スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わりのドタバタ劇

Posted by モロズミ・ダン on 24.2014 工作 0 comments 0 trackback
小学生だった毎年この時期
とても憂鬱でした。

夏休みもあと数日の状況にもかかわらず
まだほとんど宿題終わってないじゃないですか。

親からは
「隣のケイスケ君なんかちゃんと7月中に終わらしてるよ」
とか
「ギリギリまでできない子は将来ろくな大人になれないよ」
なんて言われてましたが
残念ながらその通りに。

大人になった今でもその傾向は直ってないけど
いつもなんとかつじつま合わせもできるので
「ギリギリマスター」とでも名乗れば
かっこつくかなと思っております。

当時
宿題としては
工作、自由研究(観察)、作文(読書感想文)、絵日記
などがあったんですが
今日はその中から「工作」をテーマにしてみたいと思います。

昨年、船や車など乗り物系木工作を特集した「プラモデルの原点といえる存在」
をやりましたが
今回は工作の中でもド定番の貯金箱系を集めてみました。
昭和30~40年代のものです。

2014_0824_165357-DSC02575.jpg
貯金箱木工作各種

パッケージの側面ひとまとめの画像です。
ひとつずつみてみましょう。


       2014_0824_164039-DSC02567.jpg
       「かぎのついてる金庫の貯金箱」  イマイ科学

学校工作教材となってます。
パッケージの側面には「作り易い」と書かれてますが
同封されてた説明書を見る限り・・・

img026.jpg
「かぎのついてる金庫の貯金箱」  組立説明図  イマイ科学

結構難しいですよこれ。
大人でも勘合にテクニックが必要でしょう。

続いては

       2014_0824_162846-DSC02555.jpg
       「動く風車模型」  イマイ科学

別売りのモーターを用意して作るキット。
滑車の原理を学ぶことから理科工作教材となってます。

中身を見ておきましょう。

2014_0824_163638-DSC02563.jpg

パーツの識別力がないと
まったくやる気が起きないですよね。

すみません
これは貯金箱ではありませんでした。


では風車系貯金箱を

       2014_0824_163956-DSC02566.jpg
       「風車の貯金箱」  イマイ科学

この頃は
風車系は人気があったようで
学習雑誌なんかにもよく取り上げられてました。

2014_0824_160851-DSC02540.jpg
「子供の科学」   誠文堂新光社  昭和36年発行より

2014_0824_170128-DSC02578.jpg
「子供の科学」   誠文堂新光社  昭和36年12月号より

毎号工作用の大判図面が綴じ込み附録になっていて

       2014_0824_170034-DSC02576.jpg
       「子供の科学」   誠文堂新光社  昭和36年12月号より

この号はオルゴール付の風車模型工作の特集。
読んでみるとこれも結構難易度が高く驚きが。

ふたたび貯金箱に戻ります。

2014_0824_163900-DSC02565.jpg
「私達の貯金箱」    ABK

おうち型の貯金箱です。
側面のキャッチコピーで「良い子の友達」とありますが
このおうちがでしょうか?
それとも
おうちの前にいる牛がっ?

現在でも芯材と紙粘土で作るハウス貯金箱は
定番なのでしょう量販店などでよく見かけます。
昔から今に至るまで根強い人気があるんですね。

おうち型をもう一つ

       2014_0824_163836-DSC02564.jpg
        「かぎのついてるモデルハウス貯金箱」  イマイ科学

モデルハウスと題したところがポイントでしょうか。
もしかしたらモデルハウスが登場し始めた時代で
最新のデザインの象徴としてわかりやすいタイトルだったのでしょう。
平屋ですけど。

どんどんいきましょ。

       2014_0824_162529-DSC02553.jpg
       「かぎのついてるトランジスターラジオ貯金箱」  イマイ科学

一瞬
本物のラジオを製作するキットと勘違いしそうですが
外観だけ。
これも木製の貯金箱工作です。
ならばトランジスターなんてまどろっこしく書かないでと
早とちり気味の人は思ってしまいますね。
    

最後はこちら

       2014_0824_162627-DSC02554.jpg
       「かぎのついてるポストの貯金箱」  イマイ科学

かぎのついてるシリーズ
なかなかいいところ押さえてます。
貯金箱としてはこれも定番。

でもこの箱型ポストの形
昭和40年前後の昔にあったかな
この時代は円柱形のものだったのでは
と思ってたところ
先程まで参照していた「子供の科学」に
たまたま載ってました。

2014_0824_173542-DSC02586.jpg
「子供の科学」   誠文堂新光社  昭和36年12月号より

昭和36年の時点では
箱型がすでに登場していて
円柱型と混在していたようです。


ここまで紹介した木工作ですが
価格表示が付いてなくて
実際の売価がわからなかったのですが
「子供の科学」の巻末に木工作キットの広告があったので
参考までに。

img028.jpg
㈱科学教材社 広告

本物のラジオを作るキットが
その掲載スペースの大きさと位置から
流行していたことが分かります。

木工作の部分がわかりにくかったので
拡大します。

       2014_0824_180717-DSC02587.jpg
㈱科学教材社 広告

おおむね50円~100円ぐらいが相場だったようです。

このような木工作キットは
学習要素も含まれていたので
駄菓子屋ではなく
小学校前にあった文具店に
豊富に揃えられていました。

木工作もいいんだけど
当時
大流行で広がりを見せていたプラモデルも目が離せなくて
夏休みの全校登校日に
先生におもいきって聞いてみたんです。
「あのっ夏休みの工作の宿題はプラモデルでもいいですか」

子供心にも愚問であることはうすうすわかってましたが
「駄目ですっ」
怒られたかのように恐い目で言われ
首をすくめたことを憶えてます。

2014_0824_194041-DSC02588.jpg
昭和40年前後のプラモデルいろいろ


この時期
「さあプラモデルは一時棚上げし
木工作の宿題片づけなきゃ」
とつぶやいていたかもしれません。



スポンサーサイト

グルグル回し過ぎて怒られました

Posted by モロズミ・ダン on 10.2014 企業物・販促 2 comments 0 trackback
お盆休み目前ですが
例年この時期
我が家には
はるばる地方から親戚がやってくるのです。

客用の寝具を干したり掃除をしたり
食品や飲み物などを買い出ししたり
結構忙しい休日に
それはそれで当たり前のことでして
さして苦ではないのです

問題がひとつ

いつもブログアップしている駄玩具などは
段ボールに入れて納戸に積み上げていて
そこから
セッセと引っ張り出してくるんですが
今日は入れないではないですか。

なぜなら
客間やそのほかに散乱している駄玩具や資料本など
来客滞在中のお盆期間は
とりあえず納戸の入口付近に
ぶち込んでいるのです目いっぱい。

本来ですと
今日あたりの時節柄テーマとして
「終戦記念日」で0戦ものとか
水遊び系とか夏工作なんかを
やるところですが全部納戸の奥の奥に在ります。

そこにたどり着くまで段ボールの置き換え、移動を行うことは
冷房のない納戸地獄ではあまりに過酷
たぶん死を覚悟することとなるでしょう。

1週先にパスすることも頭によぎりましたが
いやいや
変な使命感が勝りまして
いつでも出は入りができる
コレクション部屋(主に書籍)にあるものでやってみようか
と思いついたわけです。
陳列してあるそのままの写真撮れば楽だし。
なおかつ冷房あるし。(楽な使命感でした)

言い訳がかな~り長くなりましたが
今日のテーマは時節柄とまったく関係なく

「お菓子の吊り下げ什器」特集です。

2014_0810_160928-DSC02520.jpg

不二家のお菓子用です。
大人気のミルキーとか掛けていたものです。
こういったお菓子の什器は
駄玩具を飾るといい雰囲気になるので
見かけたらついでに集めていました。

2014_0810_161345-DSC02521.jpg

昔のミルキーの箱は
目のところが半立体で
揺すると中の黒眼がキョロキョロ動きます。
ぬいぐるみでよく使われる動眼と呼ばれるもの。

2014_0810_183729-DSC02538.jpg

高さ約30cmのカウンター用「ペコちゃん」
お菓子の什器の近くには
いつも彼女が微笑んでましたよね。

お次は

2014_0810_155555-DSC02518.jpg

フルタ製菓のタマゴチョコ用。
下のネットポケットに商品を入れていたのですが
どんなお菓子だったか記憶にありません。
適当に駄玩具入れて飾っております。

ネット系の吊り下げ什器は
省スペースで沢山の商品を入れることができたので
よく見かけましたね駄菓子屋では。

2014_0810_162102-DSC02524.jpg

こんな感じのやつです。

キャラクター系のものでもありました。

2014_0810_163919-DSC02532.jpg
「どろろ」手塚治虫/手塚プロ

古谷製菓どろろシリーズ・キャラメル、ガム、チョコレート
アトムのような知名度はないのですが
個人的には大好きな作品で
少年サンデーの連載、毎週楽しみに読んでました。
お菓子の商品化もされていたようですが
あまり拡販されなかったのでしょう。
記憶がほとんどありません。

どんどんいきましょ。

2014_0810_154710-DSC02514.jpg

瑞光ドロップス用。

これも瑞光のお菓子ではないのですが
適当に当時のお菓子を吊り下げてみました。

2014_0810_163503-DSC02531.jpg

リング型の吊り下げ什器3種。

このリングを勢いよく回して
お店のおばちゃんに
よく怒られました

下二つは瑞光ドロップス用。
いちばん上は
東京ガム用。
「よい菓子、よいおもちゃ」
と書かれているのでたぶん
食玩用の什器だったのでしょう。
食玩と言っても
昭和30~40年代の食玩って

2014_0810_225702-DSC02539.jpg

こんな感じのものでした。
これは東京ガム製ではなく
森食のピストル+ガム
福澤のブリキボート+スイートキャンデー

今みたいにガムや飴が一粒ではなく
ちゃんと一箱入ってました。

続いては

2014_0810_162708-DSC02527.jpg

森永ビスケット用。
箱ものが置けるような
ワイヤーの枠が下がってます。
最上段にディスプレイ用(大箱)の森永キャラメルを
それ以下の枠には日光写真の外箱を並べて
陳列してます。


サクサクいきましょ。

2014_0810_162931-DSC02528.jpg
「鉄腕アトム」手塚治虫/手塚プロ

明治 鉄腕アトム乳菓用。
人気キャラのPOPがあると
やはりひと際
目立ちましたね。

2014_0810_163017-DSC02529.jpg

この顔の部分
入手した時は
擦れ跡がひどくハゲていたのですが
裏打ちやタッチアップなどして
補修しました。(自慢デス)

吊り下げているものを
いくつかみてみましょう。

2014_0810_163106-DSC02530.jpg
「鉄腕アトム」手塚治虫/手塚プロ

当時、アトムキャラメルを買うと
アニメフィルムが1枚おまけで入ってまして
同封の引換券を送ると
このアトムスコープ(先端にレンズ付)
がもらえました。
このスコープにおまけのフィルムを装着すると
鑑賞できたわけです。

どんなフィルムだったかは
また別の機会に。

       2014_0810_165439-DSC02534.jpg

これは明治モデルチョコレートに印刷してある
クーポン券3枚を集めて送るともらえたバッジです。

img025.jpg
「鉄腕アトム」手塚治虫/手塚プロ

光文社の漫画誌(カッパコミクス)
「鉄腕アトム」の裏表紙にも
広告をしばしば見かけました。

「お友だちの間でひっぱりダコまちがいなし」
と書かれていましたが
50年近くたった今も
マニアの間ではひっぱりダコになっています。


 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。