スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーローのシンボリックなアイテムに魅了された:その2

Posted by モロズミ・ダン on 25.2015 その他・定番 2 comments 0 trackback
駄菓子屋系メガネ玩具の2回目
今日はヒーロー編を。

誤認OK!不思議な魅力の駄玩具
まずはこちらから

2015_1025_164045-DSC03359.jpg
月光眼鏡  (メーカー不明)

月光仮面とは書かれていない。
あくまで月光眼鏡だ。

2015_1025_164354-DSC03363.jpg

意外としっかりしたディティールにも見えるが
中央のジョイント部に違和感が。

2015_1025_164710-DSC03366.jpg

蝉?
思わず
目をひとこすりして見たが
やはり蝉にしか見えない。

何故ここに蝉が
版権侵害からのトラブル回避のためなのか
「うちの商品は蝉付で独自のもの、パクリではありません」的な?

セミ(semi=半分、準)版権キャラクターなので
というジョークがからめられているとすれば
かなり高度なセンスを持った企画担当者と言える。

結局
意図ははっきりわからないが
謎めいた製品化は駄玩具にはよくあることだ。


オリジナルはやはり格別にカッコいい!
ORGを確認しておこう。

2015_1017_175958-DSC03345.jpg
いろはかるた 月光仮面  鈴木出版㈱
宣弘社/川内康範   画:湯川久雄

以前にも紹介したが
当時のかるただが
勿論
蝉はみあたらない。

2013_0303_171450-DSC00781.jpg
メンコ各種
「月光仮面」宣弘社/川内康範 

実写の写真をトレースしたと思われ
ORGと同じに再現しているが
無版権ものだろう。

月光仮面は
メガネが決め手と言っていいぐらい
カッコよく身につけている。
メガネが正義のシンボルだ。
(ちょっと言い過ぎか)

だから
それなりの駄玩具メガネがあれば
誰でも簡単にヒーロー気分になれた。

そんな需要に対応して
月光仮面メガネは
たくさん企画されていた。

2015_1017_172807-DSC03324.jpg
月光めがね  (メーカー不明)


版権侵害ギリギリの攻防線
「めがね」とタイトルにあるが
ターバンとメガネが一体化した
顔半分を覆う規格。
お面の部類にしてもいいぐらいだ。

台紙にPAT・Pと
スタンプされているがどうも怪しい。
意匠・または実用新案の申請中であるとの意味だが
そのような権利が通るような新規性や独自性は
ないように見える。
まっ
申請だけは誰でも出来たわけですが。

2015_1017_172933-DSC03325.jpg

これも「月光仮面」とは
一言も明記していない。
無版権もの。

トレードマークの三日月はわかるが
その下に星マークもおまけに付けているところが
意図的に感じる。
これも
「うちの商品は星付なので独自のもの、パクリではありません」的な?
ものなのだろうか。

でもこれは子供がだったら
誰が見ても月光仮面
とてもきわどい誤認ライン上の商品だ。

続いては
宣弘社の企画つながりであのヒーローが登場

2015_1017_173516-DSC03331.jpg
怪傑ハリマオ風メガネ  (メーカー不明)

興味のない人から見れば
ただのサングラスにしか見えないと思うが
当ブログでも初登場の「ハリマオ」
そのメガネだ!(と思う)

ORGを見ておこう。

2015_1017_175933-DSC03344.jpg
怪傑ハリマオ かるた  小出信宏社
宣弘社/山田克郎

怪傑ハリマオは
昭和35年よりスタートしたTV実写ドラマ。
太平洋戦争直前の東南アジアを舞台に
正義の人ハリマオが軍事機関や
それと結託する死の商人、秘密結社などと
闘いを繰り広げる冒険活劇だ。

主人公の配役は
若き日の井上陽水ではない
念のため。(似てるけど)


冒頭のメガネがハリマオである
と確信したのが
次にお見せするお面があったからだ。

2015_1025_203344-DSC03369.jpg
ハリマオ風お面
「怪傑ハリマオ」宣弘社/山田克郎

ご丁寧に「ハリマオ」と型押しされている
メガネ付のお面である。
ハリマオの文字型押しの上に
さらに金の塗料で塗られ強調されているのだ。
デザインだけでは
ハリマオと認めてもらう自信がなかったのか。

気になるメガネの方は
玩具に落とし込むと
こういうデザインに落ち着くようだ。

全体の雰囲気として
誰かに似ている気がするが
どこかの国の
将軍様を摸したものではない
念のため。(似てるけど)

お面をもう1点

2015_1025_203231-DSC03367.jpg
ハリマオ風お面
「怪傑ハリマオ」宣弘社/山田克郎

こちらは
出来るだけ原作に忠実に再現しよう
という意気込みが感じられる一品だ。
サングラスは黒1色でデザインも
変に玩具用にデフォルメしていない。

なおかつ
ターバンはちゃんと帆布を
あしらっているところが
企画担当者のこだわりといっていい。


次週
同テーマのその3として
まぼろし探偵や鉄人、アトムなどを
アップ予定です。
スポンサーサイト

○ Comment

モロズミ ダン様

ハリマオお面の二枚目の画像、なんとなくタモリに見えます、ほっぺの赤がバカボンぽくもあり、結果「赤塚不二夫が描いたタモリ」に見えてしまいます。
2016.06.22 20:32 | URL | ストラダ5 #JyN/eAqk [edit]
ストラダ5様

言われてみるとほんと赤塚タモリですね。ほっぺの赤は鮮やかに発色していて最近の商品に見えますが、これも40年以上前のもの。たいがいは色褪せしてしまうんですが、箱の奥にしまってほとんど出さなかったのよかったのだろうと思います。
2016.06.26 20:46 | URL | モロズミ・ダン #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/133-7be98cd8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。