スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄菓子屋の看板娘と言ったら:その4

Posted by モロズミ・ダン on 25.2016 女の子もの 0 comments 0 trackback
きせかえ遊び4回目
昭和20年代を中心に。

漫画キャラをきせかえたい

2016_0410_145523-DSC03702.jpg
ダリヤ・きせかえ 日光社

特にキャラ名は明記されていないが
クリちゃん(作:根本進)
でしょう。
昭和26年から朝日新聞に連載された
4コマ漫画の主人公だった。
その後
キングレコードの童謡シリーズの
イメージキャラとして採用(クリちゃんレコード)されたり
学習学年誌の漫画連載や
三菱銀行のイメージキャラになったりと
引っ張りだこの人気者だった。

女の子は
クリちゃんに出ていたキャラなのか
ワカメちゃん(サザエさん)の友情出演なのか?


2016_0410_145321-DSC03699.jpg
マンガきせかえ  ライオン玩具

昭和13年より少女漫画誌に連載された
クルミちゃん(作:松本かつぢ)
である。
35年も連載が続いた
少女マンガキャラの先駆け的存在だ。

2016_0410_145341-DSC03700.jpg
マンガきせかえ  ライオン玩具

どりちゃん?
ヤフーで検索も出てきません。
左上のメガネ女子が主人公どりちゃんか。
(結構、地味キャラだ)
クルミちゃんと一緒に保管されていたので
おそらく同じ時期の漫画であると思うのだが。


物語キャラも人気だった
この時代
漫画キャラにも負けないぐらい
童話などの主人公も人気だったようだ。

2016_0410_145406-DSC03701.jpg
マンガきせかえ  ライオン玩具

物語キャラと言っても
ディズニーがアニメ化していたので
漫画キャラにした方がいいのか
分類に悩むところだ。

2016_0410_145842-DSC03704.jpg
名作童話きせかえ  ヒノデ玩具

青い鳥の
チルチルとミチル。

原作は1908年(明治41年)フランスの童話劇。
この作品が日本のきせかえ遊びになるなんて
作者のメーテルリンクは予想していなかっただろう。

チルチルの視線が定まってないようだが
すでに夢の世界をさまよっている図?

2016_0410_145820-DSC03703.jpg
名作童話きせかえ  ヒノデ玩具

安寿と厨子王
童話とはいえかなり厳酷なお話でしたよね。
これをきせかえ遊びにチョイスするとは。
仏教的因果応報をも説かれるような
欲心と憎悪が渦巻く物語でもある。
権力闘争、人身売買や拷問死、報恩と復讐
などのシーンを設定して遊んだのだろうか。

このシリーズ
浦島太郎やかぐや姫などの
有名どころも多分あったのだろうが
私の所有しているのは残念ながらこれだけである。


あのきせかえにも正式な名前があった

2016_0410_150011-DSC03705.jpg
スイングきせかえ  みつわ玩具

きせかえには
リアルな家族設定がなされている
パターンが多く
両親、兄弟まではよく設定されている。

祖父母まで登場しているものも
たまに見かける。

その1でも紹介したが
一見ギョッとする首差し替え式のタイプでも
20年代からあったので紹介しよう。

2016_0410_152655-DSC03707.jpg
クビニンギョウ (メーカー不明)

その名も
「クビニンギョウ」
直球なネーミングでした。

2016_0410_152715-DSC03708.jpg
2016_0410_152731-DSC03709.jpg
2016_0410_152751-DSC03710.jpg
2016_0410_152800-DSC03711.jpg

祖父母から孫の赤ちゃんまで
三世代網羅した大家族設定だ。

図柄、紙質からして
戦後間もない頃のものかもしれない。

それにしてもみんな無表情で
しかも首だけなので
不気味ですハッキリ言って。
もう少し楽しい感じにできなかったかなあ。

ままごと遊び草創期のかたち
戦後間もない頃
きせかえ遊びは
女の子の定番だったのかもしれない。
何しろ印刷された紙一枚で遊べたのだから。

カテゴリ別5種つづけて

2016_0410_153100-DSC03715.jpg
ベビーキセカエ「洋装」   ナゴヤ玩具

2016_0410_153214-DSC03718.jpg
ベビーキセカエ「お母さん」   ナゴヤ玩具

2016_0410_153146-DSC03717.jpg
ベビーキセカエ「赤ちゃん」   ナゴヤ玩具

2016_0410_153323-DSC03719.jpg
ベビーキセカエ「姉さん」   ナゴヤ玩具

2016_0410_153347-DSC03720.jpg
ベビーキセカエ「花嫁」   ナゴヤ玩具

まだまだ和装が基本の時代だ。

2016_0410_153604-DSC03721.jpg
ローズきせかえ  (メーカー不明)

着物の生地、文様の豪華さが
御家柄の高さを示していた時代
きせかえでは
だれでも最高級の着物をきせかえ
その時だけその気になれたのだ。

2016_0410_153728-DSC03722.jpg
2016_0410_153802-DSC03723.jpg
ニュースタイルきせかえ  (メーカー不明)

「ニュースタイル」
という言葉自体が
当時は
とても斬新でトレンドだったのだろう。

洋装が完全に浸透していなかった時代。
そのお洒落なスタイルを
きせかえ遊びを通じて
実際に洋装をするときの
シミュレーション的なイメージで
遊んでいたのかもしれない。

それにしても
タイトルフォント(書体)が未熟で古過ぎで
逆に魅力的だ。


次回はGW期間中に
きせかえ番外編を予定します。
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/145-9ea54522
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。