スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の21世紀になったけど:その1

Posted by モロズミ・ダン on 16.2013 未来・科学 0 comments 0 trackback
何かブログの題材になるテーマがないかと
調べていたら
記念日ではないのですが
3年前の6月18日は「環境未来都市」構想が
閣議決定された日だそうです。

内閣官房地域活性化統合事務局HPには
「限られた数の特定の都市を環境未来都市として選定し
持続可能な経済社会の発展の実現を目指す」との
主旨が載っていました。

仕事で疲れているせいか
私の理解力が乏しいのか
いまいち具体的な未来都市イメージが浮かばない
スッキリしない気分に・・・。

そういえば子供のころ読んだ科学雑誌には
カッコ良くてわかりやすい未来想像図がたくさんあったのを
思い出したのでまた見てみたくなりました。

2013_0616_202402-DSC01151.jpg
「科学クラブ」臨時特別号   ㈱東雲堂 昭和34年12月発行
特集:わたしたちの21世紀  作画:伊久留朱明 他

科学クラブいいですねぇー
これですよ未来都市は!

ぽっかり浮いた円盤状のものは
ドーム型の空中飛行場。
高周波の電波を地上から受信し
内部の反動室で強力な電気火花を発生させ
上から取り入れた空気をイオンに変換
それを下方に吹き出して浮いているしくみ
と解説があります。

それ以外にも小型の円盤状の乗り物も
多数飛び交ってます。

これに合わせて
円盤系の玩具見てみましょう。


2013_0616_183936-DSC01125.jpg
X-7円盤   ㈱増田屋コーポレーション

駄玩具でなく
ちゃんとした玩具です。
この玩具はマスダヤのHPによると
1960年から発売されて大ヒットした
とあります。

でもこれは初期のSTマークが付いているので
1971年頃に再版されたものでしょう。

2013_0616_184353-DSC01130.jpg
(スイッチオン)

単一電池2本で動きます。
光を点滅させピッピッと飛行音を出し
物にぶつかっても回転走行。
直径約20cmで存在感あります。

コクピット内のレーダーもクルクル回ったりして
とてもよくできた玩具です。


再び科学クラブに戻ると

2013_0616_182528-DSC01119.jpg
空と地をかける新しい乗り物  科学クラブより

車は宙に浮いて走行。
道路下からの高周波電波をを受けて
動力とし、すっ飛びます・・・
との解説あります。
先の空中飛行場と同じ原理でしょうか。

空には原子力で飛ぶ旅客機も。

この迫力ある雰囲気もしや
と思ってよくみると

2013_0616_182544-DSC01120.jpg
小松崎茂先生のサイン

当時田宮の戦闘機や戦艦
今井科学のサンダーバードなど
プラモデルの箱絵でも第一人者だった
小松崎先生の作品
涙ものです。

子供の時は作者名など意識していなかったけど
当時はこの迫力ある作品を
箱絵や雑誌の挿絵などでふんだんに見れたんですから
幸せ者でした。


2013_0616_183041-DSC01123.jpg
音と光とをせい服した乗り物  科学クラブより

当時の時点で
具体的に計画されていた未来カー。
ゼネラルモータス社の火の鳥3号車
車輪のある車としては最終形で
この後は車は宙を浮いて走るとされていました。

駄玩具の未来カーを見てみましょう。

2013_0616_185338-DSC01141.jpg
(品名 メーカー不明)

NO.110 Made in Japan
が小さく印字されているだけで
詳しいことが分かりません。

駄菓子屋玩具にしては大ぶりで
全長約20cm弱。

     2013_0616_185617-DSC01144.jpg
     (未来カーの上面)

尾翼とコクピット部はプラですが
ボディはブリキ製。

わずかに腐食が出始めてますが
いい質感が出ています。


次回も「夢の21世紀・・・」を
飛行機系中心に。
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/52-efd190a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。