暑い夏も涼しく遊ぶ

Posted by モロズミ・ダン on 15.2012 季節・行事 3 comments 0 trackback
今年も暑い季節がやってきました。
小学生のころは快適なクーラーがある家などはほとんどなく
外で水遊びをするのがもっとも涼しい過ごし方だった気がします。
今思うと
とてもエコでしたね。
この時期、駄菓子屋でも水遊び系玩具が種類豊富に揃ってました。

2012_0729_170640-DSC00056_convert_20120729171448.jpg
「噴水おもちゃ当て」(引きくじ)の箱絵アップ

2012_0715_143419-DSC00105_convert_20120715154803.jpg
1等は大きな水車型の噴水 
その他は戦艦、シャチ?、マシンガン、飛行機、鶴などの噴水物がズラ~リ


噴水といっても機械的なギミックがあるわけではなく
細長いビニール管の先におもちゃをつけた簡単なもの。
サイフォンの原理と言ったでしょうか。
水を入れたバケツを高い位置に置いて(または吊るして)
そこからビニール管を引いてきて水を呼び込み、
先端のおもちゃから散水する仕組み。

お次は駄菓子屋というより、
おもちゃ屋で販売されていた水遊び系玩具を2点。

2012_0715_145448-DSC00108_convert_20120715154906.jpg
「鉄人28号ポンプ」と「ビッグXジョーロ」                  ともにタカトク製

       2012_0715_144943-DSC00107_convert_20120715154840.jpg

どんな遊び方かというと
鉄人は水を張ったタライなどに置いて、ジャバラを伸縮させる
すると胸に抱いたリモコンから水が飛び出すしくみ
ビッグXは背中の穴に水を入れ、両手から散水する
・・・ときわめて簡単なもの。

倒産して今はないタカトクは
かつてはバンダイやタカラに次ぐ大手玩具メーカー。
写真のようなマンガキャラクター玩具(当時はマスコミ玩具と呼ばれた)の
さきがけ的メーカーでした。
それにしてもキャラクターをポンプやジョーロにまでしてしまうなんて
ちょっと強引すぎるような。
それでもそれぞれ下のほうに版権の証紙が貼られています。

実際に使い方の実演をしたいところですが
開封・使用で価値が大きく下がるようなのでどーしても出来ませんでした

2012_0715_150051-DSC00109_convert_20120715154956.jpg
タイガー印バズーカピストルとブリキ製水鉄砲(写真上)

水遊びの定番と言えば水鉄砲ですね。
写真のような半透明のプラ製のタイプがスタンダードでした。

2012_0715_152603-DSC00130_convert_20120715155059.jpg
ブリキ製水鉄砲のアップ 箱は無地で何も印刷なくメーカー不明

ブリキのピストルは火薬の巻き玉タイプはよく見かけたけど
水鉄砲は珍しいのでは?サビやすいと思うのですが・・・。

2012_0715_151732-DSC00125_convert_20120715155023.jpg
今でも勢いよく発射可能

洗面器に水を張り
ピストル先端を水につけながら引き金をゆっくり引くと
引き戻り時に水が充填されました。
1回の充填で2回ほどしか撃てず何回もやりたくなります。
(久々に童心に帰った束の間の時)

スポンサーサイト

○ Comment

モロズミ ダン様はじめまして。

いつも楽しく拝見させていただいております 当方は70年代キッズなのですが幼少時より「自分が生まれる前」のマンガに強い興味を示しガンダムやスーパー戦隊の時代に「鉄人28号」や「まぼろし探偵」の画像(ケイブンシャの百科などの口絵で見た)を見ては興奮している子供でした。

故にこちらのサイトの内容が興味深くまた時代は違えど「駄菓子屋文化」が現役だった頃に幼少期を過ごした者として深く共感しております。

さてこのブリキ製の水鉄砲、タイプは違いますが当方も小学生時代に所有しておりました、通常プラスチック製の水鉄砲がブリキ!という意外性から購入したのですがパーツの合せがユルく、まず水が漏れてしまい撃つまで水がもたないというシロモノでした(そしてすぐ錆びた)

こちらで紹介されているブリキ水鉄砲はきちんと水が撃てる!スゴイ!!水を注入するシステムも合理的でカッコイイですね、現在の子供たちに与えても夢中で遊びそう!

それでは失礼いたします、他にも好き好きな記事がたくさんありますので度々コメントしてしまいそうですがお許し下さい!
2014.01.18 15:16 | URL | ストラダ5 #JyN/eAqk [edit]
コメントありがとうございます。
私は昭和34年生まれですが、ストラダ5さんと同じように生まれる前のものにも何故か思い入れを感じております。
何故なのか記憶をたどってみると・・・
小学生(低学年)の頃友達の家で遊んでいるとそのお兄ちゃんの持っていた古い漫画本や駄玩具がたくさんあってよく勝手に読んだり遊んだりしていた。また上野の親戚のおばさんの家によくお邪魔したんですが毎回近くの古本屋で漫画の付録本をたくさん買ってもらった。今振り返るとその中には昭和30年前半のものが多かったように感じます。今では1冊数万円する月光仮面とか5円で売ってましたよ。タイムマシンが欲しいです。
ですので私の場合は幼少の時に昭和30年代前半の漫画や駄玩具のウイルスに知らないうちに感染してしばらくの潜伏期間を経て発症してしまったようです。症状は悪化をたどるばかりですが。

駄玩具のピストルといえば
先日、50年近く前の発砲音を出す平玉が入っていた箱を開けたのですが、開けた途端、今でもほのかに火薬のにおいがしたのです。
このにおいがものすごく懐かしくてにおいの記憶ってあるんだなぁと、そこから当時の情景までよみがえってきてまるで昔の友達に何十年ぶりにあったような不思議な気持ちに。
駄玩具ピストルはこのような火薬で「パンパン」鳴らすタイプと銀玉を発射するタイプ、そしてストラダ5さん
もお持ちの水鉄砲タイプと大きく3種類ありましたね。機会があればブログでも特集を組みたいと思っております。懐かしさがまた共有できればうれしいです。またコメントもお聞かせ下さい。

2014.01.19 14:50 | URL | モロズミ・ダン #- [edit]
モロズミ ダン様ご返答ありがとうございます

月光仮面の付録本が一冊5円!タイムマシンの開発を急いで欲しいですね。

駄玩具ピストルは私の幼少時には弾丸が円盤型のものや実際の弾丸のような形状の白いプラスチック製の弾を打ち出すものがあったように思います、火薬で音を出すタイプのものは赤い巻紙、これを銃に詰めずに指で火薬部分をはさんで一気に引っ張って連続で爆発音をだすという危険なテクニックがありましたが恐ろしくて実践できませんでした、もちろん銀玉鉄砲のビーンビーンという射撃音も忘れられません、当方は広島在住ですが場所や時代が違っても駄菓子屋に通った子供時代の記憶や体験は共通しているのではと感じております。
2014.01.19 22:55 | URL | ストラダ5 #JyN/eAqk [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/7-39b530c8