スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むしろ主役と言ってもいいくらい豪華だった?

Posted by モロズミ・ダン on 24.2013 未分類 0 comments 0 trackback
2週間のご無沙汰でした。

2013_1124_171833-DSC01930.jpg
ぴっきい 石田英助  

11月26日は「いい付録の日」
日本出版販売㈱が雑誌付録の魅力をアピールすることを
目的として制定しているとのことです。

今日の特集は雑誌の付録で決まり
と思って収納庫を見てみましたが

2013_1124_154725-DSC01899.jpg
漫画雑誌や学年誌の付録本いろいろ

2013_1124_154916-DSC01900.jpg
漫画雑誌や学年誌の組立付録いろいろ
(駄玩具以外にも付録関連も結構探究してます)

ほんとは
何点か抜粋して集積写真で紹介しようと
考えていたのですが
面倒くさくなってしまって
収納庫の一部分をそのまま撮影。

あまりに範囲が広すぎて
何かキーワードで絞り込みをしなきゃだめだな
と思って調べていたら
少し過ぎてしまいましたが

11月16日が「幼稚園記念日」
明治9年、東京女子師範学校の構内に
日本初の幼稚園となる附属幼稚園が開園
というのがあったのです。

ですので
幼稚園系学習雑誌限定で
その付録を特集することに。

まずは主役である
本誌の方から

2013_1124_155225-DSC01901.jpg
「幼稚園」1月号と2月号の表紙    小学館  昭和38年1月・2月発行  

昭和38年は
当時私も幼稚園児だったので
この本リアルタイムで見てました。

今日は幼稚園特集かぁ~
面白くないかな
と思って別ページへジャンプしようとしている方
ちょっと待って下さい。
中身をみてみて。

2013_1124_155453-DSC01902.jpg
「幼稚園」2月号 より    小学館  昭和38年2月発行
Shigeru Komatsuzaki/Keisuke Nemoto

この迫力ある画風は
以前にも特集しました巨匠
小松崎茂先生の作品です。

巻頭のピンナップからしてなんて贅沢な。
 
さらに連載漫画では

       2013_1124_155928-DSC01903.jpg
       「幼稚園」1月号 より    小学館  昭和38年1月発行

「とびだせミクロ」藤子不二雄(藤子・F・不二雄)先生の作品
「ドラえもん」連載開始の6年前の作品です。

どーですか
幼児向けにはもったいないくらい豪華執筆陣。
今、復刻で発行しても50代中心にバカ売れ
間違いなしでしょう。


       2013_1124_160224-DSC01904.jpg
       「幼稚園」1月号 より    小学館  昭和38年1月発行
ぴっきい 石田英助 
 
冒頭の画像や「幼稚園」の表紙にも登場していたのが
ぴっきいちゃん。
小学館の「幼稚園」や小学校低学年用の学年誌の
マスコットキャラでした。

このページではぴっきいのエプロンやお財布が応募できる
との告知があり
キャラクターグッズも多数企画されていたようです。

ぴっきいはこの連載に先立ち
昭和34年TBS連続テレビ人形劇「ピッキーちゃん」(美術川崎プッペ)
に登場していて
元々どなたの創作かは調べましたがでした。
漫画についても石田英助氏以外にも執筆者が複数いた
記録があります。

人形劇の放送はまったく記憶がなく
今でもフィルムが残っているのなら
是非みてみたいものです。

もしかしてYouTubeにアップされているか
とささやかな期待をしましたがやはり
個人のペットなどしか見当たらずでした。

そのほかにも


2013_1124_160658-DSC01906.jpg
「幼稚園」2月号 より    小学館  昭和38年2月発行

幼稚園や生活でのルールを指導しているページ。
ゴミの捨て方や水の飲み方
上履きの履き替え方など
50代には懐かしい風景があったので
ついでアップ。

2013_1124_160615-DSC01905.jpg
「幼稚園」2月号 より    小学館  昭和38年2月発行

おやつのページでは
一見、洋風で洒落た感じですが
すべておもちで作ったもの。
・おもちのオーブンサンド
・揚げもちの三色あられ
・しるもち(甘い餅入り雑煮)
など
お正月に余ったおもちを有効活用したレシピですが
確かに子供の頃
2月頃は余りおもちの料理が多かったのを思いだしました。
形は変わっても
おもちはもういいよと食傷気味

そして
こっちが食べたいなと見入ったのがこれ

2013_1124_161025-DSC01909.jpg

同じ号に掲載されていた
明治チョコレートの広告。

右上のJPア・ラ・モード
憶えてますよー。
パイン、イチゴ、バナナ、オレンジのフルーツクリームが
粒別に入っていて
1パックで4種の味比べができたんです。

そして
そろそろ本題に

2013_1124_161129-DSC01910.jpg
「幼稚園」1月号と2月号の付録予告    小学館  昭和38年1月・2月発行

この頃の雑誌は
付録の豪華さが売り上げに大きく影響していたため
各社競って質量ともに充実度を追求していました。

2013_1124_161244-DSC01911.jpg
「幼稚園」6月号付録   小学館  昭和37年6月発行
 
付録の6段重ねで紙紐で十字に結ばれてます。
文字通り紐といてみました。

2013_1124_161650-DSC01912.jpg
「幼稚園」6月号付録   小学館  昭和37年6月発行

・中国人形ぽくちゃん、ぴんちゃん
・ぴりぴりおまわりさん
・とりさんかずあそび
・なかよし軍配
・ようちえんてれび ぴっきいちゃん
・標準テスト集

盛りだくさんで
重ねるともちろん本誌より倍以上の厚さに。
こちらが主役と言ってもいいのでは
と思わせる充実ぶり。

続いては

       2013_1124_162026-DSC01915.jpg
       2013_1124_162103-DSC01916.jpg
       「幼稚園」4月号付録   小学館  昭和39年4月発行

プラットホーム、電車、自動車、バス、幼稚園、信号機などの
組立キットで学び遊べる付録。

大人になってもジオラマ魂が衰えないのは
幼少の時期にこういったキットに親しんでいて
体の芯に染み付いているからでしょうか。


次回もこのテーマで続きをアップしますが
実際に付録を組み立ててみます。
スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/75-ae8df584
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。