限りなく玩具に近い実用品:その2

Posted by モロズミ・ダン on 10.2013 文具 0 comments 0 trackback
先週に引き続き
手塚漫画系の文具を。

2013_1110_204426-DSC01882.jpg
ジャングル大帝 おけいこバッグ        ㈱サンエス
ジャングル大帝手塚治虫/手塚プロダクション

大判のおけいこバッグ幅40cm位あります。
外側は塩ビに全面プリントを施していて迫力満点。
(経年の劣化でビニールが浮きはじめてシワになっていますが)

野外学習や写生、普段の通学と
大判の画用紙などを持ち運ぶ時の必需品でした。

ラベルの裏には手書きで
1000円と書かれてますが
当時書かれた価格ならば
かなりの高額品と言えます。

2013_1110_204636-DSC01883.jpg
ジャングル大帝 おけいこバッグの中
ジャングル大帝手塚治虫/手塚プロダクション

中にパスケースを置いてみたけど
大判サイズであることがおわかりでしょう。


続いては大きさ比較したパスケースを

2013_1103_180827-DSC01871.jpg
アトムパス ジャングル大帝ピックメモ    サンスター文具
鉄腕アトム ジャングル大帝手塚治虫/手塚プロダクション

文具店の定番商品。
アトムパスのタイプは
今で言うミニシステム手帳と言ったところでしょうか
誰もがお気に入りのキャラで持ってました。

       2013_1103_182459-DSC01872.jpg
 
アトムパスは塩ビのソフトカバーで
広げるとメモ帳、時間割、小物ポケットなどが。

ピックメモはPS素材のハードタイプ。
中には独立型のメモ帳が入っていて
裏面はダイヤル回転式のコインホルダーになってます。
昭和時代の古~い百円玉を置いて
当時の雰囲気出してみました。


続いては

2013_1110_205733-DSC01885.jpg
鉄腕アトム定規           (メーカー不明)
鉄腕アトム 手塚治虫/手塚プロダクション

当時の虫プロの証紙が
しっかり貼られているので
サンスターあたりの企画だと思います。
ミニサイズだけど
見る角度で図柄が変わるチェンジカード付き
これが買う気にさせました。

お絵かきは毎日の定番お遊びだったので
テンプレートは重宝しました。

続いては
そのお絵かきには欠かせない
ノートを。

2013_1103_184050-DSC01874.jpg
2013_1103_184202-DSC01875.jpg
ビッグX自由帖         セイカノート㈱
ビッグX手塚治虫/手塚プロダクション

「手塚治虫先生のデザインをノートに使用できるのはセイカノート㈱に限ります」
と裏表紙に印刷されてます。
虫プロとの独占使用許諾だったんですね。
もし他のメーカーで手塚漫画っぽいのがあったら
それは偽物だから
と言いたかったのでしょう。

2013_1103_184236-DSC01876.jpg
2013_1103_184419-DSC01879.jpg
鉄腕アトム自由帖         セイカノート㈱
鉄腕アトム手塚治虫/手塚プロダクション

もちろん一番人気だったでしょうアトムは
たくさんのバージョンが発売されました。


2013_1103_184300-DSC01877.jpg
2013_1103_184335-DSC01878.jpg
鉄腕アトム自由帖         セイカノート㈱
鉄腕アトム手塚治虫/手塚プロダクション

左側のノートは珍しい大和銀行の
販促物です。

当時
どこの銀行でも新規口座を契約をした際に
ソフビのかわいい貯金箱などがもらえました。

こんな感じの

       2013_1110_224036-DSC01897.jpg
2013_1110_223641-DSC01893.jpg
大和銀行 鉄腕アトム貯金箱 (非売品)
鉄腕アトム手塚治虫/手塚プロダクション

大和銀行のアトム貯金箱は有名でしたが
ノートもあったことはあまり知られてません。

この粗品の人気度(子供にせがまれて)で
口座契約獲得に大きく影響していたのか
各行競って粗品の充実させていたんのです。

2013_1103_184453-DSC01880.jpg
2013_1103_184607-DSC01881.jpg
ジャングル大帝 自由帖       セイカノート㈱
ジャングル大帝手塚治虫/手塚プロダクション

こちらもアトムに負けないぐらいの人気キャラでした。

表紙裏のぬりえを
いつのタイミングで使おうか
お楽しみはもう少し先に取っておこうと
思案した記憶があります。
なんせ1冊に
たった2ページしかなかったものですから。

お知らせ
ブログを始めてからおかげさまで
約1年半経ちました。
当初から楽しんでやらせていただいてます。

突然の気まぐれですが
これまで毎週末の更新だったのですが

今後、毎月第2、第4日曜日更新
とさせていただきたいと思います。

そろそろネタがなくなってきたんだろう
との声が聞こえてきそうですが
ちがいます
引き続き同じペースでやっても
余裕でまだ3~4年分はあるのだ
(・・・と心の中で強がりのつぶやき)

ブログ開始から
週末の記事アップのために自由時間が結構費やされ
他のことがあまりできず
モヤモヤさま気分が累積。

ジオラマ工作やブックリペアやら陶芸やらFBなんかが
急にやりたくなる禁断症状が出始めた次第でして
しばらく療養を余儀なくされております。

今後は日数を空けた分
さらに懐かしさや味わい深さを濃縮した
趣のある記事を目指しますので
また当ブログに立ち寄ってみてください。
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/74-cb6167b8