いにしえの駄玩具

Posted by モロズミ・ダン on 28.2013 未分類 0 comments 0 trackback
先週は更新できず
ブログに訪れてくれた方々
すみませんでした。

先週19日
母(81歳)が亡くなりました。
会葬関連もなんとか一通り終わり
一息ついたところです。
しばらく辛い闘病生活を続けていたのですが
最期は安らかに眠るように逝ったので
大往生といってもいいぐらいだと思っています。

人は亡くなる時に
それまでの人生の思い出のシーンが
走馬灯のように脳裏を駆け巡ると言われていますが

母は最期
どんな情景を見たのでしょうか。

おだやかな表情だったので
きっと楽しい思い出ばかりだったのかな。

今日は
母が学生の頃に楽しんでいたかもしれない
昭和20年前後の
いにしえの駄玩具を集め
母と同じ気持ちになってみました。

いつもアップしているものより
さらに一世代昔のものですが
追悼の気持ちも込めて・・・

2013_0428_173706-DSC00917.jpg
日本娘双六   三光玩具社        昭和22年10月発行

戦後に発行されたものです。
作画者名は明記されていませんが当時流行っていた画風です。

上りは
当時の娘さんが最もあこがれた花嫁さん。

2013_0428_173810-DSC00918.jpg
2013_0428_173841-DSC00919.jpg
(日本娘双六 部分拡大)

「りぼん」「にんぎょう」「はれぎ」「子守」「読書」「舞子」
などマスの項目が当時のあこがれ、流行りものや
生活に密着したキーワードとしてタイトルになっています。

リボンの少女
上目づかいの艶やかな表情に思わず引き込まれ
つい部分写真撮ってしまいました。

続いては

2013_0428_172940-DSC00910.jpg
トランプ式 家族合わせ    (メーカー不明)

昭和20年代のものだと思います。

2013_0428_173209-DSC00911.jpg
(家族合わせの箱の中)

昔は定番だった家族合わせ
登場する家族のお名前が
とても駄洒落っぽくて笑えます。

11家族×5人の札が入ってます。
四家族続けてピックアップしてみました。

2013_0428_173350-DSC00912.jpg
農家 種巻権兵衛

2013_0428_173426-DSC00913.jpg
金満家 蔵尾立太郎

2013_0428_173442-DSC00914.jpg
商人 賣戸得三

2013_0428_173507-DSC00915.jpg
医師 人田助増

ねっ
結構笑えるでしょ
ベタさ加減がよろしくて。

それにしても金満家って最近使わないですよね
富豪のことですけど。

医師の家族のお女中さん
「おなべ」は
やり過ぎのような。
女中さんの呼び名も人権上の観点から
今はお手伝いさんですね。

遊ぶ時は札を一人一人切り離して使います。
基本的には
家族全員を揃えることを目標としするゲーム。
トランプのように
すべての札を良く混ぜて各自に配り
順番に不足している人を指名して
持っているか尋ねることを繰り返しながら札を貰い
家族を合せていきます。
最も多くの家族を集めた者が勝ち。
何通りか遊び方があるようです。

お次は

2013_0428_174501-DSC00925.jpg
抜き取り面子各種 他

駄菓子屋玩具の定番面子は
駄玩具草創期からありました。

2013_0428_174604-DSC00926.jpg
(ベティちゃん?の拡大)

ベティ・ブープは
アメリカのフライシャー・スタジオによるアニメキャラクターで
1930年代に日本にも輸入されていました。

何故これをアップしたかというと
母は女学生時代のアダ名が
「ベティちゃん」であったと
生前
自分から自慢げに言っていたことを
思い出しました。

続いては

2013_0428_174037-DSC00922.jpg
パールぬりえ   (メーカー不明)

図柄の雰囲気と紙質から
昭和20年代だと思いますが
詳細は分かりません。

2013_0428_174102-DSC00923.jpg
(パールぬりえの箱の中)

中には小冊子になっているぬりえが約60冊入。

2013_0428_174324-DSC00924.jpg
(ぬりえの中身)

作画者は明記されていませんが
「きいち」や「まつお」(メーカー)を連想させます。


最後に珍しい双六とかるたの合体版を

2013_0428_175217-DSC00930.jpg
新版いろはまんが犬棒双六(ローマ字入)   (メーカー不明)

文字の並びからして戦前のものだと思われます。

右下の「い」を振り出しに
ぐるりと一周して段階的に内側に進んで上ります。

何コマか拡大して見てみましょう。

2013_0428_175655-DSC00931.jpg
いものにへたもごぞんじない

「芋の煮えたもご存じない」
芋が煮えているのかまだなのかも分別できない
世間知らずの人を指す慣用句ですが
この幼児が言ったとなると
ちょっと恐ろしい気がします。

2013_0428_180506-DSC00943.jpg
あたまかくしてしりかくさず

「頭隠して尻隠さず」
なんで隠れているのか
そして誰なのかが気になるところです。

2013_0428_180442-DSC00942.jpg
れいやくはくちににがし             たびはみちづれ

「良薬は口に苦し」
頭は「り」ではないのですね。
「り」は別にありました。

       2013_0428_175929-DSC00934.jpg
       りちぎ者の子だくさん

「律儀者の子だくさん」
まじめで義理がたい人は、
家庭につくすので自然と子供が多くなるの意味。

自分の親世代は
ともに5人以上の兄弟。
でもその時代では普通のことで
昔は律儀者の父さん多かったのですね。

まじめ一筋で生きてきた父に
今は少しでも孝行してあげなくてはと
母亡きあと
思いを新たに・・・。

スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/45-4748ca42