スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏も涼しく遊ぶ・その2

Posted by モロズミ・ダン on 26.2012 季節・行事 0 comments 0 trackback
ご近所さんとのごあいさつ「暑いですね~」
もう何日続けて言っているのだろう。
処暑を過ぎたというのにさらに暑さが増しているような・・・

子供の頃の昔はお盆を過ぎると
厳しい残暑はあったものの
朝晩の風が時折ヒンヤリとしてきて
着実に季節の移り変わりを感じられたように思います。

この時期、夏休みもあと僅かになって
今シーズンの水遊びもあと数日で遊び収め
と意識しながら思いっきり楽しみました。


モーターボート当て       王冠印

駄菓子屋定番の引きくじです。
写真にはありませんがシート状のくじをひいて
そこに書かれている番号のおもちゃがもらえます。
まる20のマークは20円くじの意味でしょうか?

2012_0826_203509-DSC00106_convert_20120826211544.jpg
箱の中はボート系玩具ギッシリ

1等~8等は全長15cm位のゴム動力のプラ製モーターボート。
17等以降はグリコのおまけぐらいのサイズのプラ玩具。

続いての箱は・・・

2012_0826_202519-DSC00102_convert_20120826211500.jpg
カウボーイの箱絵ですが中身は・・・      FUJITA玩具

2012_0826_203111-DSC00104_convert_20120826211515.jpg
新潜水艦1打入    ・・・・と箱側面にスタンプ印

当時「原子力潜水艦シービュー号」や「海底大戦争スティングレイ」など
洋物のSF海洋ドラマがTV放送(昭和39年~)され
ちょっとした潜水艦ブームでした。

それに便乗したのか人気のシービュー号とスティングレイ号を
たして2で割ったようなよくばりなデザインです。
動力はゴムを巻いて進むスタンダードなつくりで全長約27cm。

スティングレイが終了した後に
あの有名な「サンダーバート」が始まったのですが
サンダーバード4号が潜水艦人気をしっかり引き継ぎました。

連載漫画でも「サブマリン707」や「青の6号」(小沢さとる先生)など
潜水艦をメインにした海洋冒険ものがヒット。
週刊少年サンデーの発売日が毎週待ち遠しかった作品でした。

2012_0826_230532-DSC00111_convert_20120826231019.jpg
サブマリン707と青の6号が表紙の少年サンデー

潜水艦人気は台紙物にも・・・

2012_0826_204633-DSC00109_convert_20120826211556.jpg
原子力潜水艦                末広玩具

手前はメーカー不明ですが まる宮 のマークが付いています。
いづれもおなじみのゴム動力。

月刊漫画誌のふろくにも・・・

2012_0826_204833-DSC00110_convert_20120826211608.jpg
月刊「少年ブック」昭和40年5月号付録 魚雷発射潜水艦

さすがに付録ですので紙製で水遊びはできませんが
組み立てるとゴムを使って魚雷が発射できます。

中の説明を読むと
当時の海上自衛隊の潜水艦「おやしお」
モデルになっているようです。





スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/13-66d3572b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。