スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの雄叫びが密林にこだました

Posted by モロズミ・ダン on 26.2014 ヒーロー・キャラクター 0 comments 0 trackback
特に記念日とか
ではないのですが
これまで1回も取り上げておらず
いつかやらねば
と思っていたこれを
今日やらせていただきます
一緒に密林の中へ足を踏み入れてみましょう。

2014_0126_154337-DSC02114.jpg
ターザン 蛮族の逆襲   ポスター

昭和の子供たちのごっこ遊びでも
外せないひとつとしてターザンごっこ
があったんですが
映画などは年代的に観たことはなかったけど
ヒーローとしての認知度はかなり高かったと思います。

このポスター
「蛮族の逆襲」となってますが
タイトル一覧を調べてみても見当たらず
あれ~おかしいなと思いきや
主演のエドガァーライスと記されていて
この人が主演のターザン映画は1本しかないようで
1933年「蛮勇ターザン/Tarzan the Fearless」
ではないかと。
80年以上前の映画だったんですね。

地方の公民館などで上映されるときのポスターで
「新しい映画ですよ」
と言わんばかりにタイトルをいじっていた?
可能性があります。
タイトルを微妙に変えつつ長年使いまわしていたんでしょうね。
このポスターはタイトル替えしているので
公開から20~30年経ってから作られたのかもしれません。

ポスターはたぶん50年ぐらい経っていて
周囲が経年劣化でボロボロ
画像上カットしてしまいました。

もちろん昭和30年代生まれの私なんぞは
この映画を観た記憶はないけど
何故ターザンに馴染みがあったかと言うと
TVドラマが1966年~1969年で
ちょうど小学校低学年。
あの裏声混じりの雄叫び
真似したくなる年頃でした。


駄菓子屋物でも結構見かけましたよ。

2014_0126_144908-DSC02084.jpg
ターザン メンコ  (メーカー不明)

ターザン以外にも
ジャングルブックなど密林系物語が
ごちゃまぜになってますが
拡大してみましょう。

2014_0126_144951-DSC02085.jpg

2014_0126_145057-DSC02087.jpg

ゴリラ、黒豹、ワニ、象など
お決まりの猛獣たちがいます。


続いては

       2014_0126_145424-DSC02091.jpg
       ターザンなどのメンコ  (メーカー不明)

ターザン以外にも
ミッキーのようなネズミとお化けの組み合わせなど
よくわかりません。

タッチがすごいことになってまして
拡大してみます。

2014_0126_145448-DSC02092.jpg

ターザンの凱歌は
実際に存在した映画のタイトルですが
ターザンが錯乱状態になった場面は
あったのでしょうか。

ボーイターザンはターザンの息子?
半笑いのライオンは不気味ですね。

2014_0126_145522-DSC02093.jpg

猛獣とターザンの組み合わせ
この単純さが駄玩具のいいところです。


どんどんいきましょう。

2014_0126_144137-DSC02075.jpg
ターザンゲーム   (メーカー不明)

今日の駄玩具は
いつものものより古めで
メーカーがまったくわかりません。
戦後の昭和20年代のものだと思います。
豹(ヒョウ)がヘウと記されてますから。

拡大してみましょう。

2014_0126_144321-DSC02077.jpg

2014_0126_144649-DSC02082.jpg

2014_0126_144523-DSC02081.jpg

この前のメンコは激しい劇画調でしたが
こちらは漫画調でなごやかに。
カバや象などおだやかな動物も多めの登場。
ドジン(土人)は今では放送禁止用語
原住民としなければならないのですが
まだ普通に使われていた時代です。


続いては

2014_0126_145150-DSC02088.jpg
ターザン、キングコング メンコ   (メーカー不明)

上半分がターザン。
比較的新しく昭和40年代でしょうか。
これも拡大しましょう。

2014_0126_145330-DSC02090.jpg

アーアァ~ アァアァ
との雄叫びが聞こえてきそうです。

2014_0126_145252-DSC02089.jpg

ワニを仕留めたターザン
右肩が逆関節になっているようですが
悠然とした余裕の表情
逆関節にダメージがないとすれば
グレイシー一族でも敵わないでしょう。


ターザンと猛獣ばかりが続いたので
お次はこちら

2014_0126_145832-DSC02094.jpg
映画スタア絵あわせ   フジ玩具

昭和20年代の絵合わせで
みそらひばり、えのけん、はせがわかずお、やなぎやきんごろう
など錚々たる顔ぶれですが

2014_0126_145901-DSC02095.jpg

いました
この人も
野性味に欠ける顔つきですが
ターザンと書かれてます。

これでターザンが
一流スターの一人であったことが分かりますね。


紙ものが続いたので
次はこれを

2014_0126_154226-DSC02113.jpg
ターザンナイフ  マルゼン

ブリキでできた小型ナイフです。

       2014_0126_154132-DSC02112.jpg

ターザンが豹を仕留めている図柄。

このナイフはギミックがあって
柄の中にバネが入っていて
突き刺すと刃が引っ込むように
なっています。

2014_0126_152416-DSC02108.jpg
2014_0126_152424-DSC02109.jpg

ですので
刺してみても

2014_0126_152129-DSC02105.jpg

怪我をしない
安全ナイフでした。

思いっきりリアルなターザンごっこができたんです。
(ただしブリキの継ぎ目やツバの回りなど
切りっぱなしになっているので取り扱い注意要


本日最後は
あの巨匠もこれを題材に・・・

2014_0126_154032-DSC02111.jpg
ターザンの秘密基地 手塚治虫 東光堂 昭和23年発行 箱絵より
手塚治虫/手塚プロダクション

2014_0126_150620-DSC02097.jpg
ターザンの秘密基地手塚治虫/手塚プロダクション

左側の外箱と本の表紙イラストが異なってます。
実はこれ復刻本(虫の標本箱Ⅳ)なんですが
復刻と言っても昭和55年発行で
もう35年使く前のものです。

2014_0126_151111-DSC02099.jpg
ターザンの秘密基地手塚治虫/手塚プロダクション

手塚作品は昔から絶大な人気があったんですね。
昭和の時代にすでに多くの復刻本がありました。

お話の後半は
宇宙ロケットや月世界人なども登場してSF要素も盛り込まれ
手塚ワールド全開の作品に仕上がっています。


スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/80-eb8f567a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。