スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金メンコ・銀メンコ:その2

Posted by モロズミ・ダン on 04.2012 メンコ 0 comments 0 trackback
前回に引き続き、オリンピックにちなんでメダル色のメンコを。

2012_0729_162325-DSC00045_convert_20120729171213.jpg
決戦大怪獣玉カード          ㈱田辺玩具製作所

2012_0729_162422-DSC00046_convert_20120729171237.jpg
箱の中はウルトラマン系や映画で活躍した怪獣などが勢揃い

金と銀が混在しています。
翼竜系の怪獣はラドンか・・・と思いきやランド
誤植なのか・わざとなのか謎です。
まっラドンにはちょっと似てない気もしますんで
気まぐれかシャレっ気でつけたかな?
駄玩具ならではのよくあるネーミングですね。
でも他の怪獣名はそのままストレートです。

続いては・・・

2012_0729_162657-DSC00048_convert_20120729171249.jpg
銀 アートカンカン丸面子        東京小宮

2012_0729_163247-DSC00049_convert_20120729171304.jpg
鬼太郎、マイティジャック、アイマル1、どろろなどTV人気キャラ達

前回の赤影箱絵の面子の銀バージョンです。
総じて金に比べて銀のほうがピカピカ感がよく残っています。
それぞれ保存環境にもよるでしょうが
銀の顔料のほうが定着性が高いとか違いがあるのでしょうか。
今度調べなくては。

銀メンコはシート状のものも当時よく流通していて人気でした。
シート状のものは大小いろいろあって8枚・16枚・25枚などが
連なった状態で印刷され1枚になっているもの。
自分でハサミで切って使用しました。
(駄菓子屋のばあちゃんが店頭で切ってバラ売りしていたことも)

2012_0729_164412-DSC00052_convert_20120729171422.jpg
パピィ、ジェッター、鉄人、月刊漫画誌連載物など

写真では分かりにくいけど
銀メンコは印刷で版を分けて部分的に光らせているのではなく
シート全体が鮮やかにピカッています。
おそらく顔料ではなく、銀箔または銀の折り紙のような素材が
ベースになっているのではないかと。

今でも輝きは見事にピッカピカ・・・。
この高級感に子供はクラッと心を揺さぶられ、
駄菓子屋のばあちゃんの「早く買わんとなくなっちゃうよ」
の殺し文句でとどめを刺され、もう買うしかありませんでした。






スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/10-12ee9d74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。