犬も歩けば・・・

Posted by モロズミ・ダン on 26.2013 その他・定番 0 comments 0 trackback
明日5月27日は
「百人一首の日」だそうです。

百人一首は駄菓子屋さんにはなかったけど
駄玩具系のカードゲームとして「かるた」がありました。

かるたはこれまで
その時のテーマにあわせて結構な数アップしてきましたが
いつも助演俳優のような立ち位置でのアップ。
お弁当で言えばポテトサラダ的副菜のような扱いだったので
今日はかるたを主役に大抜擢して
スポットをあててみましょう。

まずは昭和20年代後半でしょうか
かるた基本原型ともいえる犬棒かるたから

       2013_0526_175153-DSC01022.jpg
       犬棒かるた(箱裏面)    ノブヤ

2013_0526_175554-DSC01024.jpg
教育かるた 犬棒(箱表面)と絵札と字札

えっと
表面は「教育かるた 犬棒」裏面「犬棒かるた」側面「いろはかるた」
と異なった表記。
どれが正式な名称でしょうか

まぁ「いぬもあるけばぼうにあたる」ではじまる
この時代ではスタンダードなタイプです。

つづいてはシート状のものを

2013_0526_180056-DSC01026.jpg
犬棒いろはかるた    ナゴヤ玩具

同じ年代のものだと。
絵札をいくつかピックアップしてみましょう。

2013_0526_180712-DSC01032.jpg
絵札「ろ」「は」



ろんよりしょうこ

テストが0点ですが
どんな言い訳したのでしょうか
この証拠は隠したいところです。



はなよりだんご
あまりに有名な句ですが
お団子の赤が鮮やかすぎ。
合成着色料や合成甘味料が出始めた時代ですか。

2013_0526_181001-DSC01033.jpg
絵札「ゆ」「め」



ゆだんたいてき
あっと!こんな大きなボールが飛んでくるなんて
その後の少年の安否が気がかりです。
油断大敵と言うより予測不能でしょう。



めのうえのたんこぶ
目の上というより
頭のてっぺんなので
チョイ勘違いのおしい感じです。


こういった原型版「犬棒いろは」系から派生して
そのあとの時代には色々なタイプの進化版が登場しました。
箱絵と中身を立て続けに見てみましょう。

       2013_0526_181522-DSC01035.jpg
       漫画かるた      キング製
       
       2013_0526_181611-DSC01036.jpg
       (漫画かるた箱の中)

箱絵は人気漫画イガクリ君のようにも見えますが
中身は普通のいろはかるた的な内容。
箱絵で期待して買った人のガッカリ感が高い商品です。


どんどんいきます。

       2013_0526_195520-DSC01043.jpg
       冒険活劇かるた    ミツワ玩具

       2013_0526_195602-DSC01044.jpg
       (冒険活劇かるた箱の中)

小松崎茂先生や坂入徳次郎先生など
冒険劇画タッチの絵物語が流行っていた時代で
それに影響を受けた感じですか。

帯がかかったままで見づらいですが
「命拾いの沼の中」の絵札では
カバが襲ってきています。
ワニやピラニヤでないところが意表をついていて
カバを見くびってはならないことを教えています。


続いては

       2013_0526_181707-DSC01038.jpg
       テレビ時代劇かるた  ニコニコ印

       2013_0526_181833-DSC01039.jpg
       (テレビ時代劇かるた箱の中)

白馬童子を思わせる箱絵。
中の絵札は人気時代劇漫画で人気だった
植木金也先生の作品を意識したものでしょうか。


漫画、冒険、時代劇ときて次はSF系で

       2013_0526_195625-DSC01045.jpg
       マンガかるた     キング製

       2013_0526_195647-DSC01046.jpg
       (マンガかるた箱の中)

サイボーグ009のアニメ版から持ってきた
と思われる図柄ですがどこか違う感じ。
中身は009ではなくて
ポパイなど当時の人気キャラを多数をぜいたくに登場させてます。


スポーツの分野も商品化

       2013_0526_195709-DSC01047.jpg
       スポーツかるた   カゴメ玩具

       2013_0526_195733-DSC01048.jpg
       (スポーツかるた箱の中)

東京オリンピックの開催の影響もあって
スポーツ物も売れた時代です。

とにかくあらゆるテーマで
「かるた」が増殖していきました。

これらの商品は売れ筋だったので扱い店舗も
玩具店や文具店さらに駄菓子屋と
幅広く販売されていたようです。
価格も50円~80円ぐらい。
版権ものが150円前後であった時代で
少々割安感もありました。

最後に
これは明らかに駄菓子屋のみの
取り扱いだったシート状のかるたを

2013_0526_195931-DSC01050.jpg
テレビ人気者かるた   (メーカー不明)

遠目の全景で見てもちょっと怪しい雰囲気がプンプン。
価格は10円ぐらいか?

一部ピックアップを。

2013_0526_200413-DSC01055.jpg
「い」札

最初からそう来ましたかっ
一応、犬棒かるたを踏襲しているつもりでしょうね。

2013_0526_200218-DSC01054.jpg
「の」札

はぁ~
カネロンって台所洗剤のような名前ですが
ネロンガだってことはわかってます。

ちょっとトリビアですが
ウルトラマンは
あの恐怖漫画でおなじみ楳図 かずお先生
初期のウルトラマンを描いていたのですが
そこから図柄持ってきてます。
口元にマスクがかかっていない感が特徴でした。

2013_0526_200039-DSC01052.jpg
「ん」「す」札

勇ましい鉄人?の姿が連続で描かれてますが
字札をみて
これは鉄人であってほしくないような気分に。

2013_0526_200129-DSC01053.jpg
「ん」「す」字札

ええロボットですから感じないでしょう。
ビューンと飛んでいってほしいのですが
いつからそんなに控えめになったのでしょうか。すーッといなくなるように。
それともすでにハイブリッド機能を備えていたのか
とも思わせます。

最後は先に字札から見て下さい。

       2013_0526_200818-DSC01062.jpg
       「と」字札

ボールにんげんの登場です。

       2013_0526_200430-DSC01056.jpg
       「と」札

膝を抱えたボール状の人間が
凄いスピードで飛んできて
「とまれ!」とバットマン?は叫んだようですが
すでに後方に通り過ぎ跳ねまくってます。

タクシーを止めるような単なる片手上げでは
まず止まらないと思います 
なにしろボール人間ですから。      
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/49-3b26ebee