スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後の文具店:その2

Posted by モロズミ・ダン on 10.2012 文具 0 comments 0 trackback
前回に続き
文具店ものをアップしますが
文具以外にも
むしろ趣味や工作系ものに
記憶に残ったヒット商品がけっこうありました。

2012_0909_212236-DSC00135_convert_20120909224234.jpg
カラーニッチング   モダンニッチング

2012_0909_212545-DSC00136_convert_20120909224251.jpg
箱の中には6~7㎝ぐらいのカラフルなグリップ状のものが

別名「リリアン」(リリヤン?)と言ったでしょうか??
アップしといてこの自信のなさは
当時は買ったことも使ったこともなく
完全に女の子用の趣味グッズだったからです。
後の駄玩具収集の際ついでに手に入っておりました。

チョット曖昧な記憶では
別売りの専用カラー糸を用意して
付属の金属製レースピンで糸を操りながら
グリップ上部の釘部分に順に引っかけて編みこんでくと
カラフルな太い紐になって下から少しずつ出で来る・・・
そんな仕組みだったと思います。

女の子たちが長さを競うように編んでいた
昼休みの光景を思い出します。
でも編み上がった長い太紐は一体何に使われていたのか
いまだに謎です。

リリアンは現在でも売られていてたまに見かけますが
現在のものは、釘部分もプラスチック材質で
安全仕様になっているようです。

女の子趣味ものをついでにアップ

2012_0914_181754-DSC00150_convert_20120914191511.jpg
カラーナプキン まんが入り紙せっけん ネックレス用カラー玉

駄菓子屋がどちらかというと
男の子寄りの品ぞろえでしたが
学校前の文具店は
学用品を購入するために男女問わず訪れていたので
女の子向けアイテムもしっかり揃ってました。
3種とも各10円売り。
紙せっけんは40年以上経っているのでボロボロです。

続いては当時収集ブームだったコレです。

2012_0914_182949-DSC00152_convert_20120914191600.jpg
新日本切手   世界の切手集     ㈱マルホ  他

昭和30年・40年代は
小学生の間でも切手収集が大ブームでした。
記念切手発売日は毎回、郵便局に長蛇の列ができ
売り切れで手に入らないこともしばしば。

文具店には引き束や吊下げ台紙付で売られていて
中には希少な切手も含まれていたので射幸心煽られまくり。
くじを引くたび一喜一憂してました。
またくじ引きではなく
それなりの価格をつけて売っているものもありました。


当時は切手カタログなるものがあって相場価格も明記。
どの切手が高いのかをしっかり把握しつつ
友達に交換トレードなんかもしかけていました。
「見返り美人」がなかなか手に入らなかった・・・。

続いては・・・

2012_0914_180213-DSC00146_convert_20120914191459.jpg
プラモデルいろいろ

文具店にはプラモデルコーナーがありました。
棚割スペースこそ専門店にはかないませんでしたが
売れ筋をしっかり押さえていて
購入頻度は専門店や玩具店より高かったかもしれません。

小学6年時には
ウォーターラインシリーズ(艦船洋上模型)が発売開始
新製品が出るたびに文房具店で購入。
文具店のおじさん新商品発売情報に詳しく
いち早く耳より情報、ささやき作戦に乗せられ
ついつい買ってしまいました。

2012_0914_173947-DSC00145_convert_20120914191442.jpg
ウォーターラインシリーズ 駆逐艦暁と連合艦隊の鳥瞰図   ㈱田宮模型(当時社名)
現:㈱タミヤ


WLシリーズ初期のころは
1箱に1枚、写真の連合艦隊の鳥瞰図が同封されていました。
このイラストの偉容と迫力にキュンときてすっかりファンに。
イラストは上田毅八郎先生でWLシリーズの箱絵も多数担当されていました。

2012_0914_185957-DSC00157_convert_20120914191637.jpg
ウォーターラインシリーズ 戦艦大和     ㈱田宮模型(当時社名)現:㈱タミヤ

連合艦隊鳥瞰図を見ていたら急に懐かしくなっちゃって
昔作ったWLシリーズの大和を引っ張り出してみました。
自分なりに真鍮線を使ったり
箱絵のイメージにあわせて
大胆に艦橋を少し高く嵩上げしてみたり
お好み改造しています。

背景を即席で作ってみた

大和を見たらジオラマにして写真が撮りたくなったので
簡単に背景を制作(約15分で)・・・

ベースの海は
お中元の缶ビールが入っていた青い箱を利用。
上にクシャクシャにした透明ビニール袋を置いただけ。

背景の空は
いらないカレンダーの空の部分を切り取って
スチロールパネルに貼っただけ。

昔はよくこうやってあまりお金をかけず
情景写真を撮っていました。

もうひとつアップ・・・
2012_0914_183701-DSC00154_convert_20120914191612.jpg
ゼロセンのグライダーなどいろいろ

文具店の定番として
竹ひごやバルサ材など図工用部材も置いていたわけですが
その流れでグライダーなど教材系木工作キットも揃えていました。

2012_0914_183834-DSC00155_convert_20120914191625.jpg
グライダーの裏面説明

グライダーは木材や針金を組み合わせて作るため
小刀やペンチなど道具の使い方をマスターしたり
また滑空の力学も遊びながら自然に学んだりと
学習要素の高い遊びだったのではないでしょうか。

2回にわたって文房具店ものをアップしましたが
当時の文具店の情景が少しずつ蘇ってきたような気がします。












スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/15-296646c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。