スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の名前で出ています

Posted by モロズミ・ダン on 14.2013 駄菓子 0 comments 0 trackback
先週
ブログ作成はできていたのですが
PC不調で公開ができず
遅れてしまいましたすみません。

前回
今でも現役でがんばっている駄菓子をピックアップする
と予告しまして
ちょっと時間が経っちゃいましたが
予定通りやりたいと思います。
何でもランキングばやりなので
ちゃっかり便乗企画です

さて
あくまで個人の独断的で偏ったピックアップですので
異論もあろうかと思いますが
あらかじめご了承願います。

その身勝手な選考基準とは

 箱絵、個包装など昭和なデザインであること
 昭和30年~40年代からすでに販売されていたロングセラーであること。
 駄菓子専門のメーカー物であること(大手菓子メーカー物 を除く)
 キャラクターや箱絵イメージなどが昔からほとんど変わってない。
 味の良し悪しは問わない。雰囲気で勝負!
  (試食して判断すれば良いのですが・・・
   現状の個人的健康状態を考慮すると候補全部試食により
   カロリー摂取過多さらに血糖値急上昇等危険水域に入るため)

では
いってみましょう。



2013_0118_145343-DSC00619.jpg
見田のきびだんご       見田製菓

あっぱれな昭和デザイン!
のぼりのように日本一といってもいいくらいです。(5位ですが)

桃太郎御一行には
このあとメガネドラッグから
CM出演のオファーがあったようです。(人違いかなっ)

      2013_0118_145534-DSC00620.jpg
      1個30円    40個入

きびだんごといっても
団子の形ではなく食べやすい短冊状になっています。

昭和37年頃から販売されているようで
ロングセラーですね。

続いて


2013_0106_175628-DSC00594_convert_20130106191933.jpg
ニコニコラムネ    東京ニコニコラムネ製菓本舗

お店で見かけたとき
ひときわ昭和の懐かしぃ雰囲気で輝いてました。

お嬢ちゃんとボクちゃん
ほっぺがリンゴのように真っ赤で
間違いなく昭和の子供たちですね。

2013_0106_175701-DSC00595_convert_20130106192019.jpg
1個30円   30個入

五百円玉よりひとまわり大きい
大型のラムネです。

カラフルなセロファンに包まれたこの商品
同じメーカーであったかどうかは憶えてないけど
確かに昭和の昔にありました。
「ピースラムネ」?っていったかなぁ。
(残念ながら正確な発売年などは調べきれず)

ベスト3に入ります


2013_0118_145259-DSC00618.jpg
耕生のフルーツ引  1個10円  60入   耕生製菓㈱

バーコードがなければ昭和の当時モノ
といってもわからないくらい
レトロな箱絵デザイン。
当時はまだ高級品だったフルーツをイメージづけています。

サイケで元気な色の飴は
昭和を思い出させる鮮やかさ。
よくぞ昔のままで残っていてくれました。

2013_0114_134339-DSC00605_convert_20130114151228.jpg
飴の拡大

生成りの糸の先に飴が付いていて
糸の端を引いて当たりの飴をゲットする仕組み。
「当たり」は黄色など
ひとまわり大きな飴で
赤色ははずれです。

みんな糸だけを口から外に垂らして
飴をモゾモゾなめていたり
糸の端を天に向かって引き上げ
意味もなく飴を出したり入れたりと
あの頃の光景が蘇ってきます。

私が生まれる前の昭和30年頃からの発売
超ロングセラー商品です。

この糸引きの要素がポイント高く
順位を上げましたね。
糸引き系は「玩具当て」なんかもたくさんあって
駄菓子屋や縁日屋台の定番でした。

大詰め


2013_0106_180003-DSC00597_convert_20130106192110.jpg
リリーパチンコガム (箱天面イラスト)       リリー㈱

昭和の幼年誌の挿絵を思わせるような
なつかしいぃオーラが漂うキャラデザイン
申し分ありませんです。

2013_0114_135357-DSC00607_convert_20130114151516.jpg
1回10円     120個入

これほどおもちゃ要素の高い駄菓子は他にないでしょう。
横の黄色いバーを押すと
ガム玉がパチンコ玉のように落ちて出てきます。
赤玉青玉など色によって「当たり」となります。

パチンコのギミックと
引きくじ
そしておいしいガム玉と
楽しさ三重奏

もうこれは1位にしてもいいかなっと迷いましたが
選考基準である販売期が
ギリギリの昭和49年頃であったことで
惜しくも2位ということにしちゃいました。
(蓮舫さんからなぐさめの言葉いただくといいと思います)

「パチンコ」タイプのほかに
「野球盤」「サッカー」「スロット」や
「おみくじ(大吉)」「コーラ」「アイスクリーム」
画像後方に写っている「ソーダ」など
今もシリーズが充実しています。


そしていよいよ


2013_0114_135540-DSC00609_convert_20130114151557.jpg
クッピーラムネ       カクダイ製菓㈱

いやー当時のまんまでうれしい限りです。
(実際には少しタッチが変わっているようですが)

それにしてもパッケージのイラスト
最高ですね。

ポロッと一粒落としたラムちゃん
それを「あっ落とした」
とチラ見するクッピーちゃん

ラムちゃんそそっかしいから
あちこちラムネを落としていて
小鳥さんがくわえて持ってきたのかな

・・・なんて
当時
ラムネをポリポリしながら
絵本をみるように袋絵に見入ってました。

遠足などの特別な日には必ずポケットに
入っていたような気もします。

私の幼少期
昭和37年頃から発売されているので
よく食べました。
なので私の骨の何パーセントかは
グッピーラムネでできているかもしれません。
(カルシウム入りですから)

2013_0106_175211-DSC00590_convert_20130106191820.jpg
1袋20円      30袋入

実は当時
ッピーラムネ」
だと思ってました。
なぜなら駄菓子屋のおばちゃん
はい「ッピーラムネ」ね
とはっきり言っていたのでつられてたのです。

後で調べてわかったのですが
クッピーラムネとして発売する以前は
ビンズラムネの名称で出荷されていて
梱包の箱に添えられたメーカー票に
熱帯魚のイラストが印刷されていた。
それで実際に一部関係者の間で
「グッピーラムネ」
の愛称でやり取りされていたとのことです。
(実際にはグッピーではなくエンゼルフィッシュだったようですが)

おばちゃん
あながち間違いじゃなかったよっ。


最後、トリビアで締めくくりましたが
取り上げた5品は
発売から何十年も経つのに
今でもキラリと輝き続けていて
2位~5位といっても
限りなく1位に近い魅力的な商品でした。

また
選考基準では味は問わないとしてましたが
5品1個ずつ食してみて
あらためて個性的なおいしさがあることが
ロングセラーの大きな理由かなぁと感じたことを
付け加えておきます。


そしてこのベスト5
どれもすぐに買うことができます。
どこで手に入れたかと申しますと
紹介しておきましょうこちらです。


エワタリ     駄菓子とおかしのみせ エワタリ
  
  〒130-0013 東京都墨田区錦糸3-4-12

   JR錦糸町駅北口から徒歩1分
   東京メトロ半蔵門線 錦糸町駅3番・4番出口
   徒歩1分 

 

 エワタリ店内


地元では「うまい棒ビル」なんて言われていて
建物は新しいのですが
戦後すぐから営業している老舗です。

2階は箱単位での小売、卸販売。
1階はバラ売り中心

と売り場面積も広く駄菓子なら何でも揃っているので
幅広い年代層に支持され
いつも結構賑わってます。

ランキングに入れなかったバラ売り商品も

      2013_0114_133837-DSC00603_convert_20130114151156.jpg
      思わず衝動買いしたバラ売り商品たち

ご覧のように懐かしい商品が
格安(定価の2割引)で買えます。 
品ぞろえは少なくとも1000種類以上あるとのこと。

大人買いや
ちょっとしたイベント用まとめ買い目的のときは
2階の箱物が山積みのフロアへ。
倉庫並みの品数とボリュームに圧倒され
すぐ目移りして迷っちゃいます。


      2013_0110_193730-DCIM0010_convert_20130114150912.jpg
      夜8時まで営業

飲み屋じゃないけど
会社帰りに軽く立ち寄りたいお店ですね。
ほっこりと昭和酔い
してしまうかもしれませんよ。



    

スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/32-5fe82028
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。