スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卍ただいま参上!

Posted by モロズミ・ダン on 27.2013 時代劇・忍者 2 comments 0 trackback
2回連続で
あま~い駄菓子が続いたので
ちょっと渋め感覚のテーマを。

カテゴリ(右側枠内にある分類)の中で
<時代劇・忍者>がありますが
「忍者の記事がないよ」
との声が聞こえました。

忍者物は駄玩具でも定番なので
早くやらなきゃなと気になってましたが
やっと今日やらせていただきます。

当ブログ
 忍者卍 初見参

       2013_0127_153453-DSC00622.jpg
       無音黄色エンマク     有川屋

花火の分類ですが
ただ煙が出るだけのものだと思います。
リアル忍者ごっこには
格好のアイテムですね。

       2013_0127_153746-DSC00623.jpg
       約10cmの筒状エンマク棒が50本入

昭和30年代で
たぶん5円売りではないかと。

口にくわえた巻物
忍者ごっこには必須のアイテムで
これをめぐって壮絶な闘いを繰り広げたのです。

2013_0127_154225-DSC00624.jpg
まんが王 新年特大号ふろく   秋田書店

詳しい発行年月日がどこにもないのですが
まんが王は昭和46年に休刊しているので
それ以前になりますか。

2013_0127_154627-DSC00626.jpg
戦国合戦絵巻ゲーム

中は双六(すごろく)的なゲームになっています。
両面印刷になっていて
裏面は「忍者腕くらべゲーム」で
やはり双六系。

巻物以上に欠かせなかったのものとして
手裏剣  がありますが
プラ製の安全なもの
駄菓子屋の定番でした。

       2013_0127_155635-DSC00631.jpg
       忍者秘法 しゅりけんの巻き

2013_0127_155141-DSC00629.jpg
2枚入  12袋付

メーカー不明もヘッダーにMWのマークが。
昭和30年代で5円売りだったでしょうたぶん。

当時は忍者漫画も多数連載、アニメ放送されてましたが
個人的にはTVアニメ「風のフジ丸」は欠かさず観てました。

2013_0127_162816-DSC00639.jpg
風のフジ丸 テレビ絵本 ひかりのくに昭和出版 他 ソノシートやメンコ等
東映アニメーション 朝日ソノプレス社

昭和39年からアニメ放送された作品

画像左上でフジ丸が手にしているのは
「龍炎の書」という巻物で
天下を取ることができる秘密兵器の製法が書かれている
てことでこれを取り巻く激しい戦いが・・・
というストーリー。

感化されて忍者ごっこでは
次々と飛んでくるプラ手裏剣を
カッカッカカーッとプラ刀で打ち落とし
フジ丸気取りでした。

アニメそのものも楽しみだったけど
番組の最後に
忍術の実演と解説を実写でやっていたコーナーもあって
毎回ワクワク観ていた記憶があります。

トリビアをひとつ入れると
フジ丸という名前は番組スポンサーが
フジサワ薬品であったから。

「サスケ」や「カムイ外伝」でおなじみの
白土三平先生「忍者旋風」が原作のベースになっているようです。

2013_0127_221019-DSC00640.jpg
忍者旋風(昭和33年) 白土三平 ダイヤモンドコミックス コダマプレス㈱

ちなみに主人公の名前はフジ丸ではなく
小太郎でした。

続いての駄菓子屋玩具は

2013_0127_160916-DSC00637.jpg
忍者セットアテ        東洋     

2013_0127_161005-DSC00638.jpg
引きくじ     80付

鎖ガマや棒手裏剣を玩具で商品化するのは
珍しいですね。
はずれは忍者シールや小さなプラ製コマ。

昨年末の時代劇特集でも刀にオバG?が付いてましたが
ここでも鎖ガマなどにアトムや鉄人が付いてます。

最後に・・・
「風のフジ丸」の番組の中の忍術解説は
誰がやっていたのか完全に忘れてしまってますが
それにイメージが近いものを
雑誌の付録でみつけたので
最後にアップしておきましょう。

       2013_0127_155926-DSC00632.jpg
忍術宝典  少年クラブ 昭和30年6月号ふろく
甲賀流忍術十四世  藤田西湖先生 指導

縦10cm位の豆本です。

   2013_0127_160120-DSC00633.jpg
   きりがくれの術

きりがくれの術が
とても簡単であることがわかりました。

  2013_0127_160433-DSC00635.jpg
  ひとりが四・五人に見える術

なるほどとは思いますが
アニメで見るような分身の術は無理かな?

付録といっても
このような忍術42種の解説を収録
その他雑学も含め盛りだくさんの内容になってます。
でも当時はまだ現役の忍者(先生)がいたことにびっくり。
今でも継承者いるのかな?

忍者ものはまたの機会に
第2・3弾と続けたいなと思ってます。

スポンサーサイト

○ Comment

モロズミ ダン様、度々お邪魔します、すでにご存知かもしれませんが「風のフジ丸」で忍術解説を担当していた方は「初見良昭」さんという方で戸隠流34代宗家、本当の忍者の方だそうです、(ウィキ情報)1980年代末に放送された特撮番組「世界忍者戦ジライヤ」で主人公の父親(忍者)役で出演されていました。

こちらのサイトを拝見するようになってから昭和の児童向け時代劇に興味を持ち始めております、来月「琴姫七変化」がdvd発売とのことで赤貧なのに買いたくて仕方ない衝動にかられております。

それでは失礼いたします。
2014.01.18 16:50 | URL | ストラダ5 #JyN/eAqk [edit]
貴重な情報ありがとうございます。
初見良昭、知りませんでした。
有名なのはご存知かもしれませんが甲賀流十四代藤田西湖氏が最後の忍者として知られてます。(もうはるか昔に亡くなられてますが)同氏は先祖代々徳川幕府に仕えいて実戦を伴なった直系の忍者として当時、執筆活動も盛んにおこなっていて月刊誌「ぼくら」の付録など少年誌の忍者特集の監修にもたびたび名前が出ていたのでよく覚えています。

「風のフジ丸」の忍者解説まだフィルムが残っているなら見てみたいのですが現存するのでしょうかね。
今回、初見良昭の名前を教えていただいたのでこれをキーワードに調べてみます。

「琴姫七変化」いいですね。ボンカレーで有名な松山容子が出てた作品ですよね。リアルタイムで観ていた記憶はほとんどないのですが松山容子のくの一アクションなんかもあったりして私も興味があります。
松山容子はその3~4年後の「月姫峠」でも主演してますがこちらはかすかに観た記憶があります。(幼稚園か小1時代だったか、またはその後再放送を観たか)
「月姫峠」は当時のかるた所有しているのでプログで紹介しようと思っているのですが忍者物もあわせてなかなかタイミングが合わず出来ていません。教えていただいた情報をきっかけにもう少しデータと品物を整えてやってみようという気持ちが強くなってきました。
2014.01.19 15:47 | URL | モロズミ・ダン #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/33-093ad9ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。