スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの探偵は夢かまぼろしだったのか

Posted by モロズミ・ダン on 23.2014 ヒーロー・キャラクター 2 comments 0 trackback
2014_0323_161858-DSC02209.jpg
まぼろし探偵    1997年 ビリケン商会
桑田次郎

月末の30日は
「マフィアの日」だそうです。

マフィアから連想するのが
スパイや探偵ですね。

えっと誰もうなづいてくれませんので
私の独り善がりと言うことでいいです。

最初から「まぼろし探偵」の特集がしたくて
何かと理由づけしようと書き出してみたものの
無理がありましたね。
連想ゲームのヒントにもならないレベルでしたか。


「まぼろし探偵」は
あのエイトマンで有名な桑田次郎先生の作品で
月刊漫画誌:少年画報の1957年3月号より
連載された作品。

あっ3月連載開始と言うことで
今回このテーマを採用したということにして下さい

2014_0323_173537-DSC02221.jpg
「まぼろし探偵」 少年画報付録  少年画報社 昭和34年3月発行より
桑田次郎

私の生まれた年の発行でして
リアルタイムでは読んでませんが
幼少期に古本で読んでました。

どんな物語かと言うと
主人公は日の丸新聞の少年新聞記者、富士進。
事件が起こるとまぼろし探偵に姿を変え悪の組織に立ち向かい
難事件を解決していく。父親は警視庁の富士警部。

2年後にTV実写連続ドラマや映画にもなりました。
その告知がこの付録本の裏表紙にありました。

img020.jpg
まぼろし探偵 桑田次郎

どちらかというと
マニアの間でもドラマの実写版の方が人気があるようで
当時新人だった吉永小百合が配役となっていることで有名。

実写版のまぼろし探偵
ヒーローなんですが
今みてみると怪しい人にも見えます。

実写版もあらためてまとめてみてみたくなりました。

当ブログをよく見ていただいている
ストラダ5さんによると

引用・・・
テレビ版「まぼろし探偵」の版権は現在パブリックドメイン状態で
各社からdvdが発売されています、かつて(25年ほど前)VHSビデオが
一本4話入で9800円で売られていましたがdvdは4本入り500円で
販売されています。(他にもdvdボックスが数種発売されているようです)
dvdのジャケットでは本編では見ることのできなかったバイクにまたがる
まぼろし探偵の姿が掲載されています。

とのコメントを先日いただきました。

廉価版のDVDが出ているようですので
若き日の吉永小百合さんの演技もみてみたいこともあって
もう買うしかないっすね。


文章多すぎ!の声が聞こえてきそうですので
画像をアップしていきましょう。

当ブログは
一応、駄玩具探究なので
実写版はさておき
駄菓子屋のまぼろし探偵を・・・

2014_0323_163157-DSC02212.jpg
よい子のお面セット   (メーカー不明)

ビニールが反射して見づらいので
思い切って
袋から出してみました。

2014_0323_163946-DSC02216.jpg

ブリキ製の腕時計とソフビの水鉄砲とお面のセット。
まんまると太った健康優良児のまぼろし探偵です。

昭和30年代前半で80円位ではないかと。
安いと思うでしょうが
少年画報が付録満載(10大付録付とか)で
150円しなかった時代なので
結構いい値でしたよ。


どんどんいきましょう。

2014_0323_163535-DSC02214.jpg
最新型自動式六連発    キング印

まぼろし探偵といえば
ピストルなので箱絵に採用されています。
(たぶん無許可でしょう)

2014_0323_162304-DSC02210.jpg

これを入手した時から
本来のものではない種類の
ブリキピストルが入ってました。

2014_0323_162419-DSC02211.jpg

その中で唯一
箱絵のものとほぼ同じ型のものが
これです。
でもまぼろし探偵の名前がなく
箱絵だけの採用だったのでしょう。


続いては
駄玩具の定番メンコを

img019.jpg
まぼろし探偵 桑田次郎

普通の角メンコですが
裏側に場面別のストーリーが書いてあり
表の漫画と連動していて紙芝居のようになっている
珍品です。

全27コマあるので一気にアップ

img015.jpg
img016.jpg
img018.jpg

まぼろし探偵が悪の組織の手下に変装して
警察の方に車を誘導して逮捕解決・・・
というよくありがちな展開でしたが
原作にあったかどうかはわかりません。

かなりの付録本を持っているのですが
赤星団なる組織は出てこなかった気がしますが・・・

無版権であるのですが
まぼろし探偵に限らず
何かの話をベースにしていることは
確実でしょう。


続いてもメンコを

2014_0323_161620-DSC02206.jpg
まぼろし探偵    1997年 ビリケン商会
桑田次郎

冒頭にアップしたフィギュアは新しいもの
(と言っても17年ぐらい前)で
昭和時代のヒーローや怪獣を復刻を含めて企画していた
ビリケン商会の企画。

まわりのメンコは漫画連載当時のものです。
シート物をピックアップしてみましょう。

2014_0323_172931-DSC02217.jpg
2014_0323_173003-DSC02218.jpg
少年探偵王 メンコシート       (メーカー不明)

あれっ 少年探偵?
まぼろし探偵のパチもの?と
思った方もいるかと思いますが
連載当初は「少年探偵王」のタイトルだったのです。

2014_0323_173626-DSC02223.jpg
「少年探偵王」 少年画報付録  少年画報社 昭和32年6月発行より
桑田次郎

初期の頃の付録本表紙です。

このあと二丁拳銃になったりマフラーが変わったり
実写版になると拳銃が電波ピストルに。
さらにオートバイからまぼろし号(空飛ぶ自動車)へと
パワーアップしていきます。

漫画版の付録本表紙絵は秀逸な画が多く
機会があれば表紙絵だけの特集もやりたいところです。


スポンサーサイト

買い物時に自慢げにポケットから出したものです

Posted by モロズミ・ダン on 10.2014 生活・文化 1 comments 0 trackback
2014_0309_215436-DSC02196.jpg

今週の12日は
「財布の日」のようです

語呂合わせで3.12で「サイフ」
よくあるパターンですね

今日は昭和の子供向け財布アップしてみましょう。


2014_0309_220751-DSC02202.jpg
W3(ワンダースリー)財布    ㈱加賀屋
「W3」 手塚治虫/手塚プロダクション

虫プロのアトム、ジャングル大帝に続いて
TVアニメになった人気作品。

私は小学1年生だったと思いますが
特撮のはしりであった「ウルトラQ」と
時間帯がかぶっていてどっちも見たくて
困った記憶が。
ダイヤル式のチャンネルつまみを
頻繁にガチャガチャやって
よく怒られました

2014_0309_213606-DSC02188.jpg

ガマぐちと言われるタイプ
W3の隊長のボッコ(ウサギ=宇宙人)の
金メッキ人形付であるところが購入意欲を
急激に高めます。

こんなカッコイイ財布を手にいれたら
駄菓子屋で買い物する時など
わざと友達に見えるように
自慢げに取り出したいところです。


続いても虫プロで

2014_0309_220556-DSC02199.jpg
マグマ大使 コインパース    ㈱加賀屋
「マグマ大使」 手塚治虫/手塚プロダクション

実写版としてTV特撮ドラマをやってましたが
欠かさず観てました。
小二の頃昭和41年ですか。

2014_0309_214052-DSC02192.jpg

悪者のゴアの手先であった
人間モドキが怖くて
もしかしてうちのお父さんも
人間モドキとスリ替わっているのでは
と心配したものでした。

2014_0309_214436-DSC02193.jpg
「W3」 手塚治虫/手塚プロダクション
「マグマ大使」 手塚治虫/手塚プロダクション

もちろんベースになっていた漫画も
しっかり読んでいました。


次にもう少し古い
昭和30年代の財布を見てみましょう。

2014_0309_215230-DSC02194.jpg
あたりのたのしみ      ミヤマ

冒頭のアップ画像は
この台紙のヘッダー部分の拡大したものです。

台紙右上にある象のイラストの引き束に
当たりの等数が記してあって
もらえる財布類が決まります。

ビニール製品が一気に拡販され始めた
昭和30年代初期のものではないかと思います。

2014_0309_215702-DSC02197.jpg

こけしや犬などのイラストをあしらった
コインパースや
時代劇スターのメンコ入りの
パスケースなどが当たります。
これらは当たりの部類。

はずれは
無地の小さなコインパースです。

2014_0309_215757-DSC02198.jpg

一番下の幅30cm近くある大きな袋を
さげて広げると「特賞」でした。

特賞
といっても
ただのホック付きの塩ビのケース(袋)ですが・・・
(現在の100均のものより粗悪?)

まあ当時はビニール製と言うだけで
新しい人気の素材だったのでしょう。

今となっては
パスケースに入っている面子が
一番価値があるのではないかと思われます。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。