スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイヨー!シルバー

Posted by モロズミ・ダン on 19.2013 西部劇 0 comments 0 trackback
ブログを始めてもうすぐ1年
更新回数も今日が48回を重ねました。

これだけやれば
カテゴリー毎に最低1回はやったかなと思いきや
まだ取り上げてないテーマがあるんですね

定番でありながらまだやってないこれを
いつやるの?今でしょ!

との使命感(思い込み?)から
1周年を迎える直前に滑り込んだテーマは
西部劇です。

冒頭のタイトル「ハイヨー!シルバー」は愛馬への掛け声で
テレビ放送の「ローン・レンジャー」を見ていた当時の子供であれば
ごっこ遊びでよく使った懐かしいフレーズ。
流行語にもなっていました。


2013_0519_110400-DSC00994.jpg
カンカン極厚面子  ビニール引  200入     (メーカー不明)

ローンレンジャーとは似つかず
かなり太めのカウボーイです。

2013_0519_110615-DSC00995.jpg
(箱の中)

厚さ2mm位あって
この極厚のズッシリ感はメンコ勝負に有利でした。
当時1枚1円ぐらいだと。

昭和30年代前半は
「ローン・レンジャー」以外にも
「ローハイド」や「ララミー牧場」「ガンスモーク」「ライフルマン」など
西部劇人気を裏付けるように立て続けにテレビ番組が放送されました。

このメンコはちゃっかり
それら全部揃えちゃってます。


続いてシート物を

2013_0519_140927-DSC01007.jpg
ララミー牧場メンコシート     ㈱田辺玩具製作所

標準サイズのメンコで
25面のシート状になってます。

駄菓子屋によっては
店のおばあちゃんがハサミでカットし
10枚5円ぐらいで売ってました。

2013_0519_141130-DSC01009.jpg
(メンコの一部拡大)

インディアン襲撃の図柄もありますが
西部劇にはインディアンはかかせないキャスト。

そういえば
ローンレンジャーの相棒のインディアン
トントの口癖
「インディアン嘘つかない」も
当時流行語に。


続いては
西部劇には絶対欠かせないアイテム

2013_0519_111050-DSC00997.jpg
クラウンリボルバー

モデルガンやプラモデルで実績のある
㈱クラウンモデルが作ったものなのか?
現在のマークと違いますが
かなり昔なので変わっている可能性も有。
結局調べきれませんでした

2013_0519_111551-DSC00998.jpg
クラウンリボルバーの箱の中と獅子印優秀巻き玉 大谷煙火製造所

火薬玉を装着して
「パン!パン!」鳴らして遊びます。

当時のピストルのおもちゃは
この火薬玉式(音のみ)と
銀玉式(実際に銀玉が飛び出す)
の2種が主流でした。

2013_0519_111656-DSC00999.jpg
(獅子印優秀巻き玉の箱絵拡大)   

こんな勇ましい姿をイメージして
西部劇ごっこでは
主人公なりきりモードに。

2013_0519_111842-DSC01000.jpg
(クラウンリボルバーの拡大)

リボルバーと言っても
回転式弾倉(シリンダー)が実際にあるわけではなく
単なる型押しのデザインだけど
ブリキ製でいい雰囲気が出でます。

当時20~30円ぐらいだったかと。


       2013_0519_140147-DSC01005.jpg
(品名、価格、メーカー不明)

分からないことだらけですが
昭和の西部劇が流行っていた時期のもの
であることは確かでしょうか。

2013_0519_140220-DSC01006.jpg
(付属品の拡大)

下部の2丁拳銃は良く見かけたもの。
ヘッダー部分の赤いマフラーと
シェリフバッジ(金属製)のセットが珍品では
と思ってアップしました。

ここまで揃うとなりきり度
かなりアップしますね。

駄菓子屋ではなく
玩具店で扱っていたものでしょう。


最後に駄菓子屋定番の引きくじを

2013_0519_141242-DSC01010.jpg
タツヤのおもちゃ  5円引くじ

一見
西部劇とな関係ない箱絵ですが・・・。

2013_0519_141722-DSC01012.jpg
(箱の中)

縦約40cmの箱を開けると玩具がギッシリと。
13等まではかっこいいダイカスト製のミニチュアモデルが中心。
はずれは一番下の枠にまとめて入っている
グリコのおまけのような小さなプラ玩具(バスor戦車)。

2013_0519_142158-DSC01015.jpg
(1等の拡大)

古典的なフリントロック式銃と
シェリフバッジのセット。
6~7㎝のミニモデルながら
細部まで再現されていて良くできています。
これを1回(5円)でゲットしたいと
誰もが淡い願望を懐いたでしょう。

でも現実はそんなに甘くなく
生きることの厳しさを
駄菓子屋で学んでいました。

2013_0519_142348-DSC01017.jpg
(4等の拡大)

ピストルとライフルのセット。
シルバーのピストルは
マッチガン(マッチ棒を弾として飛ばす)に
なっているようです。

2013_0519_143056-DSC01021.jpg
(8等の拡大)

駅馬車のミニチュアです。
タイトルにMETALとありますが
プラ製ですが
いい雰囲気出してます。

駅馬車は西部劇では重要な役割を担い
当時プラモデルで商品化されるなど
人気の高さもかなりのものがありました。
なので
1等がはずれてもこれでもいいかな
と思わせる8等ですね。




スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/48-10207078
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。