環境配慮かそれともコスト削減か

Posted by モロズミ・ダン on 26.2013 未分類 0 comments 0 trackback
1週間ズレてのアップになってしまいましたが
10月20日は「リサイクルの日」だそうです。

さらに10月は
経済産業省を含む関係8省庁による
3R(リデュース・リユース・リサイクル)推進月間
と定められていてイベントなどを通じて
広く国民に向けての普及啓発活動を実施しているとのことです。

え~少々堅苦しい出だしになってしまいましたが
駄玩具と関連付けなんて無いんじゃないの
との声が聞こえてきそうですが
実は結構あるんですね。

どーいうことなのかとの説明より
まず見ていただきましょうか。

2013_1020_164938-DSC01809.jpg
提灯?       (メーカー不明)

底面を上にして撮影してますが
折りたたまれた状態です。

2013_1020_165430-DSC01812.jpg

ひっくり返して
上面を持ち上げると
次第に立体に。

2013_1020_170501-DSC01818.jpg
(提灯使用例)

本来だと
小さなロウソクを立てて使うようになってますが
ロウソクがないのでミニLEDライトを入れてみました。
結構いい雰囲気が出ているので
このまま趣味の部屋に飾ってます。

さて
どこがリサイクルかといいますと

2013_1020_165015-DSC01810.jpg

この面の
タイトル切れだったり

2013_1020_165045-DSC01811.jpg

この面なんかも
関係ない文書が印刷されてたり
全く不自然。

そうなんです。
これらは売れ残った付録の漫画本の
表紙や裏表紙を再利用したものなんですね。

2013_1026_223212-DSC01853.jpg
月刊誌の付録漫画各種

こういった付録本の表紙、裏表紙は
少々厚みがあって紙製の駄玩具にちょうど適していたようです。

また
印刷色も派手で
人気キャラクターも見え隠れしていて
正規キャラクター商品っぽく見えるし
流用するには持ってこいだったと。

売れ残りまたは古紙流通の古本を調達していたであろうことを考えると
コストもほとんどタダみたいなものだったのではないでしょうか。

企画された方の着眼力には脱帽ものです。


続いてはメンコを

2013_1020_171342-DSC01820.jpg
はしれチェス長カード  100付   (メーカー不明)

走れチェスは
調べてみると
日本では1960年10月1961年6月まで
NHKで放送されたアメリカ制作の実写ドラマ。
少女ベルベットが愛馬チェスを訓練し
グランドナショナル競馬に優勝するまでのストーリー。
(私はまったく観た覚えがありませんが)

放送年から考えて昭和30年代後半に作られたものだと。

2013_1020_171430-DSC01821.jpg
はしれチェス長カード  (箱の中)

5円で薄いピンクの束を買い
中のメンコの裏側に当たりのスタンプが押してあると
綴り式になっているメンコシートがもらえました。

中身を全部出してみると・・・

2013_1020_171557-DSC01823.jpg
はしれチェス長カード  (箱本体)

なんと他のメンコに使われていた
上蓋を逆折りにして
強引に箱本体として再利用していました。

もちろん箱本体は通常無地なので
在庫が残ったものを流用してもわかりませんが
稀に印刷された上蓋も在庫が残ってしまう場合が
あったのでしょう。

このパターン他にもたまに見掛けます。

2013_1026_221914-DSC01849.jpg
最新版特製丸面子  4枚売400入り   ㈱田辺玩具製作所 

こちらも中身全部を取り出すと。

2013_1020_172055-DSC01827.jpg
最新版特製丸面子  (箱本体) 

走れチェスと同じパターンです。
売れ残ったり、牙城印刷してしまった場合でも
廃棄せずに再利用するなんて
とてもケチ・・いやいや元祖もったいない精神が溢れてますね。


続いては
これまでもこの引き束タイプは
いくつか紹介しましたが

2013_1026_222705-DSC01852.jpg
玩具取合福袋と引き束各種

上部2束と右側の2束は
中身は表紙に貼ってあるような
メンコやブロマイドが1枚入ってます。
メンコなどの裏面に当たりのスタンプが押してあると
別にの台紙に貼ってあるメンコシートや大判ブロマイドがもらえる
と言った仕組み。

取合福袋は
袋によって人気の高い玩具が入っているもの。

2013_1020_173123-DSC01831.jpg

横から見るとこんな感じですが
共通点は
古雑誌(または新聞紙)で作った袋を使用していること。
まさにリサイクルの塊のような商品。


2013_1020_172902-DSC01830.jpg

今となっては中身以上に
昭和30年代の記事や広告も大変興味深いところですが
これ
かなりアダルト系記事もあったりで
子供には読ませちゃいけないはずですが
お構いなしに使われてました。

薄利多売の駄玩具ですから
紙の選別などしている手間など
掛けられなかったのでしょう。

まぁ当時は八百屋さんなどの一般の商店でも
商品を包むのに古新聞紙を使用していた時代ですから
特にエコなことをしているというより
商品以外には無駄にコストをかけないことが一般的だった気がします。

取合福袋にはどんな玩具が入っているのか
いくつか開けてみました。

2013_1020_174741-DSC01838.jpg
取合福袋の中身

おそらく5円引きかそれ以下の
引き束でしたので
右の写し絵だとはずれに値するでしょう。
当時5円あれば写し絵は1シート分(24枚綴り)買えましたので。

左は小箱入りの無地の名詞。
価格相応でしょうか。

2013_1026_221506-DSC01846.jpg
取合福袋の中身

左は釣り道具セット。
舶来ナイロンテグス入り
と印刷されています。
舶来品が高級品の代名詞であった時代です。

右が雷光、宇宙砲、白煙弾×2の合計4本入り。
白煙弾には初期の頃の有名なネズミMのイラストが。
おそらく2B弾系の危険な爆竹系花火ではないかと。
この種の花火は発売しては子供が事故が起こり発売中止。
商品名を変えて再登場してはまた同じことの繰り返し
だったような気がします。

この2種は「当たり」の部類に入ると思われます。

昭和40年代には
新聞紙袋は無地のザラ紙(再生紙100%)に代わっていきました。
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/72-3c0dafd4