スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生死をかけた冒険の結末は?

Posted by モロズミ・ダン on 25.2013 その他・定番 0 comments 0 trackback
8月30日は
「冒険家の日」

1965年、同志社大学遠征隊によるアマゾン川源流からのボート下りや
1970年、植村直己さんのマッキンリー単独登頂成功
さらには
1989年の堀江謙一さんによる小型ヨット太平洋横断
などがこの日なので
とのことです。

今日は
冒険や探検にちなんだ駄玩具として
かるたと双六を取り上げてみました。

タイトルを「生死をかけた冒険の・・・」
としてましたが
アップ用の写真を撮り終えた今
「荒唐無稽な冒険の・・・」に替えても良かったかな
とも思わせるようなハチャメチャぶりでしたねこれが。

まずはかるたから

2013_0825_200502-DSC01520.jpg
冒険かるた    まるまん出版社

タイトルの書体からして
昭和30年以前のものだと思います。

       2013_0825_200636-DSC01521.jpg
       冒険かるた (箱の中)

「勇んで出かける猛獣狩り」
から始まります。

札は未使用で紙帯が付いたままですが
緩めに巻かれているので
中を抜き出してみました。

2013_0825_175520-DSC01483.jpg
冒険かるた 「ぬ」

冒険にも程がある!と言いたくなる激しさです

2013_0825_175307-DSC01481.jpg
冒険かるた 「ほ」

銃器などをあえて使わない
猛獣格闘の旅だった?

2013_0825_180828-DSC01493.jpg
冒険かるた 「す」

フカとの格闘は
「大」が付いてません。
ワニや白クマよりは
たやすい相手だったと思われます。

でもフカをナイフ1本で仕留めるなんて
冒険家ではなく完全に超人の域。

2013_0825_180236-DSC01488.jpg
冒険かるた 「お」

一騎討ちする必要がどこに

地球上の最強の生物であることの
証明でもしたいのでしょうか。

2013_0825_180802-DSC01492.jpg
冒険かるた 「せ」

とにかく猛獣と
戦いまくってます。

こんな熾烈な戦いが続く
かるただとは思いませんでした。

2013_0825_175805-DSC01485.jpg
冒険かるた 「ら」

さすがに百獣の王ライオン
超人も簡単には手が出ません。
しばらく睨みあってたようですが
ライオンもちょっと困った表情に。
この後はどーなったのでしょうか。

2013_0825_180625-DSC01491.jpg
冒険かるた 「し」

あれっ
クマとは戦わず死んだふり
今までの勇ましさはどこに。
白クマには勇敢に戦えたけど
普通のクマには勝ち目がないとの判断したようです。
ここで残念ながら超人の威厳はなくなりました。

2013_0825_180525-DSC01490.jpg
冒険かるた 「さ」

冒険・探検物でお決まりのシーン
お宝が出てこないと成り立ちません。
ちょっと安心しました。

2013_0825_175903-DSC01486.jpg
冒険かるた 「む」

現地人には簡単に捕まってしまいました。
「無念や・・・」の言葉で
関西出身の人であることが分かります。

(「土人」は現在では放送禁止用語に)

2013_0825_180420-DSC01489.jpg
冒険かるた 「て」

えっと
このかるたの全47枚(+京)の絵札の中で仲間外れの絵はどれでしょう
とのクイズがあったとしたら
間違いなくこれでしょう。
秘境の谷間などを綱渡りする絵ならわかりますが
これ完全に曲芸です。番傘持ってるし、足袋だし。

2013_0825_181000-DSC01494.jpg
冒険かるた 「京」

都会での撮影風景が。

これまでの激しい猛獣との戦いも
映画の撮影シーンだったのでしょうか。
最後に種明かしされたような・・・

どうりで派手な格闘アクションだったと

映画だとすれば曲芸女性が出てきても
おかしくないのかなぁ。


続いては双六を

2013_0825_200059-DSC01519.jpg
新宝島双六       (メーカー不明)

冒険かるたより後の時代
と言っても昭和40年代のものでしょうか。
この袋の中に折りたたんだ双六とサイコロが入ってます。

2013_0825_181936-DSC01499.jpg
新宝島双六 

広げてみました。
B2サイズより大きい幅76cmある大判です。

タイトルは「宝島探検双六」
外袋とちょっと異なります。

物語になっているので
出来るだけ順番にみてみましょう。

2013_0825_182055-DSC01500.jpg
新宝島双六 ふりだし ①

古地図を持って宝探しへ出発。

2013_0825_182123-DSC01501.jpg
新宝島双六 ④⑤

海賊船の襲撃が。

2013_0825_182145-DSC01502.jpg
新宝島双六 ⑦

簡単に捕まってしまい・・・

2013_0825_195046-DSC01515.jpg
新宝島双六 ⑧

おや犬だ。

2013_0825_182233-DSC01504.jpg
新宝島双六 ⑨

犬が
なんと器用に縄を解き・・・

2013_0825_195230-DSC01518.jpg
新宝島双六 ⑩

海賊船は嵐に遭遇。

2013_0825_182309-DSC01505.jpg
新宝島双六 ⑪⑫

そのまま漂流。

2013_0825_182341-DSC01506.jpg
新宝島双六 ⑭⑮

運よく宝島に漂着するも
またもや海賊たちもやってきた。

2013_0825_195130-DSC01516.jpg
2013_0825_195204-DSC01517.jpg
新宝島双六 ⑯~⑲

海賊たちは地図を頼りに
洞穴の宝を探し当てたが・・・

2013_0825_182512-DSC01507.jpg
新宝島双六 ⑳

宝島の猛獣たちに攻撃され全滅。

2013_0825_182530-DSC01508.jpg
新宝島双六  21

一方、ピート君は
突然現れたターザンの協力で
本物の宝箱を発見。

2013_0825_182551-DSC01509.jpg
新宝島双六  上り

宝物を前に
みんなで喜び合ってますが
なぜかターザンは浮かぬ表情を。

この双六
あの手塚治虫先生の幻の名作
「新宝島」
のキャラクターをちゃっかりベースにしてますね。
(お話の展開も)

双六自体はパチ物扱いで
あまり価値がありませんが
ちなみに「新宝島」初版本(昭和22年育英出版発行)
があったら
ン百万円するかもしれません本物だったらですが。

img023.jpg
「新宝島」 原作・構成:酒井七馬 作画:手塚治虫
株式会社小学館クリエイティブ 2009年発行の完全復刻版「新宝島」表紙カバーより

この本の昭和22年当時物を
お持ちの方は鑑定いたしましょうご連絡下さい(ニヤリ





スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/61-d58640ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。