スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の彼方にあった歴史的大イベント

Posted by モロズミ・ダン on 26.2014 ブーム・流行 0 comments 0 trackback
前回の東海道新幹線ひかり号同様
ちょうど半世紀前の1964年を語る上で
絶対外せない国際的なスポーツイベントが
東京でありました。

東京オリンピック1964

まだ5歳だった当時の私には
記憶の彼方の出来事でしたが
断片的ですが強烈な印象として残っています。

今日は
オリンピック系駄玩具や
当時大ブームだった切手を特集します。

2014_1026_153412-DSC02750.jpg
くまのマークのオリンピックゲーム   とみやま商事㈱

とみやま商事㈱はおそらく
後にプラレールで有名になった
㈱トミー(現・タカラと合併:タカラトミー)
の初期の社名だと思います。

2014_1026_154703-DSC02761.jpg

高さ約30cmの
玩具としては中型のタイプ。

今でも
下部のベルに玉が当たると
軽快で心地よい音が鳴り響きます。

2014_1026_153806-DSC02753.jpg

大人の遊具だったものを
子供用にしたパチンコ系玩具は
当時大人気。
しかも注目のオリンピック柄となると
誰もが欲しかったでしょう。
玩具店で売られていたものです。


続いては

2014_1026_154021-DSC02756.jpg
ウォッチ      (メーカー不明)

これも東京オリンピック前後に
作られたものだと思います。

2014_1026_172740-DSC02790.jpg

駄菓子屋で売られた
ブリキ製の腕時計。
長針・短針が同時に動く
チープなつくりのタイプ。

5円売りぐらいのものでしょう。


2014_1026_172705-DSC02789.jpg

時計自体は
それまでも売られていたものを流用し
台紙だけ
オリンピック柄にして
流行に合わせていたんですね。


お次は

2014_1026_220827-DSC02796.jpg
水出しくじ      (メーカー不明)

これも駄菓子屋もの。
定番だった水出しくじで
引き束から1枚引き抜いて水に浸けると
「当たり」などの文字が浮かび上がるもの。

これも1セット5円位だったでしょう。

2014_1026_155321-DSC02763.jpg

ちなみに1枚引いて水に浸けてみましたが
50年の経年でインクが飛んでしまっているのでしょう
何の文字も出てきませんでした残念!

おみくじタイプや等級が出るものなど
何種類かありました。


ここで資料を見ておきましょう。

2014_1026_222336-DSC02798.jpg
キンダーブック   ㈱フレーベル館 昭和39年9月発行より
画:吉沢廉三郎


初めて引用しますキンダーブック。
現在でも子供達に愛され
創刊87年のロングセラー誌です。

5~6歳用なので
当時リアルタイムで読んでました。

2014_1026_172824-DSC02791.jpg
キンダーブック   ㈱フレーベル館 昭和39年9月発行より
画:石田武雄

前半の大きな見どころ
開会式の風景もありますが
オリンピック開催前の9月発行なので
予想で描かれたものだと思います。

2014_1026_161020-DSC02778.jpg
キンダーブック   ㈱フレーベル館 昭和39年9月発行より
画:梁川剛一

人気種目が盛りだくさん
バレーボール女子日本チームは
「東洋の魔女」と言われていて
5歳の私には
妖怪のように怖い人たちなのか
と勘違いしておりました。

2014_1026_161313-DSC02779.jpg
キンダーブック   ㈱フレーベル館 昭和39年9月発行より
画:上田三郎

空から見た神宮の国立競技場と
スポーツ競技の聖地でした。

主要競技場の
駒沢競技場なども一緒に描かれています。

こんなスケールの大きいイラストを見せられたら
子供といえども興味・興奮をおぼえずには
いられなかったでしょう。

2014_1026_161345-DSC02780.jpg
キンダーブック   ㈱フレーベル館 昭和39年9月発行より
画:吉沢廉三郎

競技そのものや施設・会場にも
おおきな関心を持ちましたが
子供にとって
どうしても手に入れてみたかったもの
金メダルでした。

その欲求をちょっとだけ
みたしてくれたのが
駄菓子屋に売っていた
メダルチョコでしたかね。

メダルチョコは持ってないんですが
オリンピック的なお菓子があったと思い
探していたら出てきました。

       2014_1026_160645-DSC02774.jpg
       切手ペンダント付グリコガム

パッケージにTOKYO’64の印刷があり
オリンピック切手などがおまけについていたものです。

2014_1026_160733-DSC02775.jpg
 切手ペンダント付グリコガム

中にはジューシーガム2個と
おまけの切手ペンダントが入ってますが
残念ながら
オリンピックものではありませんでしたね。

オリンピックの波は
当時大ブームだった切手収集にも
押し寄せていたんです。

2014_1026_162303-DSC02784.jpg
2014_1026_162327-DSC02785.jpg
少年キング 39号 昭和39年9月発行 ㈱少年画報社  より

オリンピック開催1か月前から
日本全国ソワソワ気分が伺えるような特集。
とりあえず人気の切手と組み合わせて企画すれば
間違いないでしょう的な考えでしょうか。

2014_1026_162958-DSC02788.jpg
少年キング 39号 昭和39年9月発行 ㈱少年画報社  より

競技種目1次から6次までの
小型シートが出てたんです。
小学生はみんな集めてました。

私も時流に乗せられて
集めたんですが
だいぶ処分してしまいましたが・・・


2014_1026_162811-DSC02786.jpg
日本郵便切手 オリンピック東京大会 各種

僅かに残ってました。
今思うともっとちゃんと取っとけばなあと。
中学、高校時代になると
切手収集の熱なんてシラーッと醒めて
手紙用にどしどし使っちゃいました。


漫画の世界でも
オリンピック切手とのコラボや特集組み
結構あったんですね。
たとえばアトムも。

2014_1026_174446-DSC02792.jpg
鉄腕アトム ロボットランドの巻ガデムの巻 ㈱光文社 カッパコミクス昭和39年11月発行より
「鉄腕アトム」手塚治虫/手塚プロダクション

カッパ・コミクスには
毎号、帯シールがおまけに付いていたんですけど
この時期はオリンピック切手の図柄でした。

2014_1026_174507-DSC02793.jpg
鉄腕アトム ロボットランドの巻ガデムの巻 ㈱光文社 カッパコミクス昭和39年11月発行より
「鉄腕アトム」手塚治虫/手塚プロダクション

本の下に一周ぐるりと
巻かれているシールはいつも楽しみで
箪笥や柱に貼り付けては
怒られてました。

2014_1026_174630-DSC02794.jpg
鉄腕アトム ロボットランドの巻ガデムの巻 ㈱光文社 カッパコミクス昭和39年11月発行より
「鉄腕アトム」手塚治虫/手塚プロダクション

勿論
おまけのシールだけでなく
巻末の記事でもオリンピック特集が組まれてました。

2014_1026_201344-DSC0279.jpg
鉄腕アトムクラブ 虫プロダクション 昭和39年10月号表紙(部分)より
「鉄腕アトム」手塚治虫/手塚プロダクション

虫プロ友の会の会員向け雑誌の表紙も
オリンピック色に。

個人的には
6年後の2020年の東京オリンピックでも
アトムの聖火ランナー(飛行?)を
見てみたいのですが・・・。




スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/103-75692564
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。