夏の終わりのドタバタ劇

Posted by モロズミ・ダン on 24.2014 工作 0 comments 0 trackback
小学生だった毎年この時期
とても憂鬱でした。

夏休みもあと数日の状況にもかかわらず
まだほとんど宿題終わってないじゃないですか。

親からは
「隣のケイスケ君なんかちゃんと7月中に終わらしてるよ」
とか
「ギリギリまでできない子は将来ろくな大人になれないよ」
なんて言われてましたが
残念ながらその通りに。

大人になった今でもその傾向は直ってないけど
いつもなんとかつじつま合わせもできるので
「ギリギリマスター」とでも名乗れば
かっこつくかなと思っております。

当時
宿題としては
工作、自由研究(観察)、作文(読書感想文)、絵日記
などがあったんですが
今日はその中から「工作」をテーマにしてみたいと思います。

昨年、船や車など乗り物系木工作を特集した「プラモデルの原点といえる存在」
をやりましたが
今回は工作の中でもド定番の貯金箱系を集めてみました。
昭和30~40年代のものです。

2014_0824_165357-DSC02575.jpg
貯金箱木工作各種

パッケージの側面ひとまとめの画像です。
ひとつずつみてみましょう。


       2014_0824_164039-DSC02567.jpg
       「かぎのついてる金庫の貯金箱」  イマイ科学

学校工作教材となってます。
パッケージの側面には「作り易い」と書かれてますが
同封されてた説明書を見る限り・・・

img026.jpg
「かぎのついてる金庫の貯金箱」  組立説明図  イマイ科学

結構難しいですよこれ。
大人でも勘合にテクニックが必要でしょう。

続いては

       2014_0824_162846-DSC02555.jpg
       「動く風車模型」  イマイ科学

別売りのモーターを用意して作るキット。
滑車の原理を学ぶことから理科工作教材となってます。

中身を見ておきましょう。

2014_0824_163638-DSC02563.jpg

パーツの識別力がないと
まったくやる気が起きないですよね。

すみません
これは貯金箱ではありませんでした。


では風車系貯金箱を

       2014_0824_163956-DSC02566.jpg
       「風車の貯金箱」  イマイ科学

この頃は
風車系は人気があったようで
学習雑誌なんかにもよく取り上げられてました。

2014_0824_160851-DSC02540.jpg
「子供の科学」   誠文堂新光社  昭和36年発行より

2014_0824_170128-DSC02578.jpg
「子供の科学」   誠文堂新光社  昭和36年12月号より

毎号工作用の大判図面が綴じ込み附録になっていて

       2014_0824_170034-DSC02576.jpg
       「子供の科学」   誠文堂新光社  昭和36年12月号より

この号はオルゴール付の風車模型工作の特集。
読んでみるとこれも結構難易度が高く驚きが。

ふたたび貯金箱に戻ります。

2014_0824_163900-DSC02565.jpg
「私達の貯金箱」    ABK

おうち型の貯金箱です。
側面のキャッチコピーで「良い子の友達」とありますが
このおうちがでしょうか?
それとも
おうちの前にいる牛がっ?

現在でも芯材と紙粘土で作るハウス貯金箱は
定番なのでしょう量販店などでよく見かけます。
昔から今に至るまで根強い人気があるんですね。

おうち型をもう一つ

       2014_0824_163836-DSC02564.jpg
        「かぎのついてるモデルハウス貯金箱」  イマイ科学

モデルハウスと題したところがポイントでしょうか。
もしかしたらモデルハウスが登場し始めた時代で
最新のデザインの象徴としてわかりやすいタイトルだったのでしょう。
平屋ですけど。

どんどんいきましょ。

       2014_0824_162529-DSC02553.jpg
       「かぎのついてるトランジスターラジオ貯金箱」  イマイ科学

一瞬
本物のラジオを製作するキットと勘違いしそうですが
外観だけ。
これも木製の貯金箱工作です。
ならばトランジスターなんてまどろっこしく書かないでと
早とちり気味の人は思ってしまいますね。
    

最後はこちら

       2014_0824_162627-DSC02554.jpg
       「かぎのついてるポストの貯金箱」  イマイ科学

かぎのついてるシリーズ
なかなかいいところ押さえてます。
貯金箱としてはこれも定番。

でもこの箱型ポストの形
昭和40年前後の昔にあったかな
この時代は円柱形のものだったのでは
と思ってたところ
先程まで参照していた「子供の科学」に
たまたま載ってました。

2014_0824_173542-DSC02586.jpg
「子供の科学」   誠文堂新光社  昭和36年12月号より

昭和36年の時点では
箱型がすでに登場していて
円柱型と混在していたようです。


ここまで紹介した木工作ですが
価格表示が付いてなくて
実際の売価がわからなかったのですが
「子供の科学」の巻末に木工作キットの広告があったので
参考までに。

img028.jpg
㈱科学教材社 広告

本物のラジオを作るキットが
その掲載スペースの大きさと位置から
流行していたことが分かります。

木工作の部分がわかりにくかったので
拡大します。

       2014_0824_180717-DSC02587.jpg
㈱科学教材社 広告

おおむね50円~100円ぐらいが相場だったようです。

このような木工作キットは
学習要素も含まれていたので
駄菓子屋ではなく
小学校前にあった文具店に
豊富に揃えられていました。

木工作もいいんだけど
当時
大流行で広がりを見せていたプラモデルも目が離せなくて
夏休みの全校登校日に
先生におもいきって聞いてみたんです。
「あのっ夏休みの工作の宿題はプラモデルでもいいですか」

子供心にも愚問であることはうすうすわかってましたが
「駄目ですっ」
怒られたかのように恐い目で言われ
首をすくめたことを憶えてます。

2014_0824_194041-DSC02588.jpg
昭和40年前後のプラモデルいろいろ


この時期
「さあプラモデルは一時棚上げし
木工作の宿題片づけなきゃ」
とつぶやいていたかもしれません。



スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://morozumid.blog.fc2.com/tb.php/98-139532b8