スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページをめくるとワクワクの世界が広がった

Posted by モロズミ・ダン on 27.2014 その他・定番 0 comments 0 trackback
ゴールデンウィークに突入しましたね。
祝日、記念日が続きますが
GW終盤の5月5日は「こどもの日」なんですが
そのほかにも
「オモチャの日」や「こどもに本を贈る日」でもあるようです。

こどもに最初に贈る本といったら
絵本が思い浮かんできます
ですので今日は
絵本をもとに
それに関連する玩具を取り上げてみましょう。

2014_0427_163911-DSC02256.jpg
保育えほん「おあそび」    定価30円   画:国保広治    ㈱永晃社   

GWは
たっぷり遊べる時間があったでしょう
それにぴったりのテーマの絵本がありました。

価格からして昭和30年前後のものではないかと。
何ページかみてみましょう。


2014_0427_164000-DSC02257.jpg
保育えほん「おあそび」 つみきあそび   画:国保広治  ㈱永晃社   

誰もが一度は夢中になった積み木遊び
当時は木製でした。

同時代の積木玩具はこれを取り上げてみました。

2014_0427_165232-DSC02271.jpg
2014_0427_165339-DSC02272.jpg
「つみきあそび」 (ガレージ積木)         ミツフジ

木製の積木パーツには
テンプレートで柄が着色されています。

建物や車の形なんかもあって
ジオラマ的な遊びもできます。

また遊び終わったら
箱の中にピッタリと収納できるかどうか
知育パズルの要素も盛り込んでいるようです。

箱裏には当時の130円の値札が付いてました。

続いては


2014_0427_164156-DSC02259.jpg
保育えほん「おあそび」 でんしゃごっこ   画:国保広治  ㈱永晃社

ごっこ遊びの定番のひとつでしたね。
これまでも電車ごっこ用の玩具は多数紹介してきましたが
まだまだアップしてないものあります。
今日はこれを。

2014_0427_165442-DSC02274.jpg
2014_0427_165746-DSC02276.jpg
「きっぷあそび」   (メーカー不明)

井桁にHのマークですが
昭和の玩具メーカー一覧を見てもメーカーがわかりません。

改札鋏がプラではなくブリキ製なので
昭和30年代中頃までのものでしょう。

各種切符綴りもたくさんセットされています。


2014_0427_164305-DSC02261.jpg
保育えほん「おあそび」 すなあそび   画:国保広治  ㈱永晃社

昔の公園には必ずありましたお砂場。
幼稚園~小学校低学年時は
毎日のように砂遊びしてました。

玩具も寄せ集めてみました。

2014_0427_171747-DSC02291.jpg
砂遊び、水遊び用玩具各種

砂遊びにはジョーロは欠かせなかったですね。
砂を水で湿らせて
団子を作ったりトンネルを作ったり
砂を固めるのに重宝しました。

続いては

2014_0427_164244-DSC02260.jpg
保育えほん「おあそび」 おにんぎょうあそび   画:国保広治  ㈱永晃社

女の子の定番おあそび。
箱絵がいい感じだったので
この玩具も持ってました。

2014_0427_165832-DSC02277.jpg
2014_0427_170231-DSC02281.jpg
「ベビールームとお人形」           オオサカ・ナワタ

冷蔵庫やベッドなどのミニチュア家具と女の子のお人形のセット。
家具など全部取り出して箱を立てると
箱の底がお部屋の背景になっています。

       2014_0427_172719-DSC02295.jpg

お人形が横を向いていたので
サイドからアップしておきました。
全長10cm位のちっちゃな女の子人形です。


最後に裏表紙を

2014_0427_170329-DSC02282.jpg
保育えほん「おあそび」 (裏表紙)   画:国保広治  ㈱永晃社

男女ともに楽しめたお医者さんごっこですね。
度が過ぎると怒られましたが。

2014_0427_171943-DSC02293.jpg
「ドクターセット」       (メーカー不明)   


STマークが付いているので
昭和46年以降のもの。

幅23cmの小さな箱に
聴診器、メス、時計、かばん、薬、水枕など盛りだくさん
隙間なくコンパクトにセットされています。


さて
GWと言えば昔も行楽のシーズン。
子供のいる家庭はここが一番の人気スポット
だったのではないでしょうか。
絵本をもう1冊。

2014_0427_164754-DSC02267.jpg
とびだすえほん「ゆうえんち」   画:六郷好見  定価50円   信宏社

かるたやメンコで有名だった信宏社
絵本も出していたんです。

会社の電話番号がたった3ケタ
こんな昔からあったんですね飛びだす絵本が。
何ページが連続してアップしてみます。

2014_0427_164954-DSC02268.jpg
2014_0427_165042-DSC02269.jpg
2014_0427_165140-DSC02270.jpg
とびだすえほん「ゆうえんち」   画:六郷好見   信宏社

観覧車、ゴーカート、ウォーターシュートなどは
遊園地でもあこがれの人気アトラクションだったと思いますが
取り上げる題材としてシーソーはどうなんですかねっ。
どこの小さな公園にもあったような気がしますが・・・

実用新案出願中となっているので
飛びだす絵本のようなポップアップは
当時としては出始めで
斬新だったのでしょう。

2014_0427_172406-DSC02294.jpg
遊園地系玩具各種      (メーカー不明)

本日最後に
遊園地イメージとしてブリキ製玩具を。
ゼンマイでエアカーが上下しながら回転するギミックです。

スポンサーサイト

消費税なんて無かった時代のお買い物

Posted by モロズミ・ダン on 13.2014 ごっこ遊び 4 comments 0 trackback
4月より消費税増税で
中途半端な税額のため計算面倒になりました
お財布の小銭も増える傾向で
私のお腹のように少々ぷっくり気味で困っております。

今の子供達はお店屋さんごっことか
するのでしょうか。
そこでも消費税含みでやったとしたら
結構面倒な遊びになっちゃいますね。


さてさて今日のテーマですが

今から62年前(1952年)の4月
京橋駅前に「京阪スーパーマーケット京橋店」が開店しました。
これが日本で初の「スーパーマーケット」と名の付く最初の店舗
だったそうです。

今日は「スーパーマーケット」特集と言うことで・・・

2014_0413_124046-DSC02232.jpg
社会科玩具シリーズ 「スーパーマーケット」(箱絵部分)  ㈱増田屋コーポレーション

私が小学生だった昭和40年頃は
埼玉県大宮市郊外に住んでましたが
周りはまだ田んぼや林ばかり。

唯一賑やかだった大和田銀座通りにも
スーパーマーケットのような本格的な商業施設なんて無く
一見、総合商業施設かと思いきや
ひとつ屋根の下は乾物屋さんを中心とした個人商店が
4~5店舗集まっただけのものしかなかったように
記憶してます。

なので
女の子が遊んでいた「スーパーマーケット」ごっこの
箱絵なんかを見ると
欧米風で大きくてお洒落なお店に
また食べたことない目新しい食品も山積みになっていて
早く家の近くにもできないかなぁ
なんて思いにふけたものです
食いしん坊だったもので(今でもですが)

2014_0413_123339-DSC02224.jpg
社会科玩具シリーズ 「スーパーマーケット」  ㈱増田屋コーポレーション

マスダヤの社会科玩具シリーズは
これまでにもごっこシリーズのカテゴリで
たくさん紹介してきましたが
個人的に一番好きなのが
この「スーパーマーケット」

女の子に誘われて
実際に遊んだ思い出もあることも高いポイントなんですが
子供心にも「スゲーぇな」と思わせた
食品パッケージの出来栄えの素晴らしさに
大きな魅力を感じます。


2014_0413_123439-DSC02225.jpg
社会科玩具シリーズ 「スーパーマーケット」(箱の中)  ㈱増田屋コーポレーション

実在のパッケージをそのまま摸した
ミニミニサイズの品々
いつもより
細かくアップしてみましょう。

2014_0413_123537-DSC02226.jpg
2014_0413_123552-DSC02227.jpg
2014_0413_123629-DSC02229.jpg
2014_0413_123653-DSC02230.jpg
2014_0413_123844-DSC02231.jpg
社会科玩具シリーズ 「スーパーマーケット」(部分)  ㈱増田屋コーポレーション

どーですかこの出来栄え
おなじみの一流メーカーの食材が盛りだくさん。
本物そっくりで
リアルなスーパーマーケットごっこが楽しめました。
リアルすぎてごっこの途中でお腹がすいちゃいます。

スーパーマーケット独自の備品のひとつに
ショッピングカートがありますが
これも玩具として商品化されていたんです。

2014_0413_124212-DSC02233.jpg
モダントイ  ㈱増田屋コーポレーション

これもマスダヤ製で
ごっこ遊びのために徹底した企画力を発揮してます。

外装ビニールで見づらいので
開封してみました。

2014_0413_125007-DSC02234.jpg
モダントイ  ㈱増田屋コーポレーション

フレームが細いので
何カ所か折れちゃってますが
それ以外はきれいな状態で残ってました。

2014_0413_125446-DSC02236.jpg
モダントイ  ㈱増田屋コーポレーション

下カゴの中には
フルーツがたくさん
そして上カゴには
「スーパーマーケット」同様
リアルパッケージの食材があって
縮尺も同じなので
この玩具2種あれば完璧な「ごっこ」
になったでしょう。


ここまで
ちゃんとしたメーカー物玩具を紹介しましたが
当ブログは一応駄玩具探究
なので駄菓子屋物もアップしましょう。

2014_0413_125952-DSC02237.jpg
「スーパーマーケットあそび」 5円売  東海玩具

吊り下げ台紙に30袋付き
1袋に3枚の商品シートが入ってます。
マスダヤのごっこシリーズがなかなか買ってもらえなかった場合
このような安価版でとりあえず我慢していたのでしょう。

       2014_0413_130709-DSC02240.jpg
       2014_0413_130958-DSC02242.jpg

本来スーパーマーケットには置いていない
おもちゃ関連もラインナップしてますが
駄玩具なのでご愛嬌。

2014_0413_131313-DSC02243.jpg
2014_0413_131717-DSC02244.jpg

もちろん定番の
「のりたま」や「味の素」「ハウスのコショー」
なんかもしっかり揃えてますが
コショーと味の素で500円は
当時の物価からすると高くないですかね?
出始めで高級品だったのだろうか。


スーパーマーケットではないのですが
お買いもの系の
駄玩具系をもう一つ

2014_0413_131831-DSC02245.jpg
おかいものあそび (台紙ヘッダー部分  メーカー不明)

美男子の八百屋のお兄ちゃんに
勧められるがまま
かぼちゃを買ってしまおうかとはにかむ
若奥さんの図でしょうか。

2014_0413_131924-DSC02246.jpg
おかいものあそび (台紙ヘッダー部分  メーカー不明)

1袋にショッピングバッグ2個と野菜と果物
後ろの方に紙幣数枚がセットされています。


さて最後に
スーパーマーケットに関する
当時の背景がわかる資料などないものかと
書庫を探しておりましたが
いつも引用する小学生向けの「科学クラブ」や「社会科クラブ」
には見当たらず
まっいっかな
と思ってたところ
別の雑誌にありました。

2014_0413_132639-DSC02249.jpg
「画報 科学時代」 生活の驚異  表紙より  ㈱国際文化情報社 昭和34年2月発行 

私の生まれた年に発行された
古~い雑誌です。
(古本独特の臭いが強めで

ここに当時のスーパーマーケットらしき
(一部違うかも?しれませんが)
画像がありましたので参考資料として。

2014_0413_132756-DSC02250.jpg
2014_0413_132854-DSC02251.jpg
2014_0413_133221-DSC02254.jpg
「画報 科学時代」 生活の驚異 より  ㈱国際文化情報社 昭和34年2月発行

缶詰売場、生鮮野菜果実売場、パン売場と
どこも種類豊富で山積み陳列
大量消費時代に入りつつある時期と言えたのかもしれません。
詳しい表記がありませんが表紙とパン売場はもしかしたら
百貨店かもしれません。

そして豊かになってきた食生活のサンプルとして
次のような画像もあったのでついでに

2014_0413_133558-DSC02255.jpg
「画報 科学時代」 生活の驚異 より  ㈱国際文化情報社 昭和34年2月発行

当時まだ使ったことのない
ナイフやフォークの洋食器類もあって
興味津々でした。
今見ると
あまりおいしそうに見えないのですが
他にも
このような写真(をトレースしたイラスト?)は
婦人雑誌の付録にもよくお料理特集が組まれた時に
使われてました。

いつも腹ペコだった私は
垂涎の思いでよく眺めたものです。
「どーしてうちのかーちゃんはこーゆーの作らねえんだ」
と嘆きながら。


この「画報 科学時代」
小学生には少々難しい内容でして
中学生か高校生以上が対象でしょうか。

全20巻あるようですが
すべて「〇〇の驚異」とのタイトルで特集が組まれてました。

他にも興味深い特集が結構あるので
またの機会に紹介できればと思ってます。

2014_0413_132551-DSC02248.jpg
「画報 科学時代」 より  ㈱国際文化情報社 





 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。