結構気になったノートの表紙絵

Posted by モロズミ・ダン on 28.2016 文具 2 comments 0 trackback
重要なノート選び
どんな表紙のノートを選択するか
結構こだわった記憶がある。

小学校生活では
一律横並び的な持ち物になりがちだったが
持っているノートの表紙の図柄の差で
ちょこっとだけ自己主張できた気がしたからだろう。

そんなニーズに応えてかどうか
文具店には
目移りするぐらい
種類豊富に取り揃えていたような気がする。

勿論
当時TV漫画のキャラクター系ノートも
誰もが競って持っていて
アトムや鉄人などは大人気だった。

2016_0828_212511-DSC04058.jpg

ただ
漫画系ノートは
学校への持ち込み禁止になっていたりして
自宅でひとりで悦に入るしかなかった。

趣のある表紙絵揃いの学習ノート
漫画系は別の括りでいかようにも特集が組めそうなので
また別の機会に取り上げるとして
今回は
学習系ノートに
スポットを当てたい。

なぜなら
学習系ノートの表紙絵は
意外と秀逸な作品揃いで
名も無き名作シリーズ
といってもいいぐらいだからだ。

2016_0828_174539-DSC04035.jpg

さてと
国語、算数、理科、社会と
順にやる予定だったが
こんなに集めたっけ?意外と種類が多い。
ストック箱4箱にざっと200種以上あったので
どうしようか
長期戦で3~4回に分けてやろうか
とも思った

年頭に掲げた探究計画も遅れ気味なので
今回のみに抑えたいところだ。

なので
テーマ縛りで
絞り込んで
やらせていただきます。

残り3日で焦りだしたあの頃
8月末
小学校の夏休みも
そろそろ終わりの時期。

小学生を2種に分類するならば
夏休みの宿題を
7月から計画的にやる派と
8月残り数日でやり始める派
に分けられると思う。

私は完全に後者の方だった。

そこで
個人的にも苦戦を強いられた
宿題の定番とも言うべき
「絵日記」ノートについて
特集したいと思う。

その前に
折角ストック箱を開けたので
特に古い(昭和20年代)
国語、算数など一般教科のノートも
2、3紹介させて下さい。

2016_0828_180011-DSC04036.jpg
算数ノート  キンセイ印

一見
東京タワーかな
と思ったら
「テレビ塔」とある

おそらく
シルエットからして
日本で最初に完成した集約電波塔(複数の事業社の電波送信)
名古屋テレビ塔だと思う。

調べて見ると昭和29年竣工なので
ノートもその頃のものだろう。
夕日の逆光にそびえ立ち
地味だけどグッと来るアングルだ。

ちなみに
裏表紙は

2016_0828_180021-DSC04037.jpg

キリンの首は長いんだよ
と言いたい
作者の意図が感じられる
時間割盤だ。


2016_0828_180053-DSC04039.jpg
社会ノート  日本ノート学用品㈱ 日章印

テレビ(おそらく白黒)とレコードプレーヤー
それとヘリコプター。

どう繋がりがあるのかは
わからないが
当時の最新で話題ものを集め並べた
としか言いようがない。

もう1冊

2016_0828_180038-DSC04038.jpg
国語ノート  (メーカー不明)

富士山をバックにバイクで疾走する少年だが
後ろに乗っているのは
着ぐるみなのか
本物のチンパンジーなのか
当時そんな話題があったのかはわからないが
意表を突かれる図である。
夢に出てきそうな力強さも感じる。

背後に映える和風なタッチの松
それと牧場と
テイストがバラバラなところも
今となっては斬新で魅力的だ。


メーカー名はどこにもないが
日章に鳩マークのが確認出来る。


さて
本題の絵日記を

2016_0828_180122-DSC04040.jpg
えにっき  極東ノート 定価30円 

最初は
極々普通のタイプから

値段から昭和40年代だと思う。

40年代から徐々に古い年代に続けて
どんどんいきます。

2016_0828_180149-DSC04041.jpg
絵日記  ㈱マルエス

やはり40年代だろう。
夏山登山は夏一番の思い出
と言ったところか。

2016_0828_180331-DSC04042.jpg

起きた時刻、寝た時刻は
ウソばっかり記入していた。

8月末になって
やっと書き始めた日記なので
7月の欄などは記憶も薄らぎ
適当な内容で都合のいいように書いていた
と思う。

問題は気温の記録だ。
これは嘘が書けない。
今みたいにネットで検索なんてなく
過去の新聞が頼みの綱だった。
そんな時に限って
数日前にチリ紙に交換に出したばかりだったりして
頭を抱えた。

2016_0828_180412-DSC04043.jpg
絵日記  セイワ印刷工業㈱

結構馴染みの薄いメーカーがあるものだな
と思う。
ペンギンノートと銘打ったマークがみられる。

2016_0828_180457-DSC04044.jpg
えにっき  東海ノート

昭和30年代後半ぐらいか
低学年向けか
裏表紙に書き方例が印刷されている。

2016_0828_180512-DSC04045.jpg

1年生の絵日記初心者用であろう。


2016_0828_180740-DSC04048.jpg
えにっき  佐野ノート㈱ 極東印

こちらも昭和30年代後半だと思う。

当時流行していた
文化人形が表紙を飾っている。

2016_0828_180812-DSC04049.jpg

表紙裏には
書き方例があるが
えにっき帳
りか帳
しゃかいか帳
と使用範囲も
欲張りに広げている。

それにしても体操をしている女の子
服装をしゃんとしなさい
と注意されそうである。

2016_0828_181212-DSC04056.jpg
絵日記  大阪上田ノート㈱

昭和30年代当時
絵葉書のような
世界の風景写真もよく採用されていた。


2016_0828_180917-DSC04051.jpg
絵日記  日本ノート学用品㈱ 日章印 

「絵日記」
と漢字のタイトルだが
低学年用かもしれない。

2016_0828_180955-DSC04052.jpg

表紙裏の図柄からして
昭和20年代後半から30年代前半だろう。

さらに溯って

2016_0828_180537-DSC04046.jpg
えにっき  興亜紙製品工業㈱

昭和20年代後半と思われる。
絵日記だから
絵画の図
同じ絵でも本格過ぎやしませんか。

それにしてもノートのメーカーって
数多くあったもんだ。

2016_0828_180705-DSC04047.jpg

表紙裏に
「えにっきは まいにち かきましょう」
心にグサっとくる一文だ。


最後に
一番古いのでは
と思うこの一冊

2016_0828_181103-DSC04054.jpg
繪日記  マルエスノート商会

絵の字が「繪」で
旧漢字が使用されている。
昭和20年代か。

これも絵日記だから
絵画(油絵?)用具を採用と
とてもベタな選択。

昭和20年~30年代前半のノートには
「文部省基準品」と明記されているものが目立つので
参考に知りたかったが詳しい記録が見当たらない。

文部省「教育用品基準」(1955 )にも
ノートの項目がなく
品質の基準とは
どんな項目、数値なのかは不明だ。

2016_0828_181137-DSC04055.jpg

裏表紙は
アールデコ調のお洒落枠で時間割を装飾。
「ああもうすぐ新学期、新時間割を書き込まなきゃ」
と思うものの
絵日記ノートは宿題として提出してしまうので
結局活用できないのではとの疑問も沸くが
どうなんだろう。

それにしても
7時限まであったのだろうか
昭和20年代の小学校で。



一般教科の学習ノートは
またいつか特集したいと思っております。




スポンサーサイト

○ Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.20 03:18 | | # [edit]
> 日本で最初に建てられたテレビ塔は、日本テレビ放送網のテレビ塔ではないでしょうか
貴重な情報ありがとうございます。ご指摘の通り日本テレビ放送網のテレビ塔は日本最初でした。名古屋テレビ塔より1年位早く建てられたようです。本格的な集約型(複数の事業者の電波を取り扱う)電波塔としては名古屋テレビ塔が日本最初ということのようです。本文もその点を加筆させていただきました。
2016.11.20 22:24 | URL | モロズミ・ダン #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/153-7db2fc90