スポンサーサイト

Posted by モロズミ・ダン on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄菓子屋でも躍動していた光の国のヒーロー

Posted by モロズミ・ダン on 22.2014 ヒーロー・キャラクター 0 comments 0 trackback
2014_0622_144539-DSC02393.jpg
「ウルトラマン」円谷プロ

このヒーローが誕生した時は
小学二年の私にはまさに衝撃的でした

お菓子屋さんのガラス戸に貼られた
ウルトラマンTV放映告知のポスターを見た日から
もう~いくつ寝ると、ウルトラマ~ン」
と言った感じで
お正月以上に待ち望んでいたのです。

ポスターには
昆虫のような顔で大きなはさみの手の怪物(バルタン星人)
巨大で迫力ある顔つきの怪獣(ネロンガ)
そしてシルバーに鮮やかな赤のラインの入った宇宙人(ウルトラマン)
まだウルトラマンがヒーローかどうかも分からずでしたが
そんな謎を含んでいることも期待をさらに高めたのでしょう。
見たこともない怪獣たちが臨戦態勢で
どんなストーリーになるのだろうとワクワク感も頂点。

でも私だけではなかったんですねこの気持ちの高ぶりは。
昭和41年7月17日の放送開始からすぐに
空前の大人気番組になりました。
視聴率は常に30%~40%を超える人気ぶりで
ウルトラマンを観てないと
翌日の月曜日はクラスでの会話にまったく入れない感じでしたね。もう完全に仲間外れです。
日曜日、どうしても親戚の家に行かなければならなかった日があったりして
帰りが夜の放送時間に間に合わなかった時などは
まだビデオ録画のない時代でしたから。

その第1回放送の1週間前に「ウルトラマン前夜祭」
が放送されたのが7月10日で
この日が「ウルトラマンの日」に制定されているとのことです。

もちろん人気ヒーローですから
駄菓子屋さんにもその関連商品
数多く登場してました。

2014_0622_150355-DSC02404.jpg
ウルトラマン メンコシート    (メーカー不明)
「ウルトラマン」円谷プロ

これはタッチからして無版権のものでしょう。
冒頭の画像はこのメンコシートの1コマを拡大したもの。

この時代は正規の許諾を受けたものと
そうでないもの玉石混合の時代
今となっては無版権ものも貴重な文化として捉えていいのでは
とも思います、私見ですが。


さらに面子を

2014_0622_231652-DSC02445.jpg
ウルトラマン メンコシート    (メーカー不明)
「ウルトラマン」円谷プロ

2014_0622_150812-DSC02408.jpg
「ウルトラマン」円谷プロ

やや実写に近いタッチになってますが
無版権だと思います。


駄菓子屋メンコも
しっかり正規品もあったようです。

2014_0622_150110-DSC02403.jpg
ウルトラマン メンコシート    (丸昌)
「ウルトラマン」円谷プロ

こちらは実際のフィルムから
転用しているメンコシート。

       2014_0622_180009-DSC02443.jpg

最終回
ウルトラマンを倒したゼットンもいます。
だけどゼットンは宇宙恐竜だったはずで
大怪獣と銘打っているのは間違いなのではしかもセットンだし。

本当にちゃんと円谷プロの監修を受けたものなのでしょうか
疑問が残ります。

続いてはコレクションカード系を

2014_0622_145247-DSC02398.jpg
ウルトラマン ミニ怪獣  (メーカー不明)
「ウルトラマン」円谷プロ

これはちゃんと円谷プロの証紙シールが貼られ
表示もされています。

一袋開けてみました。

2014_0622_153600-DSC02428.jpg
「ウルトラマン」円谷プロ

名刺半分ぐらいのサイズのミニカード4枚と
型抜きしたカードホルダーがセットになってます。

ミニ怪獣と言っても怪獣が小さいのではなく
カードのことでした。

開封済でバラになっていたミニカードも
出てきたのでついでに。

2014_0622_145519-DSC02400.jpg

番組の名場面がラインナップされています。

台紙についている個袋を全部めくると

2014_0622_174829-DSC02440.jpg

台紙には
ウルトラマンや怪獣イラストが印刷されていました。
素敵です!

さらに台紙物を

2014_0622_151641-DSC02417.jpg
ウルトラカメラ     (メーカー不明)

無版権だと思いますが
これも商品をめくると台紙には

2014_0622_151711-DSC02418.jpg

原作に忠実な
割としっかりとしたタッチの怪獣イラストが印刷されてました。
キュンときます!

2014_0622_151838-DSC02419.jpg

よく見るとレンズ中央にウルトラマンが。
左横の黄色い部分のシャッターを押すと
カチカチと中央のイラストが動くしくみに。


さらにさらに台紙もの(無版権)を

2014_0622_174231-DSC02434.jpg
ニュートイズ    マルエイ

戦車や飛行機、車など
プラ製ミニ玩具の取り合せですが
上部の方にウルトラ怪獣などもいます。

       2014_0622_174627-DSC02438.jpg

ゴルドン、ゴモラ、テレスドンらしき
ウルトラマンの登場した怪獣たちが描かれてます。
んっ!でもウルトラマンの柄に縁取り線が入っている
てことは「帰ってきたウルトラマン」
ですと昭和46年以降のものでしょうか?

袋から出してみました。

2014_0622_152944-DSC02426.jpg

バリだらけで
チープな成形ですがいい味出してます。
左からザラブ星人、ウルトラマン、バルタン星人調
しておきましょう。


続いては双六を

2014_0622_151004-DSC02409.jpg
双六ゲーム   (メーカー不明)

2014_0622_151459-DSC02416.jpg

ヘッダーにも
本体のどこにもウルトラマンの文字はありませんが
明らかにこれはそのものですね。

ピックアップしてみましょう。

2014_0622_151159-DSC02411.jpg

ふりだしで勢いよくポーズをとるウルトラマン(?)
上空にはジェットビートルが飛んでいます。

2014_0622_151246-DSC02412.jpg

バルタン星人(?)がホシノ君を挟み込んでの図。
やけに妖怪っぽい雰囲気が漂ってますが
これにはわからなくもない理由がありま~す。

       マガジン楳図バルタン
       ウルトラマン 週刊少年マガジン 講談社 昭和41年9月発行より
       「ウルトラマン」楳図かずお/円谷プロ    

知る人ぞ知る
当時漫画誌(マガジン)の連載は
あの楳図先生が担当されていたんですね。

双六はここからインスパイアしたのでしょう。

ついでに楳図作品を紹介すると

       2014_0622_163531-DSC02432.jpg
       「ウルトラマン」楳図かずお/円谷プロ 

砲丸投げをしたり

2014_0622_163611-DSC02433.jpg
 「ウルトラマン」楳図かずお/円谷プロ 

冷や汗をかいたりとか
原作にはなかったシーンも盛りだくさん。

これはこれで楳図ワールドが炸裂してて
とても楽しめる作品となってます。


双六に戻りましょう。

2014_0622_151324-DSC02413.jpg

ウルトラマン(?)の予想外の方向への
勢いのないジャンプについて
科学特捜隊の隊員たちも
あきれているのか
苦笑いか。

2014_0622_151354-DSC02414.jpg

ジェットビートルが破壊され
ウルトラマン(?)もあんぐり口を開けてビックリ
見てる方もビックリです。
しかも二重アゴだし。

2014_0622_151426-DSC02415.jpg
 
あのっ
ヒョロ~と飛んできたウルトラマン(?)
半マスクです!

でもこれもわからんでもないのです。
再び少年マガジンの楳図版から

2014_0622_163057-DSC02431.jpg
 「ウルトラマン」楳図かずお/円谷プロ

正規の連載漫画の方も
当初
半マスクのような表現になっていたんです。

これは連載に先立ち
楳図先生に提供された資料が完全ではなく
部分的に想像で描いていたと述べられていた
そんな記事があったのを憶えています。


双六には科学特捜隊も出てきましたが
胸につけていた「流星バッジ」
あれを付けてカッコよく科特隊ごっこがしたくて
当時、駄菓子屋系玩具のものを買って
遊んだ記憶があります。

残念ながら
今は持っていないのですが
ならば作ってしまおうということで

2014_0622_162633-DSC02429.jpg

こちらも無版権です。
(個人で楽しんでおります)

流星バッジの背景色は
やはりオレンジが似合います。

どうやって作ったかと言うと
今流行の「プラ版工作」なのです。
プラ版にイラストなどを書いて
オーブントースターで加熱すると収縮し硬化するというもの。
アクセサリー作りとして女性にも人気の工作のようです。

流星の図柄は会社同僚の元プロアニメーターに依頼
正確に描かれてます。
裏側は見えませんが
安全ピンとアンテナ付けは自分で加工しました。
(アンテナはDIY用アンカーボルトの一部を流用)
エ~っコホン!アンテナはちゃんと引き出せるようになっております。
これにスマホ機能を付ければもう完璧なんですが。


今日はここまでで
次回もウルトラマンをやらせていただこうかなと。
小松崎茂先生作の紙芝居などを中心にアップ予定です。




スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/92-b8b7a8b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。