スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しき「〇〇んぼ」なキャラたち:その3

Posted by モロズミ・ダン on 14.2015 ブーム・流行 2 comments 0 trackback
〇〇んぼなキャラ3回目は
あの一世風靡した
昭和を代表する玩具
ダッコちゃん(+パチ物)を。

2015_0830_132932-DSC03233.jpg
ダッコちゃん 空気ビニール人形  
宝ビニール工業所(⇒㈱タカラ⇒現:㈱タカラトミー)

昭和35年生まれ
私より一つ下だから
現在は55歳。

ダッコちゃんは愛称で
マスコミなどで
取り上げられるうちに定着した。

当時
子供だった人は
ほとんどが
「私もこれ持ってた」
と言う商品ではないかと。

初年度で200万個をはるかに超える売り上げで
1960年を代表する大ヒット商品となったのだ。

人気ゆえ
店頭の在庫切れもしばしばおこり
それに呼応するかのように
パチ物もかなりの数が出回ったようだ。

       2015_0830_134116-DSC03237.jpg

これなんかそうでしょう。
空ビではなくソフビでできているが
塗りが雑で
子供が見てもそれとわかるレベル。

でも
まだ持っていなかった人には
「これでもまぁいいか」
と妥協したことでしょう。

中には一見
本物かと思わせるものもあったようだが
当時偽物には真似のできない
目の部分に決定的な特徴があった。

下の画像マウスオンで変化

2015_0906_180534-DSC03275.jpg
ダッコちゃん 空気ビニール人形  
宝ビニール工業所(⇒㈱タカラ⇒現:㈱タカラトミー)

ダッコちゃんのチャームポイントの一つとして
大きなまん丸の瞳があげられるが
ここに新しい技法が施されていた。
レンチキュラーシートと呼ばれるシート(印刷)が採用され
見る角度をちょっと変えると
目を閉じたり開いたり
柄がチェンジするものだ。

これはまだ当時走りで
簡単に真似ができなかったようだ。

この技法
後に「ステレオスコープシール」と題して
鉄人28号やパピィのお菓子のおまけなどとしても
大人気になった。

2015_0830_154712-DSC03268.jpg
メカニカル メリーゴーランド

タカラやダッコちゃんの文字が
どこにもない。

中は

2015_0830_134008-DSC03236.jpg

ゼンマイで動く
ブリキ製の観覧車タイプ。
メリーゴーランドとは言えないアバウトさだ。
おそらく正規品がありそれを模倣して作られたものだ。

2015_0830_145221-DSC03264.jpg

セルロイド製の約4cmのミニタイプ。
リングを手首にはめてダッコちゃん?を
引っかけて飾るものだと思う。
勿論正規品ではなく
駄菓子屋などで
こっそっりと大量に売られていた
駄玩具だ。

2015_0830_145322-DSC03266.jpg

わが家では
電飾の東京タワープラモデルに
抱きつかせている。

昭和を演出するにはかかせない
とてもよい雰囲気の出るキャラだ。


次週
今回のテーマのまとめとして
追記させていただきたい。



スポンサーサイト

○ Comment

モロズミ ダン様、たびたびおじゃまします、

戦前には「冒険ダン吉」、昭和30年代には「ダッコちゃん」、当方の世代には「ジャングル黒べえ」というクロンボキャラがいました、また、1980年代初頭には「ロボダッチ」というサンダーバードや鉄人28号のプラモでお馴染みのイマイ科学が販売していたプラモのシリーズに冒険タマ吉というダン吉のパロディシリーズがあり、愉快なクロンボのロボットのプラモが多数販売されていました。

またキティちゃんのサンリオが同じく80年代にクロンボのキャラを展開していました。

ご存知の理由でながらくクロンボキャラは表舞台から姿を消していました(ある漫画家の証言によると近年は肌の黒いキャラクターを描くさいにベタ(黒塗り)を使用することは禁じられているそうです)が、今年の末、約三十年にわたり再放送およびソフト化が見送られてきたアニメ「ジャングル黒べえ」がDVD発売されるはこびとなり、世代どんぴしゃの当方は歓喜の雄たけびをあげております。(ちなみにウラウラベッカンコとはこの黒べえの雄たけびです。)

モロズミ様の紹介された愛らしいクロンボたちを見ていると日本人がいかにクロンボキャラを愛しているかひしひしと伝わってきます、そしていつか彼らが表舞台に帰ってくるのではないかと感じているのです。
2015.09.17 02:03 | URL | ストラダ5 #JyN/eAqk [edit]
ストラダ5様
続けてのコメントありがとうございます。ベッカンコもちろん知ってます1970年代まではテリトリーですので。「ロボタッチ」以降の作品については自信無く、長く話すとボロが出ると思います。黒べえDVD発売は本当に驚きましたが5年前に藤子全集で何十年かぶりに刊行されたのでアニメもそのうちに出るのでは?とも思っておりましたが。

「〇〇んぼ」特集の第4回(まとめ)はシルバーウィーク中にアップする予定ですが。「冒険ダン吉」まで溯ろうかどうか思案しているところです。ダン吉双六がいい感じで残っているので遅かれ早かれ公開したいと思っております。それではまた。
2015.09.20 21:54 | URL | モロズミ・ダン #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/129-533a6c4f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。