スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥の細道を忍び足で移動した?

Posted by モロズミ・ダン on 11.2014 時代劇・忍者 2 comments 0 trackback
唐突ですが
今日のテーマは「忍者」にしました。

2014_0511_153015-DSC02296.jpg
「秘伝 忍術の本」 ぼくら3月号付録 表紙より 講談社  昭和38年3月発行
画:湯川久雄 石井勝利

今週末5月16日は「旅の日」だそうで
まぁ旅に関する駄玩具はあまりないなと思いながら
その内容をチェックしてみると
松尾芭蕉が「奥の細道」への一歩を踏み出した日で
日本旅のペンクラブが昭和63年に制定したとあります。

でもなぜ忍者?と思われるでしょうが
たしか
その異様な日程、訪問先、行程移動の速さから
「松尾芭蕉は忍者だった」
とか言った都市伝説的な記事が
まことしやかに述べられていることを思い出したものですから。

2014_0511_153455-DSC02297.jpg
「秘伝 忍術の本」 ぼくら3月号付録 より 

月刊漫画誌の付録ですが
専門的な構成でもわかりやすく情報満載
付録にはもったいない内容です。

忍者の道具と使い方の解説から
呪文、おきて、虎の巻などなど
監修は甲賀流十四世 藤田西湖氏

しっかりとした構成だなぁと思ってたら
どうりで
最後の現役忍者と言われた大先生でした。

2014_0511_153608-DSC02299.jpg
「秘伝 忍術の本」 ぼくら3月号付録 より 

連想ゲームだったら
第一ヒントになるぐらい切り離せないのが
手裏剣。

駄菓子屋でもよく見かけました。

2014_0511_155451-DSC02306.jpg
「手裏剣」    (メーカー、価格不明)

プラ製の小さめな手裏剣が3種入で
台紙に12袋付いてました。

昭和40年ぐらのものでしょうか。

2014_0511_155530-DSC02307.jpg

なぜなら
東京オリンピック用の玩具の台紙を流用してました。
昭和39年の開催で駄玩具も飛ぶように売れたんでしょう
台紙を作り過ぎて残っちゃったみたいです。

ふたたび付録本に

2014_0511_154015-DSC02300.jpg
「秘伝 忍術の本」 ぼくら3月号付録 より 

簡易はしごの図解があって
この玩具のイメージに結びついたんで
引っ張り出してみました。

2014_0511_155845-DSC02308.jpg
「忍法 飛燕十二段返し」   ジュニア

縦42cmの長い玩具です。

2014_0511_160007-DSC02309.jpg

天地に切欠けのある長方形のブロックを
木の頂上の枝に引っ掛けて落とすと
回転しながら下まで落ちる仕組み。

       2014_0511_172823-DSC02322.jpg

このタイプの玩具は
アトムやオバQなど人気アニメキャラクターのものも
当時多数企画されました。


続いては駄玩具定番の双六を

2014_0511_161608-DSC02316.jpg
「高級 双六ゲーム」   (メーカー、価格不明)

駄玩具は
よくタイトルの頭に「高級」と
入っていたような気がします。

広げてみました。

2014_0511_160510-DSC02311.jpg
「忍者ゲーム」

本体のタイトルは
「忍者ゲーム」

何コマか
ピックアップしてみましょう。

       2014_0511_161341-DSC02315.jpg
       「忍者ゲーム」忍法木の葉たつまき  

ありがちな忍術です。
風のフジ丸や伊賀の影丸だと
「木の葉が隠れ」に相当するのでしょうが
先程引用した忍術の本にはこのタイプの術は載ってません。

2014_0511_160756-DSC02312.jpg
「忍者ゲーム」地雷戦法  

凄い爆発力ですが
すでに次の導火線にも火がっ
地雷と言うよりダイナマイト

2014_0511_161119-DSC02313.jpg
「忍者ゲーム」飛び切りの術、かがみがくれの術   

忍者は空も飛べるようです。

かがみがくれといっても隠れるんではなく
しっかり攻撃してますが。

2014_0511_161217-DSC02314.jpg
「忍者ゲーム」火とんの術、水とんの術   

火遁の術はものすごい威力のようで
お城が大炎上に。

それに比べ水遁の術といったら
単なる竹製の水鉄砲な感じですか?
私も子供の頃、竹製の水鉄砲でよく遊びました。


さっ
ちょっと横道にソレ気味になっているので
本格派な忍者ものを

2014_0511_162242-DSC02318.jpg
「忍びの者」  写真版メンコシート   (メーカー、価格不明)


市川雷蔵主演の忍者映画(大映-昭和37年)が大ヒットし
商品化されたもの。
その後の忍者ブームの火付け役となった作品と言われてます。

メンコはその映画場面の白黒の写真を人工着色したもの。
写真版のメンコは駄菓子屋玩具の中でも
大人気のアイテムでした。

一部拡大してみましょう。

2014_0511_162624-DSC02321.jpg
2014_0511_162427-DSC02319.jpg
2014_0511_162508-DSC02320.jpg

映画がヒットした後に
テレビドラマも制作(昭和39年)されました。

うれしいことに最近になってCS放送でデジタルリマスター版が
放送されたのを観ましたよ。

放送当時私は5歳ぐらいでしたが
数年後の再放送を
内容もあまりわからず
たちまわりの面白さのみで観てた記憶が
蘇ってきました。


最後に忍術の本の裏表紙を

2014_0511_154212-DSC02301.jpg
「秘伝 忍術の本」 ぼくら3月号付録 裏表紙より 

厳しい掟と役割で過酷な行動を余儀なくされていた忍者ですが
子供にはそんなことは関係なく
こんな凛々しい姿にあこがれ
ごっこ遊びに興じていたんですね。









スポンサーサイト

○ Comment

モロズミ ダン様こんにちは、

地雷戦法にやられたはずの馬に乗ったお侍さん、なんだか嬉しそうな表情をしてますね。

飛燕十二段返しの駄玩具、当方も幼い頃同じ仕掛けのものを見た記憶があります、回転しながらおちていくんですよね、

市川雷蔵さんの「忍びの者」、TVシリーズがあったとは知りませんでした!いつかdvdになったら観てみたいものです、

当方は以前お伝えした「事姫七変化」のDVDを無事購入、予想以上の面白さと出来の良さに感嘆することしきり、「矢車剣之助」を演じた手塚しげお氏がゲスト出演していてその存在感にシビレたりしています、

そして「忍者」といえば6月末に「伊賀の影丸」の人形劇テレビ映画がDVD発売されるそうです、モロズミ様も幼い頃にご覧になりましたか?当時を知る方の評価は分かれているようですがモロズミ様はどのような感想をおもちでしょうか?

当方は昔から存在だけは知っていていつか見たいと思っていたので今回のDVD化を非常に喜んでいる次第です(但し現存する第二シリーズの10話のみの商品化だそうです)

それでは次回更新楽しみにしております!
2014.05.21 13:28 | URL | ストラダ5 #JyN/eAqk [edit]
ストラダ5様いつも貴重な情報ありがとうございます。

「伊賀の影丸」の人形劇はまったく観た記憶が・・・
当時放送していたのも再放送も含めて存在自体知りませんでした。
影丸のソノシート(朝日ソノラマ)があって(今は所有してませんが)
主題歌があるのでラジオ番組かなにかはあったんだなぁとは思っておりましたが。
どんな表現になっているのか是非みてみたいですね。

影丸は大好きな漫画のひとつで
子供の頃、絶妙な駆け引きで死闘を繰り広げる忍者団体戦の展開に
ワクワクしながら読んでました。
最初は昭文社の箱入りのハードカバーの単行本でしたか。この本に一番愛着があります。
少年サンデーに連載されいていた影丸は当時でもたくさん単行本化されていて
昭文社意外にもサンデーコミックスをはじめとし東邦ホームランブックス
小学館ゴールデンコミックスなどなど。
装丁やサイズが変わるたびに表紙に魅せられどれもつい買ってしまいました
内容はどれもまったく同じなんですけど。愚か者ですねぇ。

話変わりますが
2週間ぐらい前に「まぼろし探偵」DVDの廉価版(1巻¥476)12巻を入手しました。
最近忙しくてまだ1巻の途中までしか見れてないんですけど
以前ストラダ5さんからお聞きした
主人公が怪しい奴呼ばわりされた場面にたどり着くのを楽しみにしております。
ではまた。


2014.05.24 14:03 | URL | モロズミ・ダン #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/89-a87474ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。