スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しき「〇〇んぼ」なキャラたち:4

Posted by モロズミ・ダン on 23.2015 ブーム・流行 0 comments 0 trackback
ここまで
〇〇んぼなキャラたちの
お土産こけし系や玩具
企業キャラを中心にアップしてきた。

4回目の今日は
こういったキャラが生まれた起源を
漫画など通じて時代を溯ってみてみたい。

       2015_0830_142530-DSC03258.jpg
       ぼうけんくろんぼとう  小学二年生別冊付録 ㈱小学館 昭和36年10月発行 
       大友朗       

作画は「日の丸君」で有名な大友朗氏。

ダッコちゃんブームとほぼ同時に
開始している。

まだ差別的な論調・運動が起こる前の時期で
タイトルからしてスバリど真ん中。
学年誌の付録としてに何の違和感もなく
発行されていた。

2015_0830_142614-DSC03259.jpg
 ぼうけんくろんぼとう  小学二年生別冊付録 ㈱小学館 昭和36年10月発行 
 大友朗       

くろんぼたちが
アイデアを駆使しながら
奇想天外に冒険を繰り広げるギャグ漫画。

勿論
差別的な要素は一切感じられず
むしろ
くろんぼたちの高い知恵と前向きな冒険心が
学童教育の中でも有効なキーワードになる
位置づけになっているようだ。

巨匠、手塚治虫先生の作品にも
よく黒人が登場したが
特に草創期の作品には欠かせないキャラ
であった。

       2015_0830_142752-DSC03261.jpg
       新寶島 完全復刻版 ㈱小学館 2009年3月発行
       手塚治虫/手塚プロダクション・酒井七馬

オリジナルは昭和22年1月発行
戦後漫画を語る上で外すことができない
その起源となっている幻の大作だ。

2015_0830_142730-DSC03260.jpg
新寶島 完全復刻版 ㈱小学館 2009年3月発行
手塚治虫/手塚プロダクション・酒井七馬

本編の一コマであるが
当時の典型的なくろんぼが登場している。

この新寶島に限らず
著作者に差別的な考えはなくとも
野蛮で原始的な容姿や行動イメージの強さが
残念なことに後に大きな誤解へと繋がっていたようだ。

いわゆる
黒人に対するステレオタイプで描写された物への
排斥運動である。

絵本の「ちびくろサンボ」
カルピスのトレードマーク(登録商標の使用差し止め)
藤子プロの「オバケのQ太郎」や「ジャングル黒べえ」
玩具の「ダッコちゃん」
など
販売・出版の中止に追い込まれた例は
数えきれない。

その後、出版社やアニメ制作会社などでは
作品に黒人自体を出すこと自体をタブーとし
自粛した。


ではくろんぼキャラは
いつ頃から登場していたのだろうか。
所有する資料の中で
いちばん古いのはこれだ。

2015_0923_151317-DSC03296.jpg
猛獣狩りゲーム
島田 啓三

奥付がなくて発行年月が不明だか
戦前の双六だ。

2015_0923_150452-DSC03290.jpg
2015_0923_150504-DSC03291.jpg
2015_0923_151034-DSC03293.jpg
猛獣狩りゲーム
島田 啓三

プレイヤーは
くろんぼたち。
くろんぼと猛獣しか出てこない双六だ。

実はベースになる漫画画あって

       2015_0923_151109-DSC03294.jpg
       猛獣狩りゲーム 裏面の1部より抜粋
       島田 啓三

タイトルは
「冒険ダン吉」

昭和8年より14年まで
大日本雄弁会講談社(現:講談社)の「少年倶楽部」掲載の
連載漫画。

どんなお話かというと・・・
日本人の少年・ダン吉がネズミのカリ公が釣り舟で遭難し
はるか南の島に漂着。
そこで出会った蛮公(島の先住民)に捕らえられるが
カリ公の機転もあって蛮公たちから王として
尊敬される存在となり
次々と文明化社会を打ち立てていく展開となる。

そのストーリー展開が
海外領土の開拓を政策的に推進した時代背景と
重なったこともあり
既に国民的な人気を博していた「のらくろ」と
人気を二分するまでのヒット作品になった。

双六はおそらく
当時の「少年倶楽部」の付録ではないかと思う。
(物自体は傷みが少ないので
戦後に復刻?再販?された可能性もあるが)

それにしても
圧倒的な人気を誇っていたであろう
ダン吉が双六には不在であるのだ。
(裏面はダン吉ゲームがあるが2色刷りで格下げ扱)

くろんぼたちだけで
主役がしっかり勤まるくらいの
人気の実力者だったんですね。
彼らは昭和の初期から頑張っていたのです。

ちなみに漫画の中での
くろんぼたちの名前は
蛮公1号、蛮行2号
など
番号を付けて呼ばれていた。
しかも「ばんこう」である。

となりに若者がいたら
「それってマズくねぇ」
と言われそうだ。

まだそんな設定に誰も疑念すら懐かず
社会的にも全く問題なく許容されていた。

くろんぼたちににとっても
活き々と動き回り
とても住みやすい時代だった
のかもしれない。


次回は10月第1週頃に
仮題「まだまだあります〇〇んぼなキャラたち」
を予定。
スポンサーサイト

愛しき「〇〇んぼ」なキャラたち:その3

Posted by モロズミ・ダン on 14.2015 ブーム・流行 2 comments 0 trackback
〇〇んぼなキャラ3回目は
あの一世風靡した
昭和を代表する玩具
ダッコちゃん(+パチ物)を。

2015_0830_132932-DSC03233.jpg
ダッコちゃん 空気ビニール人形  
宝ビニール工業所(⇒㈱タカラ⇒現:㈱タカラトミー)

昭和35年生まれ
私より一つ下だから
現在は55歳。

ダッコちゃんは愛称で
マスコミなどで
取り上げられるうちに定着した。

当時
子供だった人は
ほとんどが
「私もこれ持ってた」
と言う商品ではないかと。

初年度で200万個をはるかに超える売り上げで
1960年を代表する大ヒット商品となったのだ。

人気ゆえ
店頭の在庫切れもしばしばおこり
それに呼応するかのように
パチ物もかなりの数が出回ったようだ。

       2015_0830_134116-DSC03237.jpg

これなんかそうでしょう。
空ビではなくソフビでできているが
塗りが雑で
子供が見てもそれとわかるレベル。

でも
まだ持っていなかった人には
「これでもまぁいいか」
と妥協したことでしょう。

中には一見
本物かと思わせるものもあったようだが
当時偽物には真似のできない
目の部分に決定的な特徴があった。

下の画像マウスオンで変化

2015_0906_180534-DSC03275.jpg
ダッコちゃん 空気ビニール人形  
宝ビニール工業所(⇒㈱タカラ⇒現:㈱タカラトミー)

ダッコちゃんのチャームポイントの一つとして
大きなまん丸の瞳があげられるが
ここに新しい技法が施されていた。
レンチキュラーシートと呼ばれるシート(印刷)が採用され
見る角度をちょっと変えると
目を閉じたり開いたり
柄がチェンジするものだ。

これはまだ当時走りで
簡単に真似ができなかったようだ。

この技法
後に「ステレオスコープシール」と題して
鉄人28号やパピィのお菓子のおまけなどとしても
大人気になった。

2015_0830_154712-DSC03268.jpg
メカニカル メリーゴーランド

タカラやダッコちゃんの文字が
どこにもない。

中は

2015_0830_134008-DSC03236.jpg

ゼンマイで動く
ブリキ製の観覧車タイプ。
メリーゴーランドとは言えないアバウトさだ。
おそらく正規品がありそれを模倣して作られたものだ。

2015_0830_145221-DSC03264.jpg

セルロイド製の約4cmのミニタイプ。
リングを手首にはめてダッコちゃん?を
引っかけて飾るものだと思う。
勿論正規品ではなく
駄菓子屋などで
こっそっりと大量に売られていた
駄玩具だ。

2015_0830_145322-DSC03266.jpg

わが家では
電飾の東京タワープラモデルに
抱きつかせている。

昭和を演出するにはかかせない
とてもよい雰囲気の出るキャラだ。


次週
今回のテーマのまとめとして
追記させていただきたい。



愛しき「〇〇んぼ」なキャラたち:その2

Posted by モロズミ・ダン on 06.2015 ブーム・流行 0 comments 0 trackback
先週の続きを。

「くろんぼ」のように
語尾に「〇〇んぼ」とつく言葉を拾ってみると

「甘えんぼ」「おこりんぼ」「きかんぼ」
など~坊の短縮形や
「さくらんぼ」「あめんぼ」
など小さな生物などをあらわすなど
いくつかのパターンがあるようだ。

新しくは「美味しんぼ」のように使われることもある。

以上
総じて親しみのある愛称となっているようだ。
「くろんぼ」も同じく
親しみのある愛しきキャラクターとして
位置づけられるのではないか
と思う。

今日はお気に入りの
企業系くろんぼキャラを紹介したい。

2015_0906_205018-DSC03276.jpg
オリエンタル坊や© Oriental Co.,Ltd All Rights Reserved

ご存じ
オリエンタル坊や
「〇〇んぼ」調に言い換えると
「おりんぼ」となるかな?

発売から約70年経った今でも
少しも色あせない魅力的なキャラクターだ。
永遠の「いい顔」
と言っていいだろう。

オリエンタル
© Oriental Co.,Ltd All Rights Reserved(パッケージデザインは昭和37年頃のもの)

オリエンタルカレーは
昭和20年の登場から現在に至っても
愛され続けている超ロングセラー商品。

発売当初から
オリエンタル坊やはこの超人気商品とともに
歩んできたのだ。

2015_0906_221309-DSC03277.jpg
オリエンタル坊や© Oriental Co.,Ltd All Rights Reserved

㈱トーイズが復刻したもので
高さ約22cmのカウンターサイズ。

どの角度から見ても
スタイリッシュでカッコイイ!

昔のドールによく見られた
首のジョイントがバネになっていて
ちょっとでも触れると
顔がゆらゆらするタイプだ。

2015_0830_135914-DSC03251.jpg
© Oriental Co.,Ltd All Rights Reserved

オリエンタルカレーと言えば
オリジナルのスプーンの存在も
忘れられない。
スプーンもまた
発売当初から販促品として登場。
何回かモデルチェンジを繰り返すも
現在も販売されているようだ。

このタイプのスプーン
小学生の頃
リアルタイムで使ってましたね。

当時はテレビCMやこのような販促品など
販売戦略も「がっちり」と展開していたため
子供にも大人気だった。
(TV番組「がっちり買いましょう」の
スポンサーでもあった)

     2015_0830_135343-DSC03245.jpg
© Oriental Co.,Ltd All Rights Reserved

先週紹介したこけしタイプと
同系のものあった。
どんなテイストに落とし込んでも
愛おしさは最上だ。


次週
オリエンタル坊やの少し後に登場した
ダッコちゃんを中心にアップしたいと思う。



 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。