーズのレストラン系もアップ。

2013_0630_155501-DSC01161.jpg
食堂ごっこ     ㈱増田屋コーポレーション

玩具のほうは
まぁファミレスと言うより
百貨店の大食堂のイメージですが
(アイスクリームやさんと同じ箱にあったのでついでにアップ。
ファミレス情報は後付けです

でーんと構えた
大型の食品サンプルケースがいいですね。

2013_0630_155053-DSC01158.jpg
食堂ごっこ     (箱の中)

これ小学校の頃実際に遊んだ記憶が。
お友達の女の子が持っていて
おままごとに付き合わされ
料理をふざけて口の中に入れたら
本気で泣かれて
二度と誘われずの思い出。

       2013_0630_160514-DSC01165.jpg
食堂ごっこ     (一部拡大)

今見ても
口に入れたくなる艶っぽさ。
今の食玩はさらにリアルになってるけど
これはこれでいい味わいが感じられます。


もうひとつレストラン系を

2013_0630_160811-DSC01167.jpg
おこさま食堂     ㈱増田屋コーポレーション

STマークが付いていないので
1970年以前のものです。

人気商品だったので
その後何回か箱絵をリニューアルし
再版されています。

それがこちら

2013_0630_164424-DSC01187.jpg
おこさま食堂/おこさま食堂ごっこ   ㈱増田屋コーポレーション

共にSTマークあるので
1971年以降のもの。

手前の箱が
最後に販売されたものです。

箱絵のタッチで若干の時代の流れを
感じ取ることができます。

2013_0630_161019-DSC01168.jpg
おこさま食堂     (箱の中)

初期のタイプの中身。
セット内容は3箱ともほぼ一緒で
一部色変えしている程度です。

       2013_0630_163121-DSC01179.jpg
       おこさま食堂     (一部拡大)

ここにも人気のソフトクリームが。
お子様ランチ(またはオムライス)とソフトクリームのセットが
私にとって当時最高のフルコースでした。


ちょっと珍品と言えるでしょうか
最後に中華系を。

2013_0630_164203-DSC01186.jpg
こどもの中華大飯店     ㈱増田屋コーポレーション

ベティちゃんとキューピーちゃんを
足して2で割ったようなキャラの箱絵は
1970年代前半によく見られたタイプ。

中華レストランまで商品化とは
人気あったんですねこのシリーズ。

2013_0630_163518-DSC01182.jpg
こどもの中華大飯店     (箱の中一部拡大)

レストランのはずですが
何故か即席めんがラインナップ。お土産用?ですか。

2013_0630_163251-DSC01180.jpg
こどもの中華大飯店     (箱の中)

点心類やチャーハン
そして即席めん
折詰のしゅうまい、天津甘栗まで

これだけあればリアル中華レストランごっこが楽しめます。

子供の頃は
これらの食品サンプルが全部本物だったら
いいのになぁと思ってましたが
今では全く逆転!
この玩具の方が本物の食べ物の何十倍もの価値に?

現在、ビンテージ系玩具ショップでは
このシリーズ1箱数万円で売られている人気のようですから。



スポンサーサイト

夢の21世紀になったけど:その2

Posted by モロズミ・ダン on 23.2013 未来・科学 0 comments 0 trackback
先週の続きです。
21世紀になってしばらく経ちましたけど
高周波動力の宙を浮いて走る自動車
実用化にはまだまだ時間がかかりそうですね。

きょうは飛行機系から

2013_0616_184605-DSC01132.jpg
スペースシャトル     ㈱ネモト     

商品名がスペースシャトル
本物は1981年初飛行なので
結構新しい玩具かなと思ってました。

調べてみると計画は思いのほか古く
開発は1960年代の後半からスタート
1970年代からNASAの有人宇宙飛行計画へと
具体化していったようです。

この玩具のスタイルからして
実際のシャトルとは似ても似つかないので
1970年代の計画段階に
想像で作られたものかもしれませんね。

2013_0616_184945-DSC01139.jpg
(スペースシャトル上面から)

底にタイヤが付いていて
ゆっくり前に押して進めると
上部のプロペラが回りだします。

2013_0616_184856-DSC01138.jpg
(プロペラ回転最大)

マックスで回転させると
ストライプ柄の円盤のように見えます。

今日も科学クラブ見てみましょう。

       2013_0616_202542-DSC01152.jpg
       「科学クラブ」臨時特別号より ㈱東雲堂 昭和34年12月発行 
        特集:わたしたちの21世紀       挿絵:伊久留朱明 他

垂直上昇機(空中タクシー)が画かれています。
このタイプはほかの雑誌などにも多数出ていて印象深く
自分が40歳(21世紀)になったら乗れるかな
と夢見ていましたが・・・
もう53歳になってしまいました。

丸ビルもその名の通り
丸い球体になっています。

続いては駄菓子屋玩具を

2013_0630_142647-DSC01154.jpg
スペシャルトイ サンダージェット    S・Pマーク

簡易組み立てプラモです。
ひとつ作ってみました

2013_0616_190224-DSC01149.jpg
サンダージェットの完成品

未来を思わせるフォルムですが
繫ぎ目にリベット(鋲)が打たれているところは
なんだか昭和的

2013_0616_190450-DSC01150.jpg
サンダージェット系の駄玩具プラモ

簡易組み立てプラモタイプ
他にもたくさん企画されていました。

円盤系や
ウルトラホークやキャプテンスカーレットを連想させる
人気の特撮メカ系などなど
当時10円~20円程度で買えたと思います。

       
再び科学クラブを。

宙に浮く自動車はまだ先のことだけど
余裕で実現しているものもありました。
       
       2013_0616_182636-DSC01121.jpg
       「科学クラブ」臨時特別号より ㈱東雲堂 昭和34年12月発行 
        特集:わたしたちの21世紀  監修:金子務 他

「家庭と社会を結ぶ便利な通信と報道」
と題して一般家庭の様子が画かれています。

ブラウン管を薄くした大型壁掛けテレビの登場
イラストのものより進化した薄型の液晶テレビ
もうどこの家庭にも有。

テレビ電話の登場
今はスカイプとパソコンのウェブカメラを使って
簡単にテレビ電話ができるように。

電子印刷機と電送新聞の登場
ファックスはとっくに普及し
新聞も印刷物でなくスマホやパソコンで
手軽に見る時代になりました。

ただ
埃を吸う床
も登場していてこれはまだですが
ルンバなどの
お掃除ロポットで充分でしょうか。


最後にちょっと気になったこれを・・・

       2013_0616_182738-DSC01122.jpg
       「科学クラブ」臨時特別号より ㈱東雲堂 昭和34年12月発行 
        特集:わたしたちの21世紀  監修:金子務 他

原子力直接発電所の解説がありました。

核分裂の熱で水を沸騰させ
その蒸気でタービンを回して発電する事は
昔のことで・・・

とあり
現在でもまだこの昔のタイプが主流のようですが

未来は
燃料棒の熱によって
反応した液体セシウムから出る電子の流れと反対方向に
電気を発する。
それを変電設備を通して地下ケーブルで各地に送電される。


と効率のよい直接発電で小型化した原子炉を解説しています。

今後核開発技術は進んでも
安全性はそれ以上に発展してほしいものですね。





夢の21世紀になったけど:その1

Posted by モロズミ・ダン on 16.2013 未来・科学 0 comments 0 trackback
何かブログの題材になるテーマがないかと
調べていたら
記念日ではないのですが
3年前の6月18日は「環境未来都市」構想が
閣議決定された日だそうです。

内閣官房地域活性化統合事務局HPには
「限られた数の特定の都市を環境未来都市として選定し
持続可能な経済社会の発展の実現を目指す」との
主旨が載っていました。

仕事で疲れているせいか
私の理解力が乏しいのか
いまいち具体的な未来都市イメージが浮かばない
スッキリしない気分に・・・。

そういえば子供のころ読んだ科学雑誌には
カッコ良くてわかりやすい未来想像図がたくさんあったのを
思い出したのでまた見てみたくなりました。

2013_0616_202402-DSC01151.jpg
「科学クラブ」臨時特別号   ㈱東雲堂 昭和34年12月発行
特集:わたしたちの21世紀  作画:伊久留朱明 他

科学クラブいいですねぇー
これですよ未来都市は!

ぽっかり浮いた円盤状のものは
ドーム型の空中飛行場。
高周波の電波を地上から受信し
内部の反動室で強力な電気火花を発生させ
上から取り入れた空気をイオンに変換
それを下方に吹き出して浮いているしくみ
と解説があります。

それ以外にも小型の円盤状の乗り物も
多数飛び交ってます。

これに合わせて
円盤系の玩具見てみましょう。


2013_0616_183936-DSC01125.jpg
X-7円盤   ㈱増田屋コーポレーション

駄玩具でなく
ちゃんとした玩具です。
この玩具はマスダヤのHPによると
1960年から発売されて大ヒットした
とあります。

でもこれは初期のSTマークが付いているので
1971年頃に再版されたものでしょう。

2013_0616_184353-DSC01130.jpg
(スイッチオン)

単一電池2本で動きます。
光を点滅させピッピッと飛行音を出し
物にぶつかっても回転走行。
直径約20cmで存在感あります。

コクピット内のレーダーもクルクル回ったりして
とてもよくできた玩具です。


再び科学クラブに戻ると

2013_0616_182528-DSC01119.jpg
空と地をかける新しい乗り物  科学クラブより

車は宙に浮いて走行。
道路下からの高周波電波をを受けて
動力とし、すっ飛びます・・・
との解説あります。
先の空中飛行場と同じ原理でしょうか。

空には原子力で飛ぶ旅客機も。

この迫力ある雰囲気もしや
と思ってよくみると

2013_0616_182544-DSC01120.jpg
小松崎茂先生のサイン

当時田宮の戦闘機や戦艦
今井科学のサンダーバードなど
プラモデルの箱絵でも第一人者だった
小松崎先生の作品
涙ものです。

子供の時は作者名など意識していなかったけど
当時はこの迫力ある作品を
箱絵や雑誌の挿絵などでふんだんに見れたんですから
幸せ者でした。


2013_0616_183041-DSC01123.jpg
音と光とをせい服した乗り物  科学クラブより

当時の時点で
具体的に計画されていた未来カー。
ゼネラルモータス社の火の鳥3号車
車輪のある車としては最終形で
この後は車は宙を浮いて走るとされていました。

駄玩具の未来カーを見てみましょう。

2013_0616_185338-DSC01141.jpg
(品名 メーカー不明)

NO.110 Made in Japan
が小さく印字されているだけで
詳しいことが分かりません。

駄菓子屋玩具にしては大ぶりで
全長約20cm弱。

     2013_0616_185617-DSC01144.jpg
     (未来カーの上面)

尾翼とコクピット部はプラですが
ボディはブリキ製。

わずかに腐食が出始めてますが
いい質感が出ています。


次回も「夢の21世紀・・・」を
飛行機系中心に。

ネス湖に映ったあの影は・・・

Posted by モロズミ・ダン on 09.2013 未分類 0 comments 0 trackback
ラジオを聞きながら日曜を過ごしてますが
いくつかの番組で
今日は「ロッ(6)ク(9)」の日なので
この曲を・・・とやってます。

ロックと駄玩具は接点がないのでスルーしますが
今日はもうひとつ記念日があったのです。

調べると「ネッシーの日」なんですね。
スコットランドのネス湖に
巨大な怪物(恐竜?)がいるという記事が写真付で新聞に掲載されのが
1933年(昭和8)のこの日。(意外と古いんですねぇ)
この怪物はネス湖にちなんでネッシーと名付けられました。
古さを感じないネーミング感覚
今発見されたとしても
同じ名前が付けられたかも。
(ふなっしーの二番煎じと言われるか)

今日は恐竜や不思議な現象をテーマにしてみました。

まずはこれから

2013_0609_173250-DSC01085.jpg
怪獣かるた      光明社    250円

価格からして昭和40年代のものです。

       2013_0609_194850-DSC01108.jpg
       (箱の中)

中身はすべて恐竜や古代生物たち。
ウルトラマンなど怪獣ブームだったので
タイトルはちゃっかりと「怪獣かるた」としたのでしょう。

いくつか札をピックアップ。

       2013_0609_173509-DSC01086.jpg
       「ね」と「な」の札

ネッシーの最初の報道から30年以上経ってますが
ずっと根強く話題になっていたんですね。
エルスモザウルスあたりが
その正体だったのでしょうか?

       2013_0609_195204-DSC01110.jpg
       「い」と「も」の札

「~顔した」と書かれた札が多く
やはり恐竜も顔が命?

       2013_0609_175349-DSC01090.jpg
       「せ」と「れ」の札

もうひとつのパターンとして
背びれがたくさんあると
「すてき」であるという概念が。

       2013_0609_174835-DSC01089.jpg
       「へ」と「ひ」の札

「~顔した」シリーズですが
プロトケラトプスは変顔扱いで
ちょっとかわいそう。

オウム貝に至っては
ひょうきん者とまで書かれてますが
この決めつけには
編集者の好き勝手さが垣間見れます。

ここで
当時の学習雑誌で正確な情報を
確認しておきましょう。
久々に科学クラブを。

2013_0609_195846-DSC01117.jpg
「科学クラブ」第10号 表紙  ㈱東雲堂  昭和32年4月発行

2013_0609_183709-DSC01107.jpg
「科学ブック」第10号  中生代の生物  より
さしえ:笠原実 他

かるたにも登場していたエラスモザウルスがいました。
シルエット的に
やはりネッシーはこれに似ています。


今日はもう1誌
学習雑誌を

2013_0609_195445-DSC01111.jpg
「こども科学館」    ㈱国際情報社   昭和37年発行

写真手前の号の特集が
「せかいのふしぎ」で
ネッシーも登場しています。

2013_0609_182227-DSC01093.jpg
「こども科学館」ものしり教室「ネス湖の怪物」  科学評論家 原田三夫 監修 より

35年前から
観光地であるネス湖で多数の人が怪物を目撃したことで
大がかりな潜水調査を行ったが
明確な情報を得ることができなかった事を記述しています。

この号は
世界の不思議な現象を年代別に取り上げていて
ネッシー以外にも興味深い話題が盛り沢山。
とっくに大人になった今でも読み入ってしまいました。

恐竜続きだったので
他の不思議現象をいくつかアップしましょう。

2013_0609_182345-DSC01094.jpg
「こども科学館」セント=エルモの火 より

アラビア海で起こる超常現象。
急に海が青い光で燃え上がるように見え
船のマストの上などにも拡がることも。
ただし火に見えるだけで実際の火ではないので
火事にはならなかったようです。

ただこれが見えた後
大地震が起きるなどその関連性も否定できない
との説明も。

2013_0609_182141-DSC01092.jpg
「こども科学館」空とぶえんばん より

これは説明要りませんね
当時の子供はみんなこの話題に引きつけられました。
特に写真なんか提示されたら
もう信じるしかなかったでしょう。


この号の「ものしり教室」では
せかいの不思議を多角的に解説していて
朝日新聞が昭和32年に選んだ
7つの不思議についても言及しています。

その七つとは
★インカ帝国の脳外科
★海底火山ギュヨー
★消えたマリーーセレスト号
★わたり鳥
★心霊現象
★空飛ぶ円盤
★ヒマラヤの雪男

最後のヒマラヤの雪男
駄菓子屋の面子でも確かあったな
と思って探し出してみました。

2013_0609_182830-DSC01098.jpg
2013_0609_182849-DSC01099.jpg
ヒマラヤの雪男メンコ 8枚綴りの一部  (メーカー不明)

人か猿
とありますが
どちらでもなく怪物でしょう明らかに。

強烈な図柄だったので記憶に残ってました。






  

ちょっと危険なカッコいいやつ

Posted by モロズミ・ダン on 02.2013 その他・定番 2 comments 0 trackback
ブログ始めて
今日が50回目
ここまで1年間
色々な人からご協力やアドバイスをいただき
なんとか続けております。ありがとうございます

でもって、背景を変更してみましたが
どーでしょうか。

さて今日のタイトル
一見、ちょい悪系のプレイボーイを連想してしまいますが
違います。
みんな自慢げに衣服や帽子に付けたアレです。
きのう6月1日は「バッジの日」だそうで
駄菓子屋の色々なバッジ集めてみました。

2013_0602_182512-DSC01068.jpg
マンガバッチ   (メーカー不明)

「バッジ」が正解だと思いますが
これは「バッチ」
このあとに「バッヂ」も出てきます。
まぁどーでもいいよと言われそうですが。

アトム風、鉄人風、8マン風ですが
当時の人気アニメを意識した豪華版です。

2013_0602_182619-DSC01070.jpg
(マンガバッチの表裏)

プラを型抜きしたものに
印刷したものを貼り付けただけの
チープなものです。

ピンも安全ピンではなく
針先むき出しのもの。

取り付けるとき
ピンの取り付け部がくるくる動くわ
ピンも硬いわ
でイライラ感の高い商品でした。
油断すると針先が指にプスリ
血がプ~と出てきてしまう危険なやつ
だったのです。
(やっと今日のタイトルの説明になりました


プラ板に印刷紙を貼り付けたタイプを
もうひとつ
2013_0602_181705-DSC01063.jpg
てなもんやトリオバッヂ   フジ玩具

「てなもんや三度笠」としていないことから
パチかもしれません。
かなりオリジナルに近い雰囲気ですが。

2013_0602_181828-DSC01064.jpg
(バッヂの拡大)

あんかけの時次郎ですよね
どう見ても当時の藤田まことさん。

スポンサー名をダジャレた
「あたりまえだのクラッカ~」は流行語に。


続いては
ブリキ板を型でプレスしたタイプを。

       2013_0602_181936-DSC01065.jpg
       (品名、メーカー名不明)

1個裏返してお見せしてますが
これも針先
危険なタイプです。

何も表記がありませんが
オリジナルはこちらでしょう

       2013_0602_182300-DSC01067.jpg
       冒険王昭和35年12月号付録       
       アラーの使者 九里一平 川内康範 東映

テレビ冒険活劇連続ドラマでマンガ誌にも連載されていました。
物語設定のカバヤン王国・ココナツ王子のネーミングは
番組スポンサーのカバヤ食品「カバヤココナツキャラメル」からのもので
当時はこのパターンよくありました。


ブリキのプレスタイプを続けて2種

2013_0602_183647-DSC01076.jpg
2013_0602_183627-DSC01075.jpg
バッジマウントセット (メーカー不明)

今日はメーカー不明多くてすみません。
子供たちに人気のあるものは
何でもバッジになっていた感じでした。

ブリキピストルを片手に
シェリフバッジを付けての西部劇は
男の子ごっこ遊びの定番でした。


次は紙製のもの

2013_0602_201410-DSC01084.jpg
人気者バッヂ  30付 5円売 (メーカー不明)

これがですね~
厚紙で作ってあってボリューム出してるんですが
所詮紙なので
バッジには見えず残念。

人気キャラが
ひと袋に2枚入ってます。

       2013_0602_183405-DSC01073.jpg
       (人気者バッヂ裏面)

強引に裏面をひっくり返してみました。
ピンはなく剥離紙が。
つまり糊で貼り付けるタイプです。
バッジというよりシールに近い感じでしょうか。


最後に重量感あるこれを

2013_0602_183845-DSC01078.jpg
野球バッチ  60付   (メーカー不明)

くじを引いて
引いたくじの番号のバッジがもらえます。

ズッシリと重量があるので
鉛などを含む合金のダイキャスト製ではないかと。

以前、プロ野球侍ジャパンの特集の時も
野球バッジをアップしましたが
似ていますがたぶんメーカーが異なります。

2013_0602_184254-DSC01080.jpg
(野球バッチの拡大)

ひいきの球団が当たらず
友達にトレードを申し込むも不成立
ガマンの子になっていた記憶が蘇ります。

裏は写してませんが
針先にカバー付の安全ピンに。
ですからこれは
「安全でカッコいいやつ」です。




 HOME