駄菓子の漫画チックな魅力

Posted by モロズミ・ダン on 26.2012 駄菓子 0 comments 0 trackback
駄菓子屋の主役は、その名の通り駄菓子。
原色の鮮やかな色目でいつも購買欲も刺激されました。
(今思うと危険すら感じる鮮やかさで汗)

箱絵も人気キャラ達をふんだんに使った漫画チックな感じは
これはもう玩具の領域でした。

2012_0624_224844-DSC00091_convert_20120626224232.jpg
ダイケンの食玩=昭和30年代から「食玩」という言葉があったとは・・・

2012_0624_224658-DSC00090_convert_20120626223955.jpg
箱の中はプラ製のカラフルなチャッピーがたくさん。
(宇宙少年ソランにでてきたキャラ)


ダイケンはハッカパイプを製造していたメーカーなので
これもハッカパイプの一種ではないかと。
ハッカ?が入っていた茶色のバーは長い年月でひからびています。

2012_0729_164155-DSC00051_convert_20120729171410.jpg
オバケ インスタントジュース 小林食品株式会社(名古屋)

よく見ると3本の毛がありません。Qの字もナシ。
やはり3本の毛を書き足したくなる衝動に駆られます。
版権を意識しての苦しい差別化でしょうが
これ以外にもデザインや色を少々変えたりしたものが多く存在しました。

とゆーか当時の駄玩具の世界は大半がこんな感じ・・・
薄利多売で商品化のスピードとコストを優先した結果でしょうか。
このレベルでもなんとかすり抜けられた?であろう
緩やかな時代でした。

2012_0624_225541-DSC00096_convert_20120626224307.jpg
中には「粉ジュース」が。プラカップとストローがセットになって5円売り

2012_0624_230006-DSC00097_convert_20120626224333.jpg
同じオバケ図柄の箱でも中身は普通の「粉ジュース」入バージョンも有。

赤や黄色の絵具を溶かしたような元気色のジュースを飲むと
その色素が舌にべっとり残ったり
しびれるぐらいの強烈な炭酸も印象的でした。
(炭酸のはじけるシュワシュワに顔を近づけて涼んだりした)

当時「粉ジュース」は一般の食品としても多くの銘柄が売られていて
TVコマーシャルも頻繁に流れるほど人気定番商品でした。
お行儀悪く水に溶かさず粉そのものも舐めたり・・・
かなり甘っの記憶。
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/5-10db0908