スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳ばしい香りに魅かれてわざわざお店の前を通った

Posted by モロズミ・ダン on 12.2015 ごっこ遊び 0 comments 0 trackback
2015_0412_152722-DSC03022.jpg

4月12日は
「パンの記念日」だそうで

1842年(天保13)年、軍用携帯食糧の乾パンとして
日本で初めてパンが作られた事を記念して
昭和53年にパン食普及協議会が制定。

パン関連の玩具なんてあったかな
と思いつつ
納戸を探索していたら
なんとか記事になるもの数点見つけたので
今日はパン特集とさせていただきたい。


まずはこちらから

2015_0412_150843-DSC03002.jpg
ショッピングあそびシリーズ パンやさんセット   ㈱ニシノ

ままごと系玩具で
全景は

2015_0412_160551-DSC03047.jpg
ショッピングあそびシリーズ パンやさんセット   ㈱ニシノ

上蓋がなく
ブリスターでパックされている。
STマーク(昭和46年認証開始)も付いているので
昭和40年後半以降に販売されたものだろう。

2015_0412_160630-DSC03048.jpg
ショッピングあそびシリーズ パンやさんセット   ㈱ニシノ

実在の人気ブランド銘柄を
ミニチュアサイズで商品化。

このパターンは
これまでも何点か紹介したが
増田屋の「ごっこシリーズ」を
意識し踏襲しているようだ。

2015_0412_151156-DSC03004.jpg
ショッピングあそびシリーズ パンやさんセット   ㈱ニシノ

牛乳類は実在の名柄でなく
妥協したのか
「子供」ブランドだ。

2015_0412_151408-DSC03007.jpg
2015_0412_160727-DSC03051.jpg
ショッピングあそびシリーズ パンやさんセット   ㈱ニシノ

飲料系は
ズバリ有名メーカーブランドが
読み取れる。

2015_0412_151420-DSC03008.jpg
ショッピングあそびシリーズ パンやさんセット   ㈱ニシノ

主役のパンであるが
チョココロネやコッペパン
クリームパン、チョコケーキ
などと取り揃えているが
ミカン缶の左にある
薄ベージュのもの
なんだろう?
よくわからないものもある。

       2015_0412_160740-DSC03052.jpg
       ショッピングあそびシリーズ パンやさんセット   ㈱ニシノ

お店屋さんごっこにはかかせない
レジスターも
しっかりセットされている。

2015_0412_151506-DSC03009.jpg

箱裏はぬりえになっていて
シリーズの一覧も掲載。

メーカーの㈱ニシノは
PC検索して調べたが
土木業や塗装業などしかヒットせず
今は存在していないかもしれない。


続いては

2015_0412_162406-DSC03055.jpg
こどもトースター  米澤玩具㈱

ヨネザワは
かつては
昭和の主要玩具メーカーであったが
のちにセガグループに吸収された。

今では何点も復刻品が企画されてる事を考えると
当時、ヒット商品を連発していた証と言えるだろう。

ギミックはこうだ。

2015_0412_150715-DSC03001.jpg

2015_0412_150505-DSC03000.jpg
こどもトースター  米澤玩具㈱

PAT.Pの表示があるので
特許等の出願中であり
独自性のある斬新な構造であったのだろう。

2015_0412_150401-DSC02999.jpg
こどもトースター  米澤玩具㈱

焼きあがると
こうなる。

食パンが
チーズのようにも見えるが
玩具であるのでご愛嬌か
それともミミ部分の
塗装忘れか。


3点目は
老舗大御所の増田屋製のものを

2015_0412_151600-DSC03010.jpg
こどものパン屋さん   ㈱増田屋コーポレーション

冒頭の画像は
この箱絵を部分拡大したものだ。

このシリーズは
どれも箱絵が魅力的だ。

ジャムパン
クリームパン
あんパン
チョコロール
カレーパン
ハムサンド
etc・・・

ショーケースに
これらのパンが
隙間なく敷き詰められているのを見ると
小学校の頃を思い出す。

下校時、通学路からはずれ
わざわざ遠回りして
パン屋さんの前を通って帰ったことを。

お店に近づくと
小麦と砂糖とバターなのだろうか
それらが焼けるあの芳ばしい香り
家庭では味わえない
ちょっとおしゃれで洋風な風味に
思わず足が止まったものだ。

ショーケースに並んだ
こんがり焼けたパン達を
垂涎のまなざしで見つめ
思いっきり食べたら
どんなに幸せだろうと
口に入れたときの豊潤な感覚を
目をつむって想像した。
(おバカな表情だったと思う)


パン屋のパンは少々高値。

結局
腹ペコ太郎は
しぶしぶパン屋を後にし
金銭的に
駄菓子屋の駄菓子+駄玩具で落ち着き
欲求不満を解消するしかなかった。

2015_0412_152831-DSC03023.jpg
こどものパン屋さん   ㈱増田屋コーポレーション

セット内容は
パン以外も充実。

2015_0412_152227-DSC03017.jpg
2015_0412_152245-DSC03018.jpg
2015_0412_152528-DSC03020.jpg
2015_0412_152644-DSC03021.jpg
こどものパン屋さん   ㈱増田屋コーポレーション

ここで
「あれっ!」
と思った人がいたら
観察力の鋭い方である。
そして
間違い探しクイズが得意な人
でもあるだろう。

よく見ると
クリームパンなどパン4種と
ローズ印の角砂糖は
最初に紹介した
㈱ニシノのパンやさんセットのものと
まったく同じなのである。

似せて作ったのかと思いきや
2種を近づけてみても
形状は寸分たがわず同じ(樹脂色は若干異なる)
角砂糖に至っては
版下まで1ミリの差もなく一緒だ。

製造時期は増田屋の方が先
と思われるが
これはどうしたことか

●金型使用権利の移譲があった
●後発メーカーがまるっと模造した
●両社ともグループ企業であった

などが考えられるが
残念ながら調べきれなかった。

2015_0412_152306-DSC03019.jpg
こどものパン屋さん   ㈱増田屋コーポレーション


パンを入れる
包装袋まである。

このシリーズの凄いところは
細かい備品までこだわって
セットしていることだ。


この記事をアップしていたら
あの芳ばしい豊潤な香りが薫るお店へと
足を運びたくなった。






スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/114-311bd080
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。